お金借りる場所版

スマホ1台!ネットやアプリだけでお金を借りる流れを紹介

ネットやアプリでお金を借りる方法と具体的な借入方法

急な出費ができたなどの理由で、すぐにお金を用意しなければならないときに利用したいのがインターネットでお金を借りる方法です。

中には来店不要・すべてインターネット上で手続きが完了する「Web完結」を取り扱うカードローン会社もあります。

スマートフォンやパソコンがあれば手続き可能で、申し込みから融資開始までの流れもスピーディー。

当記事では、インターネット上でお金を借りる方法をはじめ、実際にWeb完結でお金を借りる流れ、アプリを使ってお金を借りる具体的な方法も紹介します。

すぐにお金を借りたい方はぜひ参考にしてください。

ネットやアプリだけでお金を借りる方法とは?

一部のカードローン会社では、申し込み・審査・契約・借入れ・返済などの手続きのすべてをインターネット上で完了するWeb完結を提供しています。

店舗窓口や無人契約機などに来店したり、電話をかけて手続きしたりする方法と異なり、スマートフォンやパソコンからいつでも申し込みや契約が可能。

即日お金借りるなら必ず利用したい方法でもあります。

また、本人確認書類などの必要書類もWeb上でアップロードできるほか、融資も指定の銀行口座に振込むカードレス形式を選べます。

WEB完結では、インターネット環境とパソコンもしくはスマートフォンがあれば手続きできます。自宅に外出先をはじめ、場所を問わず24時間365日、申し込みや契約ができるので、カードローンをより便利に活用できる方法として、ぜひチェックしておくといいでしょう。

なお、大手消費者金融会社のアコムやプロミスでは、以下のようにWeb完結を利用するメリットや特徴について紹介しています。

WEB完結サービスのメリット
1. ・郵送物が発生しない
2. ・来店不要で借入れできる
3. ・カードレスなのでプライバシーにも考慮できる

引用元:カードローンのWEB完結とは?3つのメリットと申込みから借入れまでの流れを解説|アイフル公式

カードのいらないカードローン!
お申込み・お借入れ・ご返済まで
Webで完結!郵送物もなし!!

引用元:Web完結のご紹介|はじめてのご利用|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト

実際に利用するカードローン会社によって特徴は異なるものの、郵送物の送付が基本的にない、来店不要で借入れができる、カードレス形式である点は比較的共通しています。

店舗や無人契約機の営業時間を気にして来店する必要もなく、スマホアプリを使って借入れをしたり返済ができたりしますし、ローンカードや契約書類などが郵送されないため、家族などに気付かれる可能性も低いです。

「内緒でお金を借りたい」と考える方にもWeb完結は最適な方法ですが、返済が遅れれば確認や督促の郵送物が送付されるため、その点にだけ注意してください。

ここからは具体的にネットやアプリでお金を借りる方法を紹介します。

ネットやアプリだけでお金を借りる具体的な方法を紹介

カードローンはさまざまな会社で取り扱っていますが、以下の会社でお金を借りるときの具体的な方法を紹介します。

  • アイフル キャッシングローン
  • レイクALSA
  • SMBCモビット モビットカードローン
  • プロミス アプリローン
  • ジャパンネット銀行カードローン

アイフル キャッシングローン

アイフル無人契約店舗

「アイフル キャッシングローン」の申し込みはパソコンやスマートフォンから、24時間365日受付しています。

Webから申し込み手続き

審査にあたり本人確認書類(場合によって収入証明書)の提出が必要で、提出方法はお申し込み完了後のメールで確認できます。

審査は最短30分で完了

電話またはメールで審査結果の連絡が入ります。

契約手続き

パソコンやスマートフォンから契約手続きをおこないます。カードの受け取り方法は「カードレス」を選び、口座振替の登録も済ませましょう。

借入れ

インターネット、もしくは電話にて、利用者の登録口座へ振り込みとなります。

参考:キャッシングの申込から契約までWEB完結!

レイクALSA

レイクALSA無人契約機

「レイクALSA」のWeb完結は「申し込みから借入れまで最短60分融資」が可能です。

申し込みと審査

申し込み手続きで名前や住所などの必要事項を入力が済んだら、最短15秒で審査結果が表示されます。

ただし、審査結果を確認できる時間が決まっていて、8:10~21:50まで(毎月第3日曜日は8:10~19:00)です。そのほかの時間帯は、メールなどで審査結果の連絡が入ります。

