お金借りる条件版

学生がお金を借りるには?即日で借りれる方法と注意点

学生がお金借りる方法6つ!即日・未成年に対応している方法

大学生はサークルの飲み会や遊びなど、色々と出費がかさむ頃です。

バイトしてお金を稼ごうと思っても、学業との両立が難しく断念する人も多いでしょう。

金欠状態から逃れるための手段として挙げられるのは、お金を借りることです。

しかしお金を借りたいと思っても、学生の身分では融資が可能なのか不安を抱く方も多いはず。

今回は学生がお金を借りる6つの方法について解説します。

即日融資に対応した方法や、未成年でも借りられるところも紹介するので、お金を借りる方法を探している学生の方はぜひチェックしてみてください。

目次

学生がお金を借りる6つの方法を徹底解説

融資対象が学生となっているお金を借りる方法は6つあります。

融資限度額 年利率 即日融資 未成年可
消費者金融 ~800万円 3.0~18.0% ×
学生ローン ~50万円 9.125~18.000%
銀行カードローン ~1,000万円 1.8〜14.6% × ×
クレジットカード ~100万円 7.8~18.0% × ×
奨学金 ~12万円(月額) 0.002~0.357% ×
ゆうちょ銀行の預金担保自動貸付 ~300万円 約定金利+0.25~0.50% × ×

表にある通り、それぞれの方法によって、融資限度額や金利が大きく異なります。

各方法の特徴をよく理解し、自分に合った方法を選択しましょう。

ここからはそれぞれの借入方法に焦点をあてて、より詳しい情報を深堀りしていきます。

学生向きの金融機関等も紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

消費者金融なら学生でも即日でお金を借りられる

消費者金融でお金を借りるメリット

  • 学生で、アルバイトでもお金が借りられる
  • 即日融資ができる
  • Webだけで借り入れを完結できる

消費者金融でお金を借りるデメリット

  • 金利が高い
  • 電話での在籍確認が必要な場合がある

学生でも20歳以上であれば、消費者金融でお金を借りられます。

消費者金融でお金を借りる大きなメリットは、即日で融資を受けられる点。

「審査から融資まで最短30分!」と宣伝する会社もあり、融資のスピード感では本記事で紹介する6つの方法の中で最速だと言えます。

消費者金融に対して、悪い印象や怖いイメージを持っている学生もいるかもしれませんが、大手消費者金融であれば法律に基づいて融資を行っているため、借りすぎないよう整備されているのです。

申し込み時の職業を「学生」にしておくと、審査時に社会人と同じような高収入を求められることもありません。

継続的にアルバイトをしていれば、消費者金融で学生でもお金を借りられます。

学生がお金借りる際の審査基準は年収・職業・勤続年数など様々

大手消費者金融のホームページに記載されている、融資条件は下記の通りです。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

引用:アコム

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

引用:プロミス

キャッシングローンの場合、満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

引用:アイフル

見れば分かる通り、どこにも「学生は不可」と記載されていません。

つまり、安定した収入があると証明でき年齢要件をクリアしていれば、学生でもお金を借りられます。

問題となるのは安定した収入があるとどのように証明するのかという点。

安定した収入に関する具体的な審査基準は公開されていませんが、一般的には年収や職業、勤続年数など様々な基準があると考えられています。

「年収が高い職業に就いている」「勤続年数が長く役職に就いている」などの状況であれば、審査に有利に働く可能性が高いです。

一方、年収が低かったり勤続年数が短かったりすると審査に落ちるリスクが高まるでしょう。

学生が収入を得る手段と言えば、基本的にはアルバイトとなるため、学生はアルバイトにより安定した収入が得られていると証明する必要があります。

「安定した収入」を考えるにあたっては、収入額だけでなく継続性も重視されます。

最低でも3ヵ月、できれば半年以上の期間、一定の年収があると証明できるといいでしょう。

提出書類は身分証明書と収入証明書の2種類

審査で必要となる提出書類は、身分証明書と収入証明書の2種類です。

消費者金融で身分証明書として扱われる書類の例としては、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証(表・裏)
  • 保険証(表・裏)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

