お金借りる場所版

コンビニATMでお金を借りる方法は?24時間対応で急な出費に便利

「急にお金が必要になってしまった」「夜だけど今すぐお金が借りたい」

そんなときに便利なのが、ATMでお金を借りる方法です。

特にコンビニATMは夜遅くまで毎日稼働しており、急な借り入れにも対応しています。

この記事では、ATMでお金を借りる方法や、おすすめの金融機関をご紹介します。

この記事で分かること
  • コンビニで今すぐお金を借りるなら消費者金融カードローンに申し込もう
  • セブン銀行ATMが1番便利
  • コンビニでお金を借りる際は手数料やATMの操作可能時間に注意

コンビニのATMでお金を借りる方法は大きく分けて3つ

ATMでお金を借りるためには、事前に金融機関で融資の契約をする必要があります。

なんの準備もなく突然ATMから借り入れできるわけではないので気をつけましょう。

コンビニなどのATMでお金を借りる方法は大きく分けて3つです。

  • 消費者金融カードローンを利用する
  • 銀行カードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシングを利用する

それぞれのカードローンやキャッシングに申し込み、審査に通ればATMからの借り入れが可能です。

今から申し込む方向けに、どの方法がおすすめか特徴などを解説します。

ATMで今すぐお金を借りたい人向け!消費者金融カードローン

今すぐお金が借りたい、急いでいる方におすすめなのは消費者金融カードローンです。

消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、申し込みから融資まで最短60分で手続き可能。

安定した収入があり20歳以上であれば学生やアルバイト、パートでも借り入れができるので非常に便利です。

大手消費者金融は基本的にコンビニATMと提携しているので、契約後すぐに近くのコンビニATMで借り入れできます。

さらに、消費者金融カードローンには無利息期間が設けられていることも多いです。

無利息期間中に返済できれば、利息を払う必要がありません。

消費者金融を利用して、コンビニATMでお金を借りる方法は2つ。

  • アプリを利用してATMで借り入れする
  • ローンカードを挿入して借り入れする

即日利用する場合、コンビニATMで利用できるアプリをダウンロードして借り入れします。

後日でもいい場合は、ローンカードが発行されてから、ATMにカードを入れて借り入れする方法が一般的です。

即日融資の場合、Web完結型での申し込みが基本になるので、借り入れもアプリからになることが多いでしょう。

数ある消費者金融の中でも、特にコンビニでの借り入れにおすすめのカードローンをご紹介します。

コンビニで借りれるカードローン一覧

提携ATMが多いプロミスもコンビニでの借り入れにおすすめ

PROMISE(プロミス)無人店舗
金利 3.0〜18.0%
審査時間 最短30分
※曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合あり
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)
提携ATM セブン銀行、ローソン銀行、E-net、ゆうちょ銀行、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、東京スター銀行、横浜銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、十八親和銀行、熊本銀行、広島銀行、八十二銀行

プロミスは提携しているATMが多く、非常に使い勝手がいいカードローンです。

QRコードを表示して利用するスマホATMも、セブン銀行とローソン銀行の2社で取り扱っています。

コンビニだけでなく、ATMでの借り入れをメインに利用したい方はプロミスがおすすめです。

また、プロミスは無利息期間の開始日が契約日ではなく、借り入れ日になります。

契約してから借り入れまで日が空いても無利息期間をフルで利用できるのが嬉しいポイントです。

スマホ1つで借り入れできるアイフル

アイフル無人契約店舗
審査時間 最短25分
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)
提携ATM セブン銀行、ローソン銀行、E-net、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、十八親和銀行、熊本銀行

アイフルは、申し込みから借り入れまでのスピード感が魅力。

アイフルでは、契約後アプリをダウンロードし、表示されるQRコードをローソンATMにかざすと即時に借入可能です。

現時点で、ATMを使って最もスピーディに借り入れできるのがアイフル。

今すぐ借り入れしたい方や、借り入れの管理をスマホ1つで済ませたい方におすすめです。

コンビニのATMは銀行カードローンの借り入れも対応

ATMでお金を借りるなら、銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンは審査が慎重に行われるため、申し込みから契約まで2~3営業日ほどかかります。

さらにそこからローンカードが届くまで1~2週間かかるので、借り入れまで時間がかかってしまいます。

しかし、消費者金融カードローンよりも金利が低く、返済しやすいのがメリット。

今日中に借り入れしたいなど、急いでいるわけでなければ銀行カードローンからの借り入れも検討するといいでしょう。

銀行カードローンは、自社のATMであれば手数料無料で借り入れ・返済できます。

消費者金融カードローンの場合は手数料がかかってしまうので、こういった点で節約できるのも銀行カードローンならではです。

ATMからの借り入れにおすすめの銀行カードローンをご紹介します。

ATMの数が多くて借りやすいセブン銀行カードローン

金利 〜15.0%
審査時間 最短2営業日
融資 最短2営業日
提携ATM セブン銀行

ATMの数が多く、借り入れしやすいのがセブン銀行カードローンです。

街中どこにでもATMがあるので、「今すぐお金が必要!」という時にいつでも借り入れできます。

スマホATMに対応しているので、スマホアプリで表示したQRコードから即時借り入れできるのも嬉しいポイントです。

セブン銀行カードローンは、すぶん銀行の口座を持っていることが申し込みの条件。

現時点でセブン銀行口座を持っている方は申し込みが短縮できるのでおすすめです。

コンビニATMも手数料無料!三井住友銀行のカードローン

金利 1.5~14.5%
審査時間 最短翌日
融資 最短翌日
提携ATM 三井住友銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行