契約手続き

契約手続きはスマートフォンから完了します。

提出する本人確認書類が運転免許証であれば、スマートフォンでスピーディーに本人確認書類のアップロードが可能ですし、契約時に郵送物が自宅に送られることもありません。

ただし、運転免許証を持っていない方は、「口座登録で本人確認」を選んでください。

借入れ

契約完了後、登録した金融機関口座に振り込みとなります。契約書類は郵送されませんが、代わりに会員ページから確認できます。

参考:レイクALSAのWeb完結 | お借入れならカードローン・キャッシングのレイクALSA

SMBCモビット モビットカードローン

SMBCモビット無人店舗
「SMBCモビット モビットカードローン」は、スマートフォンからであれば必要書類の提出もスムーズにおこなえます。スマートフォンですべての手続きをする、もしくはパソコンで申し込みをした後に必要書類の提出だけスマートフォンを使うのも良いでしょう。

公式サイトの「WEB完結申込」ボタンを選択して申し込み

SMBCモビットの公式サイトにアクセスして、「WEB完結申込」を選択しましょう。

申し込みフォームが開くので、名前や住所、勤務先に関する情報などの必要事項を入力していきましょう。

必要書類をネット経由で提出する

申し込み手続きが済んだら、本人確認書類や収入証明書、勤務先の確認ができる書類提出をします。

書類提出はインターネット経由でできるため、スマートフォンを持っている方はカメラ機能を使って書類撮影をするのが簡単でしょう。

また、インターネット経由の書類提出は、会員専用サービス「Myモビ」、または公式スマホアプリ内にある「必要書類送付機能」を利用しましょう。

本審査の結果を確認する(メール)

SMBCモビットに必要書類を提出した後に、正式な審査結果が申し込み時に登録したメールアドレスに届きます。

メール内に審査結果照会ページのURL記載があるので、そこにアクセスして審査結果を確認しましょう。

審査結果メールから契約手続きを行う

審査結果のメールから、そのまま契約手続きを進めていきましょう。

入会手続きが済み、SMBCモビット側での確認が完了した後に入会完了メールが届きます。このメールが届くことで契約完了となり、お金が借りられる状態になります。

振込融資・スマホATM取引で借入れ

ローンカードは発行されないWeb完結では、振り込みもしくはスマホATM取引でお金を借ります。

パソコンやスマートフォンから振込キャッシングの手続きをすれば、最短3分で指定した金融機関の口座にお金が振り込まれます。

そのほかにセブン銀行ATMでのスマートフォンによるカードレス取引「スマホATM取引」も利用できます。

参考:キャッシング、カードローンはSMBCモビット公式サイト

プロミス アプリローン

PROMISE(プロミス)無人店舗
「プロミス アプリローン」では、スマートフォンで申し込みから借入れまでの手続きが完結します。まずは、専用アプリをダウンロードして申し込み手続きを進めましょう。

新規申し込み~契約

申し込みフォームは自動入力機能が使えて、本人確認書類もスマートフォンで撮影してアップロードできます。

その後、最短1時間で審査、契約が完了します。

カードレスで借入れ

セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMから、即日借入れが可能です。

参考:アプリローン|プロミス公式サイト

ジャパンネット銀行カードローン(PayPayアプリ経由)

キャッシュレス決済サービスPayPayアプリの「お金を借りる」アイコンから、ジャパンネット銀行の提供するカードローンのページに遷移して、申し込み手続きがおこなえます。

ジャパンネット銀行の口座を持っている方は店番号、口座番号、ログインパスワードを入力して申込者自身に関する必要情報を入力していきましょう。

審査結果は登録したメールアドレスに届き、仮審査結果は最短60分で連絡となっています。その後の本審査に通過して手続き完了となれば、お金を借りられます。

また、初回自動借入を希望すると手続き完了と同時に、指定金額が普通預金口座に入金されます。

参考:契約の流れ(口座がある方)|カードローン|ジャパンネット銀行

ネット(Web)完結でお金を借りる流れ

Web完結は、名前のとおりインターネット上からの申し込みが条件なので、電話や自動契約機からの申し込みは対象外です。

カードレス形式の取引となり、店舗窓口や自動契約機などでローンカードの受け取りも必要ないですし、契約書などの書類が自宅に郵送されることもありません。郵送物の送付を避けたい方にもおすすめの借入れ方法です。

Web完結はすべての手続きをWebでおこなえる以外に最短即日融資も可能なカードローンですが、主に大手消費者金融会社で取り扱っています

中には無利息期間サービスを提供している会社もあるので、短期間で完済できる見込みがあれば、ぜひ利用してみてください。契約後30日間、初回借入れから30日間のように、カードローンによって条件は異なりますが、元金のみの返済で済むのでお得です。

そのほかに、家族や勤務先など周囲にカードローン契約を知られたくない方は、電話による在籍確認について相談を受け付けてくれる会社でWeb完結を利用するのが最適です。

各カードローンの公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。そして、利用するカードローン会社が決まったら、公式サイトやスマホアプリから申し込み手続きを進めます。