運転免許証を持っている方は運転免許証を提出するのが最も確実。

持っていない方は保険証や写真付きのマイナンバーカード(通知カードは不可)等でもOKです。

収入証明書は以下のいずれかの条件に当てはまる場合に必要となります。

  • 1社からの借入が50万円を超える
  • 借入総額が100万円を超える

個人が借入れをしようとする場合において、①ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合、②他の貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合、のどちらかに当てはまると、「収入を証明する書類」の提出が必要です。
引用元:日本貸金業協会

収入証明書と認められる書類としては、以下のようなものが一般的です。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 支払調書

アルバイトをしている学生が最も用意しやすいのは給与明細書です。

直近2~3ヶ月分が必要となるので、もらった給与明細書はなくさないように取っておきましょう。

学生向けの消費者金融4選

ここからは学生に向いている消費者金融を4つ紹介します。

プロミスはWeb完結・カードレスで最短30分融資

PROMISE(プロミス)無人店舗
限度額 最大500万円
金利 4.5%~17.8%
貸付対象者 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
即日融資
Web完結

プロミスはカードレスのWeb完結に対応している消費者金融です。

プロミスのWeb申し込みでは、本人確認方法を以下のどちらかにすれば郵便物なしで手続きを完了させられます。

・金融機関口座でかんたん本人確認
・アプリでかんたん本人確認

審査に要する時間も最短30分と迅速で、即日融資にも対応しています。

※申し込みの時間帯によっては当日融資に対応できない場合もあります。

プロミスはインターネット返済に対応しているのも大きな強み。

インターネットを活用して、スマホやパソコンから24時間・365日いつでも返済可能です。

インターネット返済が利用可能な金融機関の数も約1,100個と多いので、ほとんどの方が利用できるでしょう。

学生生活が忙しくて返済を忘れてしまいそうな学生でも、利用しやすいメリットがあります。

アコムは初めてでも安心の消費者金融

アコム無人店舗
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
貸付対象者 20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
即日融資
Web完結

「はじめてのアコム」というキャッチフレーズでも有名なアコムは、消費者金融での借入がはじめての学生に向いています。

アコムをはじめて利用する方は、30日間無利息サービスを利用可能。

契約を結んだ日の翌日から30日間は金利が0円になるので、すぐに返済できれば利息の負担を抑えられます。

アコムは即日融資にも力を入れていて、審査の回答までが最短30分となっています。

「今日サークルの飲み会なのでお金を借りたい」というケースでも、申し込む時間帯によっては十分間に合うため、急ぎで借りたい学生もぜひ利用してみましょう。

SMBCモビットなら在籍確認の電話なしで借りられる

SMBCモビット無人店舗
限度額 最大800万円
金利 3.0%~18.0%
貸付対象者 満年齢20才~69才以下の安定した定期収入のある方
即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
Web完結

SMBCモビットのWeb完結なら、在籍確認を勤務先への電話ではなく書類提出にしてもらえます。

ただし、SMBCモビットにWeb完結で申し込むには下記2つの条件をどちらも満たす必要があります。

  1. 「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている
  2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っている

アルバイトが満たす条件として難しいのは、保険証の条件の方。

社会保険証や組合保険証は、勤務先の社会保険に加入していなければもらえません。

勤務先の社会保険に加入していないアルバイトの方はSMBCモビットのWeb完結を利用できないので、少し条件は厳しめです。

条件を満たせる方で在籍確認の電話を確実に避けたい場合は、検討してみてください。

あなたにぴったりのカードローンを診断!

あなたにぴったりの
カードローンを診断!

