カードローン

即日借り入れできるおすすめのカードローンと今借りるためのポイント

「急な出費で生活費が足りない」「今すぐお金が必要になってしまった」など、急にお金が必要になる可能性は誰でもあります。

カードローンは任意のタイミングでお金を借りられるので非常に便利な融資システムです。

即日融資を受けたい方にもおすすめなカードローン。

  • 審査なしや審査が甘いカードローンはあるのか?
  • おすすめのカードローンは?
  • カードローンで即日融資を受けるためのポイントは?

など、カードローンで即日融資を受けたい方のための情報をまとめました。

今すぐお金が必要な方はぜひ参考にしてください。

カードローンの詳細と種類

まずは、カードローンがどんな融資スタイルなのか確認していきましょう。

カードローンとは、金融機関やクレジットカード会社が提供している個人向けの融資サービスです。

申し込み時に決められた限度額の範囲内ならば、何度でも自分の好きなタイミングでお金を引き出せるシステムになっています。

お金はATMから引き出したり、ネットから口座に振り込んだりと自分が必要な方法で融資できます。

カードローンには3種類あり、それぞれに特徴があります。

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン
  • 信販系カードローン

カードローンの種類と特徴をチェックしていきましょう。

即日融資したいなら消費者金融カードローンがおすすめ

まず1つ目は消費者金融系カードローンです。

消費者金融系カードローンのメリット

  • 即日融資ができる
  • 口座開設が必要ない

消費者金融カードローンのデメリット

  • 金利が高い

即日融資を希望する方は、消費者金融がおすすめです。

カードローンの中で即日融資ができるのは消費者金融のみ。

審査が早く、最短30分程度で完了するのが特徴です。

申し込みから借り入れまでの手続きがすべてWeb上で完結するので、店頭に行く時間も短縮できます。

借り入れは銀行やコンビニのATMから行えて、口座開設も不要です。

融資する際に面倒な手続きなどを全て短縮したシステムなので、とにかく急いでいる方に向いています。

返済方法が多いことも消費者金融カードローンの特徴。

無理のない金額に調整しながら返済していけるため、計画的な返済ができるのも嬉しいポイントです。

最近は貸金業法によって違法な取り立てや利息の支払いが法律で禁止されているので、昔よりも安全に利用できます。

信頼できるところで借りたいなら信販系カードローン

2つ目のカードローンは信販系カードローンです。

信販系カードローンのメリット

  • 信頼できる会社から借りられる
  • 金利が低い

信販系カードローンのデメリット

  • 審査に時間がかかる

信販会社とは、販売信用取引を行う会社で、クレジットカードを発行している会社などが含まれます。

信販系カードローンと言えば、クレジットカードに付帯しているカードローンを指すことが多いです。

三菱UFJニコスのローンカード、JCBのファーストローンなどが信販系に該当します。

信販系カードローンは利用者の信用を元に融資してくれるので、基本的に審査が厳しくなっています。

銀行系カードローンと同じくらい審査が厳しく、時間がかかります。

そのため、消費者金融カードローンのように即日融資ができません。

審査が長い代わりに低金利で利用できるのが信販系カードローンのメリット。

審査に数日~1週間程度かかるので、低金利とは言え即日融資を希望する方には向いていません。

低金利で借りられるのは銀行カードローン

3つ目は銀行系カードローンです。

銀行系カードローンのメリット

  • 信頼できる銀行から借りられる
  • 金利が低い
  • 総量規制対象外

銀行系カードローンのデメリット

  • 審査に時間がかかる
  • 少額融資が難しい

銀行口座を持っていれば利用できるカードローンで、信販系と同じく低金利で利用できるのがメリットです。

審査の時間は長く、最短でも翌日以降の融資になります。

銀行系カードローンは総量規制対象外で、希望すれば多額のお金を借りられます。

総量規制とは

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会

しかし以前「貸しすぎ」が問題になり、結果として返しきれない金額を借りる債務者が増加し、調査が入りました。

現在銀行では「借り入れする人が本当に返済できる人物かどうか」をより詳しく調べなければならなくなっています。

審査段階で警視庁のデータベースにアクセスすることが義務付けられており、このデータベースの照会に1日以上時間がかかる場合があるのです。

低金利で消費者金融以上に借りられることがメリットですが、即日融資は難しくなっています。

審査なしや審査が甘いカードローンはあるのか?

カードローンの種類や違いが分かったところで、次は審査について見ていきましょう。

カードローンでお金を借りるには基本審査があります。

落ちるかもしれない不安や時間がかかることから、審査自体を煩わしく思う方も多いでしょう。

審査がない、または審査が甘いカードローンはあるのでしょうか?