①インターネットまたはアプリで申し込み

Web完結を利用する場合、インターネットまたはスマホアプリから申し込み手続きをおこないます。

申し込みをするカードローンの公式サイトにアクセス、あるいはスマートフォンであれば専用アプリをダウンロードして手続きができる状況を整えましょう。

公式サイトや専用アプリで申し込み手続きを開始すると、申込者自身の情報を申し込みフォーマットに入力します。

主に以下のような情報を入力しますが、不明点があって困らないために事前チェックしておくとスムーズです。

お客様情報

・氏名
・生年月日
・家族構成
・性別/結婚有無
・扶養家族
・運転免許証交付の有無(交付の有の場合は免許証番号)
・住所
・自宅電話番号
・携帯電話番号
・メールアドレス

自宅情報

・住所
・お住まいの種類
・住居(家賃)負担額
・入居年月

勤務先情報

・勤務先名
・雇用形態
・所属部署
・勤務先電話番号
・会社規模
・従業員数
・入社年月
・税込年収
・健康保険証の種類

そのほかに、他社からの借入れ金額や今回の融資までの流れや希望について入力します。

入力情報の中には必須項目と任意項目がありますが、できるだけすべての情報を入力しましょう。

注意点として、審査通過の可能性を上げるために虚偽の情報を申請はしないでください。カードローン会社に入力情報が事実と異なると判断されれば、審査が不利となる可能性があるからです。

参考:信用申込 (全項目入力) | アイフル公式サイト 消費者金融・キャッシング・カードローン
参考:お客さま情報入力|新規お申込み|プロミス公式サイト

必要情報の入力が済んだら、インターネットまたはアプリからカードローン会社で定められた必要書類を提出しましょう。

カードローン会社によって必要書類は異なりますが、以下の書類提出が一般的です。

本人確認書類

・運転免許証
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・パスポートなど

基本的に運転免許証などの「顔写真つき本人確認書類」の提出が必要です。

しかし、顔写真つき本人確認書類を持っていない場合は、各種健康保険証に加えて「国税または地方税の領収書」「納税証明書」「社会保険料の領収書」のいずれか1点の提出で対応可能な場合もあります。

提出書類に記載された住所と現住所が異なる場合も、現住所が記載された公共料金の領収書などの提出が必要なので注意しましょう。

本人確認書類のほかに、以下の条件に該当する方は収入証明書の提出をしてください。

収入証明書が必要な場合

・希望利用限度額が50万円を超える場合
・希望利用限度額とほかの貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
・就業状況の確認をはじめ、審査過程で提出を求められた場合

収入証明書類として認められる主な書類は以下を参考にしてください。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(直近2ヶ月分)
・賞与明細書(直近1年分)
・確定申告書
・所得証明書

必要書類が手元にない場合、事前に用意してから申し込みをするのが時間もかからなくてスムーズです。

申し込みをするカードローン会社で具体的にどんな書類が必要なのかは、公式サイトや専用アプリからも確認できるので、前もって調べておきましょう。

参考:お申し込みに必要な書類|カードローン・キャッシングならアコム

③審査結果連絡・契約完了

必要書類の提出が完了したら、審査結果の連絡がメールもしくは電話でおこなわれます。

審査結果が届くのは、申し込み手続きの際に申請した電話番号やメールアドレスです。審査結果を見逃さないように、日常的に利用する電話番号やメールアドレスを申請するようにしましょう。

すでにお伝えしたようにカードレス形式を選択することで、自宅にローンカードは郵送されません。しかし、最初にカードレス形式で契約しても、後に任意でカード発行も可能です。

そのほかに口座振替の登録が必要な場合は、申請する金融機関の情報を間違えないように注意してください。

④銀行振り込みまたはATMでお金を借りる

Web完結で借入れする場合、銀行振り込み、ATMから手続きできます。

それぞれの方法について、詳しい内容をチェックしておきましょう。

振り込み融資での借入れ

振り込み融資は、指定口座にお金を振り込んでもらう方法です。基本的な申請方法は電話とインターネットの2種類で、決められた対応時間におこないましょう。

なお、振り込み申請の対応時間はアイフルの場合、以下のようになっています。

  • 電話:平日9:00〜18:00
  • インターネット:24時間対応

電話の場合、時間帯や曜日が制限されるため、急ぎの場合はインターネット申請がスムーズでしょう。融資までにかかる時間も短縮できるので、すぐにお金を借りられます。

参考:振込でのお借入方法

ATMからの借入れ

手持ちのスマートフォンにアプリをインストールして、セブン銀行・ローソン銀行ATMなどからの借入れも可能です。

利用までの流れは、アプリに表示されたQRコードを読み取って、表示された企業番号をATM画面に入力するだけです。その後は、ATMに暗証番号と必要金額を入力すればお金を借りられます。