 

学生ローンなら未成年でもお金を借りることが可能

学生ローンカレッジの公式サイトキャプチャ

学生ローンでお金を借りるメリット

  • 学生でも審査が通る可能性が高い
  • 消費者金融より金利が低め

学生ローンでお金を借りるデメリット

  • 借り入れできる上限金額が低い
  • 大手消費者金融よりサービス面で劣る

学生ローンとは、いわゆる学生向けのカードローンです。

アコムやプロミスといった一般的なカードローンは広く様々な職種の方向けにサービスを展開しています。

それに対し学生ローンは、現在大学・専門・短大など学校に通っている方向けのサービスです。

申し込み条件に「学生である」「学生証が提示できる」などが明記されています。

学生ローンとはいえ、大手金融機関と同じ消費者金融です。

借りたお金に対して金利がかかり、利子と一緒にお金を返済していかなければなりません。

一般消費者金融との違いは、学生向けかそうでないかの1点だけです。

奨学金などと違い特別金利が低いわけでもありません。

一般の消費者金融と同じか、それに近い金利がかかります。

学生ローンを利用するときは、返済できる最低限の金額を借り入れましょう。

利用しやすいおすすめの学生ローン6選

現在、多くの学生ローンがサービスを展開しています。

各業者によって利用できる年齢やサービス内容が変わるので、自分が希望するサービスに合う業者を選びましょう。

セブンイレブンで借り入れできるカレッヂ

金利 15.0~17.0%
借入限度額 1,000円~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

カレッヂはセブンイレブンATMで借り入れと返済できる便利さが魅力。

店舗は全国で高田馬場1店舗のみですが、Webでも申し込みができるので全国どこからでも申し込み可能です。

カレッヂは18歳、19歳の未成年も借り入れできるので、一般の消費者金融が利用できない方にもおすすめ。

在籍確認がないため、家族やバイト先にバレるリスクもありません。

未成年でも即日融資可能なフレンド田(でん)

