お金借りる条件版

免許証だけでお金を借りる方法と知っておくべきポイントまとめ

免許証でお金を借りる方法

お金を借りる際、いくつかの書類を提出する必要があります。

公的な書類の準備は時間もかかるし面倒ですが、免許証のみであれば手間がかかりませんよね。

免許証1枚だけでお金を借りられるのか?どこから借りるのが適切なのか?

免許証でお金を借りるためにおすすめの方法をご紹介。

また、免許証でお金を借りるためにおさえておきたいポイントをまとめました。

この記事で分かること
  • 消費者金融なら免許証だけで借りられる
  • Webで簡単に申し込めるプロミスアイフルがおすすめ
  • 他人の免許証でお金を借りると犯罪になる

免許証だけでお金を借りることはできる

他の書類なしで、免許証だけでお金を借りられるのか?と疑問を抱いている方は多いです。

結論から述べると、消費者金融カードローンなら免許証1枚だけでお金を借りられます。

消費者金融では基本、申し込み情報に間違いがないこと、申し込み者が本人であることを確認できればOK。

特別な書類がなくても、手元に免許証1つさえあればお金を借りられるのでとても便利です。

免許証は、本人確認のために必要な書類です。

お金を借りる際、本人確認書類として強力な書類の条件は以下の通り。

  • 申し込み者の本名が記載されている(フルネーム)
  • 顔写真がある
  • 現住所が記載されている
  • 有効期限内の書類である

これらの条件を満たしているならば免許証でなくても問題ありません。

マイナンバーカードやパスポートを持っていれば、それだけでお金を借りることも可能です。

健康保険証など、顔写真がない身分証明書も本人確認書類として使用できます。

ただし、住民票の写しや公共料金の領収書など補足書類の提出を求められることも。

一例として、大手消費者金融であるアコムの本人確認書類をチェックしてみましょう。

アコムの場合、本人確認書類として認められるのは以下の4点です。

  • 運転免許証(表、裏)
  • 保険証(表、裏)
  • パスポート(写真、住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表のみ)

スマホアプリのかんたん提出を利用する場合、上記のうち1点のみの提出で申し込みできます。

Webでアップロードする場合、FAXや郵送で提出する場合は、上記のうち2点、または上記のうち1点と補足書類の提出が必要です。

アコムの本人確認補足書類

  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、NHKなど)

いずれも住所と本名が記載されており、発行日から6ヶ月以内のものに限ります。

このように、大手消費者金融では提出方法によって必要書類が変わることもあります。

免許証のみでお金を借りたい方は、アプリなど書類1点のみで借り入れできる申込方法を選びましょう。

免許証でお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

免許証のみでお金を借りたい方は、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は貸し付けの簡単さ、気軽さの向上に尽力しており、できる限り申し込み時に必要な手続きや提出書類を削減してくれています。

中小消費者金融(いわゆる街金)は免許証以外に収入証明書などの書類を合わせて提出しなければならない可能性があるので、できれば大手消費者金融を選ぶといいでしょう。

免許証1枚で借り入れしたい方向けにおすすめの消費者金融をご紹介します。

Webで申し込みやすいプロミス

PROMISE(プロミス)無人店舗
金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
本人確認書類
  • 免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 保険証+住民票

プロミスはWeb完結型、アプリでの申し込みに力を入れている貸金業者です。

いくつかの消費者金融を利用した方が「プロミスのアプリは使いやすい」と口コミで評価しています。

消費者金融での申し込みが初めての方や、できる限り簡単に申し込みたい方におすすめです。

プロミスのアプリで本人確認をする場合、免許証・在留カード・マイナンバーカードのいずれか1点をアプリ内で提出する必要があります。

免許証を持っている方はアプリで簡単に申し込めるので便利です。

最短60分で借り入れできるアイフル

アイフル無人契約店舗
金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
本人確認書類
  • 免許証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

なるべく早く融資してほしい方はアイフルがおすすめです。

アイフルは申し込みから借り入れまで最短60分。

実際に60分くらいで借り入れできたという口コミも多く、即日融資を希望する方に向いています。

アイフルの場合、アプリで本人確認書類と顔写真を登録するだけで本人確認完了です。

顔写真はアプリ内でカメラが起動し、その場で撮影となるので特別な準備は必要ありません。

アプリ内で申し込みから借り入れまで完結する便利さも魅力です。

免許証だけで借りられると明記されているアコム

アコム無人店舗
金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
本人確認書類
  • 免許証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • マイナンバーカード

アコムはスマホアプリを使えば、本人確認書類1点のみで申し込みできます。

免許証だけでなく、保険証やパスポート、マイナンバーカードでも1枚のみで申し込み可能。

プロミスのように追加書類や、アイフルのように顔写真は必要ありません。

免許証以外の書類が用意できない方はアコムでの借り入れがおすすめです。

免許証だけで借りられないのはどんなとき?