三井住友銀行のカードローンは、10万円~800万円まで必要に応じて借り入れできる銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの金利は最高14.5%で、返済しやすいのも魅力です。

審査の結果は最短翌日回答で、銀行カードローンの中でも審査が早く使いやすいです。

三井住友銀行のカードローンでは、提携ATMすべて手数料無料で利用できます。

手数料は110~220円程度ですが、積み重なるともったいなく感じる金額。

細かい部分で節約したい方にもおすすめの銀行カードローンです。

使用用途に合わせて使える三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 1.8~14.6%
審査時間 最短翌日
融資 約1週間
提携ATM 三菱UFJ銀行、E-net、ローソン銀行、セブン銀行

三菱UFJ銀行のカードローンは、使用用途に合わせて2種類用意されています。

バンクイックは、ATMなどから自由に借り入れできるカードローンです。

生活費や学費の補填などお金が必要になった時、自由借り入れできます。

利用限度額は10~500万円なので、幅広く対応できます。

マイカードプラスは、家賃や光熱費などの引き落とし時に口座からお金が不足していた場合、自動で融資してくれるシステムです。

マイカードプラスの限度額は30万円で、借りすぎないのがメリット。

ATMから借り入れしたい方は、バンクイックを選びましょう。

コンビニATMならクレジットカードのキャッシングも利用できる

クレジットカードのキャッシングも、コンビニなどのATMで利用できます。

キャッシング枠がすでに付帯しているカードであれば、今すぐお金を借りられます。

キャッシング枠を今から付帯する場合は審査などに1週間ほど時間がかかってしまうことも。

急いでいる方は消費者金融カードローンを利用するといいでしょう。

コンビニATMでクレジットカードのキャッシングを利用するときは、ATMにクレジットカードを挿入するだけでOKです。

ATMの画面が自動で借り入れ用に切り替わるので、指示に従って入力していきましょう。

セブン銀行ATMのクレジット取引画面

クレジットカードのキャッシングを利用する流れ

  1. クレジットカードをATMに挿入する
  2. 「借り入れ」を選択する
  3. クレジットカードの暗証番号を入力する
  4. 希望借入金額を入力する

試しにキャッシング機能がついている楽天カードを入れてみたところ、審査などもなしでスムーズに借り入れ画面まで行けました。

ATMからお金を引き出すのとほぼ変わらない方法で借り入れできます。

アプリで借り入れできるセブン銀行のATMが1番おすすめ!

コンビニATMを利用してお金を借りる際、便利なのがアプリからの借り入れです。

プロミスやアイフルなどの大手消費者金融は、それぞれ専用のアプリがあり、そのアプリから簡単に借り入れできます。

申し込んだその日のうちに即日借り入れしたい場合、アプリからの借り入れになります。

ローンカードは手元に届くまで少し時間がかかってしまうためです。

大手消費者金融のアプリ一覧

消費者金融 アプリ名 借り入れできるコンビニ
プロミス PROMISEのアプリ セブンイレブン、ローソン
アイフル AIアプリ セブンイレブン、ローソン
SMBCモビット SMBCモビット公式アプリ セブンイレブン
レイクALSA e-アルサ セブンイレブン
アコム my ac アプリ借り入れなし

こうして見てみると、アコム以外のカードローンアプリから借り入れできるセブンイレブンが1番便利でおすすめです。

プロミスとアイフルはローソン銀行ATMでも借り入れできるので、行きやすい場所にローソンがある方はプロミスかアイフルを選ぶといいでしょう。

逆にアコムは、アプリで返済しかできず、借り入れはできません。

スマホ1つで簡単にコンビニから借り入れしたい方は、アコム以外を選びましょう。

アプリを使ったコンビニATMでの借り方

実際にコンビニATMから借り入れする方法をご紹介します。

お金の借り方はアイフルやプロミスなどどこのカードローンでも共通です。

アプリを使った借り入れは非常に簡単。

セブン銀行ATMの画像

QRコードでの取引

  1. ATMのTOP画面で「スマートフォンでの取引」を選択
  2. アプリで「スマホATM取引」をタップ
  3. アプリで「出金」を選択
  4. ATM画面に表示されるQRコードをスマホで読み取る
  5. アプリに表示された企業番号とワンタイム暗証番号をATMに入力
  6. 借り入れ金額を入力し、引き出しする

操作方法はセブンイレブン・ローソンそれぞれ同じなので、利用しやすいコンビニを選んで借り入れしましょう。

コンビニのメディア端末は返済のみなので注意

コンビニに設置してあるメディア端末でも、カードローンの取引が可能です。

メディア端末とは、ATMなどの隣によく設置してある支払いやチケット発券などができる機械のこと。

しかし、取り扱っているのは返済のみで、メディア端末からの借り入れはできません。

借り入れを希望している方はメディア端末ではなく、ATMから行うようにしましょう。

ATMからも返済可能なので、返済時は操作のしやすい方、返済方法によって適した方法を選ぶのがおすすめです。

どこのコンビニATMで借り入れるのがお得?