特に24時間営業のコンビニATMは原則、曜日や時間帯を気にすることなく利用できるメリットがあります。

参考:スマホアプリでのお借入方法

いつでも利用できて便利なネット・アプリを使った借入ですが、気になるのは在籍確認があるのかどうか。

ネットで手続きは完結するものの、在籍確認が行われるので注意が必要です。

ネットで手続きは完結するけど在籍確認はある

インターネット上で申し込みから融資までの手続きは完了しても、審査をおこなう途中段階で在籍確認がおこなわれます。

カードローンの申し込み手続きをおこなう際に、勤務先や住所、電話番号を申請しますが、これらの情報が事実かどうかを確認するのが在籍確認の目的です。

もし在籍確認が完了しなければ、審査に通過する可能性は低くなるため、必ず対応するようにしましょう。

電話での在籍確認がされる場合

申込者の申請した勤務先にカードローン会社の審査担当者が電話をかけて、在籍確認をおこないます。

勤務先に電話が繋がらない場合、審査結果が不利に作用する可能性があるので、代表電話などの確実な番号を正しく記入しましょう。

また、在籍確認は申込者本人が電話に出なくても完了します。

「勤務先が実在するのか」「申込者の勤務実態はあるのか」を確認するので、電話に出た方が「不在にしております」「ご用件があればお伝えします」などの言葉があれば在籍確認は完了です。

しかし、カードローンを利用したことが勤務先に知られるのは避けたいと考える方もいるかと思います。

基本的に在籍確認は審査担当者の個人名を名乗るのが一般的ですが、どうしても在籍確認の電話が気になる方は、この後に紹介する書類提出で在籍確認を済ませるカードローンも選択肢に加えてみてください。

書類提出によって電話での在籍確認がない場合

勤務先への電話連絡は絶対に避けたい場合、書類提出をすれば対応可能なカードローンもあります。

その中でも、SMBCモビットのWeb完結では、「勤務先確認などの電話は一切しない」と公式サイトに記載されています。

ただし、SMBCモビットWeb完結を利用するために、以下の条件のクリアと必要書類の提出をしないとなりません。

Web完結の申し込み条件

① 下記いずれかの銀行口座を持っている方
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行

② 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、組合保険証を持っている方

国民健康保険証は不可となるため注意してください。

また、以下の書類提出も必要です。

① 本人確認書類として下記のいずれかから1点
・運転免許証
・パスポート

② 現在の収入を証明する書類として下記のいずれかから1点
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月分、用意できる方はあわせて直近1年分の賞与明細書)

③ 勤務先を確認できる書類として以下のいずれかから2点
・健康保険証(社会保険証・組合保険証)
・給与明細書直近1ヶ月分(現在の収入を証明する書類で給与明細書を提出する場合は不要)

また、SMBCモビットのWeb完結では、在籍確認の電話だけでなく、申し込み確認の電話連絡もありません。

自宅の固定電話しか連絡先がない方でも、SMBCモビットのWeb完結であれば「電話がかかってくる不安」を避けて申し込みができます。

参考:キャッシング、カードローンはSMBCモビット公式サイト

インターネット掲示板やSNSによる融資は危険

インターネット上からお金を借りる際に注意したいのが、掲示板やSNSを通して融資を受ける「個人間融資」と呼ばれる方法です。

SNSで「#即日融資」「#個人間融資」「#個人融資」などのハッシュタグで検索すると、すぐにお金が必要な個人に向けて融資をおこなうアカウントが見つかります。

貸金業者との取引ではなく、その名のとおり個人と個人との間でお金の貸し借りをする方法で、面識のない相手とやり取りをします。

「SNSを使って手軽に借りられるから良い」「即日融資してくれて便利」と考える方もいるかもしれません。「年収が高くないからカードローンやクレジットカードの審査通過が不安」な方がお金を借りる方法として利用したくなるケースもあるでしょう。

しかし、個人間融資はとても危険な方法なので、どんなにお金に困っても利用しないでください。

実際に金融庁でも以下のように注意喚起をしています。

不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法で規制されている「貸金業を営む目的をもって、貸付けの契約の締結について勧誘をすること」に該当するおそれがあります。
これらの貸金業の無登録営業及び無登録業者による勧誘は、いずれも罰則の対象となります。

引用元:SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!:金融庁

気付かずに利用することで、最悪の場合トラブルに巻き込まれる可能性があります。法外な金利を設定されたり、返済が遅れれば個人情報の漏洩や厳しい取り立てを受けたりするリスクも高いです。

後でどうにもならない状況になったら、弁護士などの専門家に依頼しないとスムーズな解決は難しくなる場合もあります。どんなにSNS上で借入れに魅力を感じたとしても、正規の方法でお金を借りるようにしましょう。