これまで紹介したとおり、消費者金融であれば免許証のみで借り入れできることがわかったと思います。

しかし、条件によっては免許証のみでは借りられないことも。

ここからは、どのような条件下の場合追加書類が必要になるのかをご紹介します。

免許証1枚のみでの借り入れを希望する方はチェックしておきましょう。

借入金額が50万円を超える場合は収入証明書が必要

1番気を付けなければならないのが収入証明書の提出です。

消費者金融では、以下の条件に当てはまる際に収入証明書が必要になります。

  • 借入希望額が50万円を超える
  • 借入希望額と他社での借り入れの合計金額が100万円を超える

これらの条件に当てはまる際に収入証明書が必要になる理由は総量規制です。

総量規制とは、貸金業者での借り入れ金額を年収の3分の1までに制限する法律のこと。

返済能力が低い人への貸しすぎを防ぐために、2010年に制定されました。

この総量規制により、上記2つの条件に当てはまる人からは収入証明書を回収するよう義務付けられています。

収入証明書として利用できる書類は、アイフルでは以下のようにに定められています。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書  
     ※直近2ヶ月分、賞与支給がある場合は1年以内の賞与明細書も必要です
  • 確定申告書
  • 所得証明書

参照:お申込み時に必要な書類|アイフル

今すぐ申し込みたい場合、手元に収入証明書が用意できない方も多いでしょう。

すぐに提出できない方は、希望金額を50万円以下にするか、他社での借り入れがある方は合わせて100万円以下になるように計算して申し込んでください。

免許証の住所と現住所が違う場合は証明書類が必要

転居などで免許証の住所が現住所じゃない方も、追加書類が必要です。

消費者金融での借り入れで免許証を提出しなければならないのは、名前と住所が申込内容と合っているか確認するためです。

免許証の住所が現住所と違う場合、確認ができないので書類不備となってしまいます。

アイフルでは、補足書類として現住所が記載されている書類を追加で2点提出しなければなりません。

追加書類として認められるものの例

  • 各種保険証
  • 年金手帳
  • 公共料金の領収書

※すべて現住所が記載されている必要がある

引っ越したばかりのときだと、現住所に変更されている書類を準備するのは難しいかもしれません。

免許証の住所変更は、警察または運転免許証試験場で行えます。

運転免許試験場では日曜日も住所変更を受け付けています。

お金が必要になるまで、時間的に余裕がある方は先に免許証の住所を変更しておくと追加書類は必要ありません。

免許証の住所が現住所ではなく、今すぐお金を借りたい方は現住所が記載されている追加書類もあわせて準備しておきましょう。

銀行カードローンは免許証だけでは借りられない

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く、総量規制以上に借り入れができるので人気が高いです。

しかし、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が慎重に行われるため、免許証のみでの借り入れはできません。