コンビニATMは大きく分けて3種類あります。

セブン銀行ATM
設置場所:セブンイレブンなど

ローソン銀行ATM
設置場所:ローソンなど

E-net
設置場所:ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、ニューデイズなど

どのコンビニATMで借り入れするのが1番いいのでしょうか?

各金融機関で、ATMを使って借り入れする際の手数料を比較してみましょう。

セブン銀行 ローソン銀行 E-net
アイフル 110~220円 110~220円 110~220円
プロミス 110~220円 110~220円 110~220円
レイクALSA 110~220円 110~220円 110~220円
SMBCモビット 110~220円 110~220円 110~220円
アコム 110~220円 110~220円 110~220円
三井住友銀行 無料 無料 無料
三菱UFJ銀行 無料 無料 無料
セブン銀行 無料 × ×

こうして比べてみると、セブン銀行カードローン以外はどのコンビニATMを使っても変わらないと分かります。

消費者金融カードローンの場合、コンビニATMでの借り入れには手数料がかかります。

銀行カードローンの場合、どのATMで借り入れしても基本手数料がかかりません。

ATMの手数料の違いはないので、借り入れ先を選ぶ際は気にしなくて大丈夫です。

コンビニATMでお金を借りるときの注意

コンビニなどのATMでお金を借り入れる際、注意したいポイントがいくつかあります。

知っておくといざという時に困らないので、事前にチェックしておきましょう。

コンビニATMでの借り入れは手数料がかかる

この記事でも何度か触れていますが、消費者金融カードローンの場合、コンビニATMで借り入れする際に手数料がかかります。

消費者金融カードローンの手数料

1万円以下の借り入れ:110円
1万円以上の借り入れ:220円

借り入れ時の手数料はその場で引かれず、次回返済時に合わせて精算する形です。

少額ですが重なると大きな金額になってしまうので、借り入れはなるべくまとめて行うといいでしょう。

消費者金融カードローンでも、無人店舗などに設置されている金融機関ごとのATMを利用すると手数料がかかりません。

近くに消費者金融の店舗やATMがある方は、そちらを利用するといいですね。

コンビニでは土日でもお金が借りられるの?

土曜日、日曜日や祝日など、急にお金が必要になることもあるでしょう。

こうした休日でも、お金は借りられるのでしょうか?

すでにカードローンの契約が完了している場合や、クレジットカードのキャッシング枠がある場合はコンビニのATMを利用すれば土日でも借入可能です。

まだ契約していない場合は、土日祝でも申し込み・審査に対応している消費者金融カードローンに申し込みましょう。

土日祝でも即日融資に対応しているので、休日に急遽お金が必要になっても対応可能です。

コンビニATMでは1日の借り入れ上限が決まっている

あまり知られていないことですが、コンビニATMでは1日に借り入れできる金額が決まっています。

1日の限度額
セブン銀行 50万円
ローソン銀行 20万円
E-net 20万円

ローソンとE-netでは1日に20万円しか借りられないので注意しましょう。

これは各金融機関の上限ではなく、コンビニATMの上限。

セブン銀行で50万円借りたあと、ローソン銀行で20万円借りられます。

大きな金額を借りたいときは、日付を変えるか、借り入れするコンビニを変更しましょう。

24時間利用できるのはアイフルだけ!ATMが操作できない日時や時間帯がある

コンビニは24時間365日営業していますが、ATMで借り入れできる時間帯は決まっています。

借り入れ時間は各金融機関によって違うので、利用する金融機関の対応時間を調べておきましょう。

主な消費者金融の借り入れ可能時間をまとめました。

アイフルの借り入れ可能時間

月曜日:7:00~23:00
火~金曜日:0:00~24:00
土曜日:0:00~23:50
日曜日:7:00~23:50

プロミスの借り入れ可能時間

月曜日:7:00~23:50
火~金曜日:0:10~23:50
土曜日:0:10~23:50
日曜日:0:10~23:50

レイクALSAの借り入れ可能時間

月曜日:5:00~23:50
火~金曜日:0:10~23:50
土曜日:0:10~23:50
日曜日:0:10~23:50

アコムの借り入れ可能時間

月曜日:0:10~1:00、5:00~23:50
火~金曜日:0:10~23:50
土曜日:0:10~23:50
日曜日:0:10~23:50

SMBCモビットの借り入れ可能時間

月曜日:7:00~23:55
火~金曜日:0:05~23:55
土曜日:0:05~23:55
日曜日:0:05~23:55

これらの情報を見て分かるように、月曜日は借り入れできる時間が短くなっています。

火曜日~金曜日までに限られますが、24時間利用できるのはアイフルのみ。

週初めに借り入れする場合は、深夜や早朝に借り入れできないので注意しましょう。