結論から述べると、消費者金融・信販系・銀行どこのカードローンを利用しても必ず審査があります。

なぜなら、法律で借り入れ前の審査が義務付けられているからです。

カードローンの審査についての画像

以前から過剰な借り入れや多重債務が問題視されており、貸し付ける側が個人の返済能力の把握を十分に行えていなかったと言われていました。

平成22年に施行された貸金業法では、総量規制などと一緒に借り入れ前の返済能力調査が義務付けられています。

(参考:貸金業法等の改正について|金融庁

この関係で、審査なしでお金を借りられることはまずありません。

審査が甘い金融機関があるかですが、どの会社も必ずしっかり審査を行います。

消費者金融は審査が早いですが、それでも適当に審査をしているわけではありません。

口コミなどを見ていると「審査が甘く感じた」という内容をいくつか見かけますが、それらは借り入れする本人の状況により変化します。

一概に「この金融機関は審査が甘い」とは言い切れないことを覚えておくといいでしょう。

審査なしで借りられるのは闇金なので注意!

ここまでの情報をまとめると、審査なしでお金を借りられる業者は法律違反であると分かります。

「審査なしでお金を借りられる!」と掲げている貸金業者はいわゆる闇金である可能性が高いです。

法外な金利で利息をつけたり、激しい取り立てに遭う恐れもあります。

審査なしでお金を借りられるのは魅力的ではありますが、先のことを考えると絶対におすすめできません。

目先の魅力にとらわれず、こういった法外な闇金業者を利用するのは絶対にやめましょう。

急いでいるからとすぐに貸してくれる闇金を利用するのもNG。

審査はありますが即日で対応してくれる消費者金融がほとんどです。

急いでいる方でもむやみに闇金を使わず、即日対応している消費者金融を利用しましょう。

即日融資におすすめのカードローン5選

今すぐお金を借りたい方のために、おすすめの消費者金融カードローンをご紹介します。

それぞれの消費者金融によって特徴や魅力が違うので、自分が希望するシステムや条件の消費者金融を選びましょう。

アイフル
アイフル無人契約店舗

実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
無利息期間 申し込みから30日
最大借入可能額 ~800万円

アイフルはTVコマーシャルなどでも見かける機会が多く、知っている方も多い消費者金融です。

最大貸付金額が800万円と高く、より多くのニーズに応えてくれます。

アイフルには30日間の無利息期間があり、申し込みから1ヶ月以内に返済した場合利息がかかりません。

1万円~5万円程度の少額融資であれば、利息なしで借りられる可能性も高いです。

アイフルの場合、Webで申し込み後に電話をすると早めに審査をしてもらえます。

アイフルのフリーダイヤル
0120-337-137

フリーダイヤルの受付時間は9時から21時まで。

時間外に電話をしても即日融資には対応してもらえないので気をつけましょう。

ギリギリに連絡をすると翌日に回されてしまうかもしれないので、19時頃までに申し込みができるといいですね。

プロミス
PROMISE(プロミス)無人店舗

実質年率 4.5~17.8%
審査時間 最短30分
無利息期間 借入日から30日
最大借入可能額 ~500万円

プロミスもよく見かける方が多い消費者金融ではないでしょうか?

プロミスの特徴は他の消費者金融よりも最大金利が低いことと、無利息期間の設定です。

他の消費者金融が最大金利を18.0%に設定しているところ、プロミスは17.8%になっています。

0.2%の違いですが、多額のお金を借りることになった場合は少しずつ差が出ます。

また、プロミスの無利息期間は「借りた翌日から」30日間。

他の消費者金融は申し込みから30日なので、申し込んだ5日後に借り入れをしたら実質無利息期間が25日になってしまいます。

プロミスの場合申し込んだ日は関係なく、借り入れから30日になるのでよりお得に無利息期間を利用できるのです。

土日も対応しているので、とにかく急いで「今」借りたい方におすすめです。

アコム
アコム無人店舗

実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
無利息期間 申し込みから30日
最大借入可能額 ~800万円

「初めてのアコム」というキャッチフレーズが有名なアコム。

TVコマーシャルの通り、初めて消費者金融を利用する方に人気が高く、審査通過率も40%以上を誇ります。

申し込みから借り入れまでがとてもスムーズで、借り入れしやすいのがメリットです。

借り入れに必要なカードは全国に900箇所以上ある自動契約機(むじんくん)で受け取れます。

自宅に郵送物などが届かないので、家族にバレることなく借り入れできるのもありがたいポイントです。

Webで年齢・年収・現在の借入状況を入力すれば、現状で借り入れができるか診断してくれます。

レイクALSA
レイクALSA無人契約機

実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
無利息期間 申し込みから30日
最大借入可能額 ~800万円