銀行は貸し倒れを防ぐため、収入証明書で収入の裏付けを取ります。

消費者金融と違い、希望金額を50万円以下に設定しても収入証明書を求められることがほとんどです。

  • 本人確認書類(2点)
  • 収入証明書(1点)
  • 参照:カードローンご契約に必要な書類|イオン銀行

    イオン銀行では、収入証明書の提出が必要であると明記しています。

    三井住友銀行カードローンでは、必要書類は本人確認書類のみとしていますが、申し込み情報によっては収入証明書の提出が求められます。

    免許証のみでお金を借りたい場合は、銀行カードローンではなく消費者金融にするのが無難でしょう。

    免許証でお金を借りる実際の流れをチェック

    それではここから、実際に免許証でお金を借りる方法をご紹介します。

    免許証だけでお金を借りる場合、1番おすすめなのはWebまたはアプリで申し込み、アプリから書類を提出する方法です。

    先ほども紹介したとおり、消費者金融によってはアプリで書類提出することで免許証1枚のみの申し込みが認められます。

    一例として、アイフルで申し込む場合の手順を詳しくご紹介します。

    1. 申込情報を入力する

    必要事項を入力して申し込みをします。

    申し込み自体は10分程度で完了するので、スキマ時間にも可能です。

    アプリから申し込む場合、アイフルでは免許証読み取り機能がついています。

    アプリを通じて免許証を読み込ませることで、名前や住所、生年月日など免許証に記載されている基本情報を自動で入力する機能です。

    申し込み情報の入力を省略できるので、免許証を持っている方は楽に申し込みができます。

    2. 本人確認書類を提出する

    申し込み時に入力したメールアドレス宛に、申し込み完了メールが届きます。

    このメールに本人確認書類の提出方法が記載されているので、メールの指示に従って本人確認書類を提出してください。

    アイフルの場合、本人確認書類の提出方法は2つ。

    アプリで提出する場合、免許証など顔写真がついた本人確認書類1枚と、顔写真の提出でOKです。

    Webで提出する場合は、書類2点を提出した上で自宅に郵送される簡易書留を受け取る必要があります。

    自宅に郵送物が届いてしまう上に、免許証だけでの申し込みができません。

    本人確認書類の提出だけはアプリで行うのがおすすめです。

    3. 審査

    申し込み状況と本人確認書類を踏まえ、本審査が行われます。
    在籍確認がある場合、このタイミングで行われます。

    4. 契約、借り入れ

    審査結果はメールで届きます。
    審査に通っていた場合、その場で契約可能です。

    契約したらすぐにお金を借り入れできます。
    手元に現金が欲しい方は、アイフルのアプリを使ってコンビニATMから引き出すのがおすすめです。

    無人契約機の場合は免許証をスキャナで提出

    アコムの「むじんくん」やアイフルの無人店舗など、全国にある無人契約機で申し込むこともできます。

    この場合も免許証を提出しなければならないので、店舗に持っていきましょう。

    無人契約機の場合、契約する機会にスキャナがついています。

    免許証などの本人確認書類をスキャナで読み取らせて、データとして提出する形です。

    いずれにしても、消費者金融の申し込みで本人確認書類の実物を送付したり、コピーを郵送する必要はありません。

    免許証でお金を借りるときに気をつけておくポイント

    申し込み方法や本人確認書類の提出方法さえ押さえておけば、基本的に免許証だけでお金を借りられます。

    しかし、申し込み時に急いでいたり適当にしてしまうと、審査に時間がかかってしまう可能性も。

    免許証を使ってお金を借りる際に気をつけておくべきポイントがいくつかあります。

    スムーズに審査をしてもらうためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

    借り入れ前に免許証の住所を確認しておこう

    この記事の中でも触れましたが、免許証は申し込み時の住所が正しいかどうかを確認するためのものです。

    そのため、免許証の住所が現住所と違う場合、免許証だけでの申し込みができません。

    引っ越しをしたばかりの方や、転居後しばらく住所変更をしていない方は注意が必要です。

    申し込みの前に免許証の住所が現住所になっているか確認しておきましょう。

    もし現住所と免許証の住所が違う場合、現住所が書かれている追加書類を1~2点提出します。

    追加書類として認められるものの例

    • 各種保険証
    • 年金手帳
    • 公共料金の領収書など

    現住所が確認できる書類がないと申し込みできないので、追加書類の準備または免許証の住所変更を行っておきましょう。

    免許証の写真と今の顔の印象が違う場合も借りられる?

    免許証は一般的に5年で更新されます。

    免許証に載っている顔写真と現在の顔の印象が変わっている方もいるでしょう。

    ダイエットなどの体型変化や、イメチェンなどで免許証の写真と見た目がかけ離れてしまっている場合、申し込みはできるのでしょうか?