金利 12.0~17.0%
借入限度額 1~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

フレンド田は未成年でも申し込みできる学生向けカードローンです。

貸金業者登録票もしっかり開示してくれているので、認可された消費者金融であると分かります。

学生に対しても分かりやすいように借り入れについて解説してくれているので、学生ローンでの借り入れが初めての方はフレンド田がおすすめです。

友達を紹介すると最大で5,000円の紹介料がもらえるので、友達同士での借り入れにも向いています。

低金利で借り入れできるニチデン

金利 9.125%
借入限度額 ~30万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

14時までに申し込めば即日融資ができるニチデン。
時間に余裕がある学生におすすめです。

ニチデンは実質年率が9.125%と低く、低金利で利用できるのが最大のメリット。

中小消費者金融として社会人などにも融資している企業なので、システムもしっかりしています。

ニチデンでは「収入額に限らず、定期的に収入があれば問題ない」と明記しているので、毎月少しでも収入があれば借り入れしやすいでしょう。

海外留学用にも利用できるイー・キャンパス

金利 14.5~16.5%
借入限度額 ~30万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

イー・キャンパスは通常の学生ローンだけでなく、学費用・海外渡航目的用ローンも用意されています。

通常の借り入れでは金利が16.5%ですが、学費用と海外渡航用として借り入れする場合15.5%で利用可能です。

また、免許証と学生証が提示できる方は通常の借り入れでも金利16.0%で利用可能。

免許を持っている方は、低金利で利用できるイー・キャンパスがおすすめです。

契約後最短10分で融資!アミーゴ

金利 14.40~16.80%
借入限度額 3~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

アミーゴは基本Webからの申し込みがメインになります。

ネットで申し込むと、金利が14.45~16.8%になるのでお得に借り入れ可能。

アミーゴの魅力は24時間のWeb申し込み受け付けに加え、契約後最短10分で借り入れできるスピード感にあります。

特に融資を急いでいる方はアミーゴを利用するといいでしょう。

申し込み後最短20分で融資できるマルイ

金利 15.0~17.0%
借入限度額 1~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

マルイのおすすめポイントは、申し込みから最短20分で融資してもらえるスピードの速さ。

審査や契約も非常に早いので、どうしても今すぐお金が必要な方に特におすすめです。

金利も通常の消費者金融より低く、利用しやすいのが嬉しいですね。

マルイでは友達を紹介すると返済時の金利が下がるキャンペーンを行っています。

利用できる方は積極的に金利を下げていきましょう。

学生ローンの審査は甘いの?審査についてのポイントまとめ

学生ローンを利用するにあたり、気になるのは審査についてですよね。

学生向けの学生ローンは審査が甘いと思われがちですが、実は審査が甘いわけではありません。

学生ローンも貸金業法を順守する金融機関なので、信用機関を通してしっかりと審査が行われます。

過去の借り入れ状況や申し込み時の情報などによっては審査に落とされる可能性も十分考えられるのです。

ではなぜ学生ローンの審査が甘いと思われがちなのでしょうか?

一般のカードローンは収入が少なく、安定しないので学生の審査通過に消極的です。

しかし学生ローンは、一般のカードローンで審査に落とされがちな学生も採用してくれます。

「一般カードローンでは駄目でも、学生ローンでは審査に通った」といった口コミが多いことから、審査が甘いと感じられるのでしょう。

学生ローンの審査通過に必要な条件

では、学生ローンの審査に通過するために押さえておきたいポイントをチェックしていきます。

年齢制限をクリアしている

学生ローンだけでなくカードローンには、申し込める年齢が定められています。

一般的にカードローンに申し込める年齢は20歳以上ですが、学生ローンの場合18歳から申し込める企業もあります。

未成年でも申し込める学生ローンは以下の通り。

カレッヂ 18歳以上
フレンド田 18歳以上
アイシーローン 18歳以上

未成年がカードローンに申し込む場合、保護者の同意書が必要な場合もあります。

いずれも高校生は申し込めないので注意しましょう。

毎月2~3万円の収入がある

学生ローンは一般のカードローンと同じように一定の収入を得ている必要があります。

しかし、社会人と同じ収入の水準を求められているわけではありません。

学生ローンの場合、毎月2~3万程度でもいいので「一定の収入がある」ことを重視されます。

稼いでいる金額よりは、収入があることをまず基準とされる形です。

学生ローンの審査に通るために、まずはアルバイトを始めるといいでしょう。

学生であることが証明できる

学生ローンで借り入れするためには当然、現在学生である証明ができなければなりません。

学生ローンは大学生や専門学生を対象とした貸金業者であるため、社会人などは融資を受けられないからです。

一般の消費者金融では身分証明のために運転免許証等の身分証を提出します。

学生ローンは身分証として学生証の提出が必要です。

学生証の代わりに、保険証や通学用定期券で学生である証明ができる場合もあります。

しかし、業者によっては学生証でなければ証明として認められないと定めていることも。

学生証の準備が難しい方は、申し込みの前に電話で問い合わせて事情を説明するといいでしょう。

学生証を持っている方は、基本その学生証を提出すれば問題ありません。

銀行カードローンは審査が厳しいため学生には不利

銀行カードローンでお金を借りるメリット

  • 金利が低い
  • 最短翌日融資可能

銀行カードローンでお金を借りるデメリット

  • 学生不可の場合が多く、審査に通りにくい
  • 少額融資が難しい

銀行カードローンは消費者金融より金利が低いですが、その分審査が厳しいので学生は不利といえます。

例えば、イオン銀行カードローンは「学生では利用できない」と公式サイトで明記されています。

【イオン銀行カードローン】学生ですが申し込めますか?