レイクALSAのメリットは審査が早いこと。

最短15秒審査を謳っており、融資まで最短60分というスピード感が魅力です。

それだけでなく、無利息期間が長いこともレイクALSAの特徴の1つ。

Webから申し込むと、無利息期間が60日になります。

他の消費者金融は30日しか無利息期間がないので、その倍無利息で借りられるレイクALSAはとても魅力的です。

1万円~10万円程度であれば無利息期間で返済しきれる可能性が高いです。

短期間で返済できる見込みがある方や、少しでも利息を支払いたくない方はレイクALSAがおすすめです。

※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ
※60日間無利息はWebで申し込みし、ご契約学が1~200万円の方
※Web以外で申し込みされた方は60日間無利息を利用できません

<レイクALSAの貸付条件>

融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング
ご返済期間/回数 最長8年/最大96回
必要書類 運転免許証、収入証明(契約額に応じて新生銀行ファイナンシャルが必要とする場合)
担保/保証人 不要

※商号:新生ファイナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9)第01024号

SMBCモビット

実質年率 3.0~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
無利息期間 なし
最大借入可能額 ~800万円

SMBCモビットはサービスが充実していることが魅力です。

来店不要で即日融資できるカードローンで、Web上ですべての手続を完了できます。

Web完結する申込方法を選ぶと、電話での在籍確認がないこともSMBCモビットのメリット。

在籍確認をしてほしくない方におすすめの消費者金融です。

Webで申し込み後に電話を掛けると優先して審査をしてくれるサービスも行っているので、即日融資を希望の方はこのサービスを利用しましょう。

SMBCモビットのフリーダイヤル
0120-03-5000

電話の受付時間は9時~21時です。
この時間を過ぎると即日融資できない可能性があるので、なるべく早く申し込めるといいですね。

また、SMBCモビットは返済時にTポイントを貯められるのも特徴の1つです。

返済しながらポイントが貯められるのはかなりお得ですよね。

こうしたサービスが充実している代わりに、無利息期間がないので注意しましょう。

カードローンで即日融資するためのポイント

消費者金融は即日融資可能ですが、「いつ、どのようなタイミングで申し込んでも必ず即日融資してくれる」わけではありません。

即日融資してもらうために気をつけておきたいポイントをまとめました。

WEBで申し込みを完結させる

即日融資を希望する場合、Webで申し込みを完結させましょう。

消費者金融の申し込みは、Webや電話、店頭への来店など方法がいくつかあります。

この中で店頭来店や無人契約機での契約を選んでしまうと、その場所に行くまでに時間がかかってしまいますよね。

その分時間のロスになり、融資まで時間がかかってしまうので、借りたい!と思ったらその場でWeb申し込みをするのがおすすめです。

アコムでも、即日融資を希望する場合はWebか電話で申し込み、来店のタイムロスを短縮することをおすすめしています。

申し込みの際は、入力ミスや虚偽の入力がないように気をつけましょう。

ミスや嘘があると、その分審査に時間がかかってしまいます。

急いでいてチェックせず申し込んでしまう方が多いですが、チェックする時間よりもミスがあった際の審査のほうが長くなってしまいます。

入力が完了したらミスがないか必ずチェックして、スムーズに審査されるよう心がけましょう。

借り入れの希望額は最低限に設定する

借り入れを申し込む際、借り入れの限度希望額を入力する箇所があります。

アコムの申込画面

この希望限度額は、必ず必要最低限の金額を記入しましょう。

この希望限度額が高ければ高いほど、審査に時間がかかってしまうからです。

多額の借り入れを希望する場合、貸し倒れのリスクがあるため、消費者金融側は本当に返済能力があるかより慎重に審査します。

審査に時間がかかってしまう原因となるので、「もしかしたら使うかもしれないから」と希望金額以上の金額を入力するのはおすすめできません。

申し込む日時に気をつける

いくら即日融資可能とはいえ、何時に申し込んでも即日融資してくれるわけではありません。

夜22時くらいに申し込むと、翌日の取り扱いになってしまう可能性もあります。

必ず即日融資してもらうために、なるべく早めに申し込みしましょう。

各消費者金融の即日融資締め切り時間は以下の通りです。

アイフル 9時~21時
プロミス 9時~21時
アコム ~21時
レイクALSA 21時
(日曜日は18時)
SMBCモビット 9時~21時
消費者金融の契約時間についての画像

この時間までに申し込みが終わっていればいいのではなく、審査も終えて「契約まで完了」している必要があります。

そのため、申し込み自体は遅くても締め切り時間の2時間前までには終えておくといいでしょう。

ギリギリの時間になりそうな場合は、電話で優先審査をしてもらえるアイフルやSMBCモビットを選ぶのがおすすめです。