    先ほども述べたとおり、免許証は住所や名前などが虚偽でないかを確認する目的があります。

    その際顔写真も確認されますが、顔写真の印象が違うことを理由に申し込みが断られるケースは少ないでしょう。

    審査の段階で顔写真について消費者金融側から問い合わせがあれば、その電話で真摯に回答すれば問題ありません。

    このとき、保険証やマイナンバーカードなど他の本人確認書類を用意しておくとスムーズに手続きできる可能性があります。

    免許証の顔写真と今の印象が違う方は、別途本人確認書類を用意しておくのがおすすめです。

    免許証の住所や写真ははっきり見えるように撮影しよう

    免許証をアプリで提出する際、アプリ内のカメラで免許証を撮影することになります。

    このとき、顔写真や名前、住所などがはっきり見えるように撮影しましょう。

    免許証の写真を撮影する際に気をつけるポイントは3つです。

    • ピントをしっかり合わせる
    • 光の反射が映らないようにする
    • 個人番号以外を隠さない

    写真がぶれていたり、光の反射が写り込んで文字が見えなくなったりすると個人情報を識別できません。

    書類不備として再提出になり、審査に時間がかかってしまうので見やすいように撮影しましょう。

    また、意図的に個人情報を隠すのも避けてください。

    ときどき、お金を借りることが誰にもバレないよう、個人情報を隠して本人確認書類を提出する方がいます。

    しかし免許証の提出は個人情報を確認するためなので、隠されていては意味がありません。

    消費者金融への申し込みで隠していい情報は、マイナンバーカードなどに記載されている個人番号のみです。

    消費者金融や銀行など、カードローンに申し込んだ事実やその際の個人情報は、個人情報保護法に則って誰にも公開されません。

    申し込み時に本人確認書類を提出したからと言って、家族や友人にバレることはないのです。

    審査を円滑に行うためにも、個人番号以外の情報は隠さずに提出しましょう。

    失効している免許証ではお金を借りられない

    本人確認書類の期限が切れている、失効している場合、それらは本人確認書類として認められません。

    免許証の更新をしていない、前の職場の保険証を持っているなど、失効している書類を持っている方は注意してください。

    本人確認書類の追加書類として使える公共料金の領収書や収入証明書も、発行から6ヶ月以内のもの、または有効期限内のものしか使えません。

    それより前の書類は再提出となってしまうので、書類の期限は必ずチェックしておきましょう。

    免許証のコピーの写真では申し込みできない可能性が高い

    アプリやWebなどで免許証の写真を提出する際、免許証のコピーでは認められない可能性が高いです。

    コピーでは、他人の免許証を悪用できることもあり、信憑性が低くなってしまうからです。

    免許証や保険証などの写真を提出する際は、必ず実物の写真を撮影してください。

    自分以外の免許証でお金を借りることはできる?

    免許証でお金を借りることについて、よく聞かれているのが「他人の免許証でお金を借りられるのか?」という質問。

    「自分はすでに何社も借り入れているので他の人の名義で借りたい」「配偶者の名義で借りたい」など、自分以外の免許証を使って申し込もうと考えている方をちらほら見かけます。

    結論から言うと、他人の免許証で申し込みをすることは犯罪です。

    愛知県警察では、他人の免許証を使って借り入れすることを「詐欺罪」として紹介しています。

    他人の運転免許証や健康保険証等を不正に使用して消費者金融等から借り入れを行った場合、この者には詐欺罪等の疑いが出てきますが、これらの場合の被害者は、消費者金融等となります。

    引用:愛知県警

    他人の免許証を使って申し込むことは、物理的には可能です。

    しかし、消費者金融でも最近は非常に慎重に審査が行われており、在籍確認などで不審に思われるとすぐに審査に落とされます。

    仮に審査に通ったとしても逮捕されたり、民事裁判で慰謝料を請求される可能性が高いです。

    どうしてもお金に困っていて、自分が免許証を持っていなかったとしても、他人の免許証でお金を借りるのは絶対にやめてください。

    自分の免許証が悪用されないために

    免許証が入った財布や鞄を落としてしまったとき、最悪の場合免許証を悪用されて勝手にお金を借りられてしまうこともあるかもしれません。

    上記で紹介したように基本は審査に落とされるはずですが、万が一審査に通ってしまうと見に覚えのない請求書が届いてしまうことも。

    このような被害に遭わないために、免許証をなくした際の対処法をご紹介します。

    1. 免許証をなくした段階で警察に届け出る

    まず、免許証をなくしたと気付いたらその段階ですぐに警察に相談しましょう。

    運転免許証や健康保険証等の遺失盗難品を使われた場合の支払責任ですが、遺失、盗難等の場合は、これらの遺失盗難品を取得した者が不正に使用したことを証明することによって支払責任を免れることができます。
    そのためにも、速やかに警察への届出を行うとともに、健康保険証の場合には、発行元となる勤務先会社や市区町村役場にも届出をしてください。

    引用:愛知県警

    警察のホームページでも、悪用された際の支払責任を逃れるために警察に届け出ることを推奨しています。

    「不注意でなくしてしまった程度で…」と思わず、被害を受けないためにも必ず警察に届け出てください。

    2. 信用機関に報告する

    消費者金融などのカードローンは、信用情報機関を利用して審査を行います。

    信用情報機関の本人申告制度を利用して、免許証などの本人確認証類を紛失したことを届け出てください。

    本人確認制度を利用すると、免許証をなくしたことが信用機関に登録されるので、この間に申し込まれた借り入れは悪用であると判断してくれます。

    案外知られていない方法ですが有効なので、なくした際の対処法として覚えておきましょう。

    3. 身に覚えのない請求書が届いても支払わない

    免許証をなくしたあと、身に覚えのない請求書が届いたら怖くなって支払ってしまう人も多いです。

    しかし、不正利用された際の請求は支払い義務がありません。

    これらの請求書は支払わず、必ず警察に届け出ましょう。

    銀行名や消費者金融名が大手のもので、知っている企業だった場合は電話で身に覚えがないこと、不正利用の可能性が高いことを連絡しておくのも重要です。

    もし知らない金融機関名であれば、リスクを避けるためにも問い合わせを行わず警察のみに相談しましょう。

    いずれにしても免許証を紛失した人が支払う必要はないので、落ち着いて対処すればOKです。