誠に申し訳ございませんが、学生の方はお申込みいただけません。
引用:イオン銀行

一方、三井住友銀行カードローンのように、学生不可と明記されていない銀行カードローンもあります。

Q2 カードローンは誰でも申し込みできるか。
A 以下の条件をすべて満たされる方であればお申し込みいただけます。

・満20歳以上、満69歳以下の方
・原則安定した収入の方
・当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
・お使いみちが事業性資金以外の方
※お申込はご本人に限ります。

引用元:三井住友銀行 カードローン

成人していれば学生でも銀行カードローンを利用できる可能性はあるので、利用できる銀行を探してみるのもよいでしょう。

また、銀行では最低借入金額が「10万円」に設定されています。

学生がよく希望する1万円、5万円などの少額融資には対応していません。

学生でもクレジットカードのキャッシング枠で借りられる

クレジットカードでお金を借りるメリット

  • 審査不要で、その場でお金を借りられる
  • 在籍確認無しで利用できる

クレジットカードでお金を借りるデメリット

  • 金利が高い
  • キャッシング枠を付帯させていないと即日利用できない

満20歳以上であれば、クレジットカードのキャッシング枠が利用可能です。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるには、カード申込時にキャッシング枠を設定するか、後から手続きをする必要があります。

カードの申し込み時にキャッシング枠を付帯させている場合、新たに審査の必要がありません。

今すぐATMなどからお金を借りられるので、アルバイト先や親にバレずに利用できます。

キャッシング枠を付帯させていない場合、新たに申し込む必要があります。

新たに申し込むことになると、審査に数日かかってしまうので注意しましょう。

キャッシング枠が付帯されておらず、今すぐお金が必要な方は消費者金融を利用しても金利が変わりません。

学生のキャッシングに向いているクレジットカード

キャッシング向きのクレジットカードを2つ紹介します。

ACマスターカード

アコムACマスターカード
キャッシング機能付きクレジットカードで有名なのがACマスターカードです。

最大800万円※1までの借入が可能で年利が最大で14.6%※2と低いため、キャッシング利用しやすいカードだと言えます。

ACマスターカードはアコムの自動契約機で即日発行可能なので、家族にバレずにカードを持てます。

ただし自動契約機に入る瞬間は誰にも見られないように注意してください。

あらかじめ決められた限度額の範囲内であれば、クレジット機能とキャッシング機能の内訳は自由なので、月ごとに柔軟に利用可能です。

※1 800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計の限度額となります。
※2 ショッピング枠ご利用時の金利となります。

セディナカードJiyu!da!

セディナカード

セディナカードJiyu!da!はショッピング利用の毎月の支払額を自由に決められる点が特徴のクレジットカードです。

キャッシング利用では7日間無利息キャッシング(ゼロプラン)を利用できます。

これは7日以内に返済すれば、利息がゼロになる制度。

「給料日が近いけど急な出費が生じそう…。」という時に利用すると、給料日が出た後にすぐ返済すれば利息が発生しないので便利です。

ただしサービスの対象となるのは、カード加入日から30日以内の初回利用分限定になるので注意してください。

参考:SMBCファイナンスサービス

学生が奨学金でお金を借りる方法と注意点

大学や専門学校の学費は高額になることが多いので、消費者金融や学生ローンなどでは対応しきれないかもしれません。

その場合、奨学金を借りるという選択肢があります。

最もポピュラーな奨学金は「日本学生支援機構」が提供しているもので、一定の条件を満たす学生が利用できます。

奨学金を借りる方法と注意点をまとめました。

奨学金は学校を通じて申し込む必要がある

奨学金でお金を借りるメリット

  • 金利が非常に低い
  • 学校でサポートを受けられる

奨学金でお金を借りるデメリット

  • 融資までに時間がかかる

奨学金にはいくつかの種類がありますが、多くの方が日本学生支援機構の奨学金を利用するケースが多いでしょう。

日本学生支援機構の奨学金は無利息型(第一種奨学金)と利息付(第二種奨学金)の2種類があります。

無利息型の方が返還額は少ないですが、その分融資条件が厳しいです。

日本学生支援機構の奨学金は、在籍中の学校(高校や大学)を通じて申し込みます。

申し込み方法としては、高校在学中に進学後に受け取る奨学金を予約する予約採用と、大学進学後に申請する在学採用型に分かれます。

大学入学後すぐに奨学金を受け取りたい方は、予約採用タイプを活用し高校在学中に申請を済ませておきましょう。

奨学金は将来返済できるか考えてから借りる

安易に奨学金の利用を決めず、まずは借りた奨学金を将来返済できるかよく考えましょう。

奨学金を返済できず、自己破産に陥ってしまった方は少なくありません。

平成24~28年度の5年間において、自己破産によって奨学金の債務が免責になった(あるいは保証債務が免責になった)件数は、下記の通りです。

  • 返還者本人:8,108件
  • 連帯保証人:5,499件
  • 保証人:1,731件

参考:日本学生支援機構

中には返還者本人だけでなく、連帯保証人・保証人まで自己破産したケースもあります。

奨学金の返済ができずに自己破産に終わるケースは十分あり得るので、事前に返済が可能なのか精査が必要です。

奨学金を申し込む際は、以下の保証制度のいずれかを選択する必要があります。

  • 機関保証
  • 連帯保証人

機関保証を選択すれば、連帯保証人・保証人を立てずに借入を受けられます。

自己破産してしまい親や親戚に迷惑をかけるのが嫌な方は、機関保証を活用するのも1つの選択です。

郵便局で定額貯金がある方は担保貸付けを利用しよう

奨学金でお金を借りるメリット

  • 金利が非常に低い
  • 無職、学生でも利用可能

奨学金でお金を借りるデメリット

  • 貯金がないと利用できない

郵便局の担保貸付とは、担保定額貯金をしている方が対象の貸付制度です。

定額貯金されているお金を担保に借り入れするシステムで、審査が必要ありません。

そのため、アルバイトをしていない学生でも審査なしでお金を借りられます。

金利も低く非常に便利な制度ですが、担保元となる定額貯金がなければ利用できない大きなデメリットもあります。

親や自分が定額貯金をしていないか1度確認してみるといいでしょう。

親やバイト先にバレないでお金を借りるには?

「お金を借りる」となると、後ろめたさなどからあまりいいイメージを持っていない方も多いでしょう。

親やバイト先にバレないでお金を借りる方法はあるのでしょうか?

親にバレないようにお金を借りる方法

お金を借りる際、審査などの段階で両親に連絡が行くことはありません。

ではどのタイミングでバレるのかと言うと、契約後の郵送物です。

電話や店頭で契約した場合、キャッシングカードや契約についての書類が郵送されます。

実家暮らしをしている方は、この郵送物が親に見つかり、借り入れがバレてしまうのです。

このリスクを無くすために、Web完結型の消費者金融を利用するといいでしょう。

アコムやプロミスなどWebで申し込みから契約まで完結する消費者金融の場合、郵送物が家に届くこともありません。

特に実家で暮らしている方は、Web完結できる消費者金融でお金を借りるといいでしょう。

バイト先にバレないようにお金を借りる方法

では次に、バイト先にバレないようにお金を借りる方法をご紹介します。

消費者金融や銀行カードローンなど審査が必要な機関でお金を借りる時、勤務先に在籍確認の電話がかかります。

在籍確認とは、その職場に本当に勤務しているか確認するための電話です。

最近は消費者金融と分からないように個人名で電話をかけてくることが多いですが、なるべくヒヤヒヤするリスクは抱えたくないですよね。

在籍確認の電話があるかどうか、不安な方は申し込み後に電話をかけて確認するといいでしょう。

また、どうしても在籍確認の電話をしてほしくない方で、条件をクリアできるならばSMBCモビットがいいでしょう。

SMBCモビットは、必要書類や指定の銀行口座を持っていれば電話での在籍確認なく審査を行ってくれます。

在籍確認の電話の対策が難しい方は、SMBCモビットの利用を検討しましょう。