お金借りる条件版

お金借りたい人におすすめの学生ローンまとめ!人気や金利を比較

「飲み会などのせいで出費が多かった」「急に教材が必要になった」など、学生は金欠になりやすいですよね。

特に一人暮らしをしている学生は、生活費が足りなくなることもしばしば。

そんな時に便利なのが学生でもお金を借りられる学生ローン。

この記事では、おすすめの学生ローンや、学生ローンを利用する際に知っておきたいポイントをまとめています。

今お金がなくて困っている学生や、学生ローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

学生ローンと一般的なカードローンの違いとは?

学生ローンとは、いわゆる学生向けのカードローンです。

アコムやプロミスといった一般的なカードローンは広く様々な職種の方向けにサービスを展開しています。

それに対し学生ローンは、現在大学・専門・短大など学校に通っている方向けのサービスです。

申し込み条件に「学生である」「学生証が提示できる」などが明記されています。

学生ローンとはいえ、大手金融機関と同じ消費者金融です。

借りたお金に対して金利がかかり、利子と一緒にお金を返済していかなければなりません。

一般消費者金融との違いは、学生向けかそうでないかの1点だけです。

奨学金などと違い特別金利が低いわけでもありません。

一般の消費者金融と同じか、それに近い金利がかかります。

学生ローンを利用するときは、返済できる最低限の金額を借り入れましょう。

おすすめの学生ローン9選

現在、多くの学生ローンがサービスを展開しています。

各業者によって利用できる年齢やサービス内容が変わるので、自分が希望するサービスに合う業者を選びましょう。

セブンイレブンで借り入れできるカレッヂ

金利 15.0~17.0%
借入限度額 1,000円~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

カレッヂはセブンイレブンATMで借り入れと返済できる便利さが魅力。

店舗は全国で高田馬場1店舗のみですが、Webでも申し込みができるので全国どこからでも申し込み可能です。

カレッヂは18歳、19歳の未成年も借り入れできるので、一般の消費者金融が利用できない方にもおすすめ。

在籍確認がないため、家族やバイト先にバレるリスクもありません。

未成年でも即日融資可能なフレンド田(でん)

金利 12.0~17.0%
借入限度額 1~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

フレンド田は未成年でも申し込みできる学生向けカードローンです。

貸金業者登録票もしっかり開示してくれているので、認可された消費者金融であると分かります。

学生に対しても分かりやすいように借り入れについて解説してくれているので、学生ローンでの借り入れが初めての方はフレンド田がおすすめです。

友達を紹介すると最大で5,000円の紹介料がもらえるので、友達同士での借り入れにも向いています。

低金利で借り入れできるニチデン

金利 9.125%
借入限度額 ~30万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

14時までに申し込めば即日融資ができるニチデン。
時間に余裕がある学生におすすめです。

ニチデンは実質年率が9.125%と低く、低金利で利用できるのが最大のメリット。

中小消費者金融として社会人などにも融資している企業なので、システムもしっかりしています。

ニチデンでは「収入額に限らず、定期的に収入があれば問題ない」と明記しているので、毎月少しでも収入があれば借り入れしやすいでしょう。

海外留学用にも利用できるイー・キャンパス

金利 14.5~16.5%
借入限度額 ~30万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

イー・キャンパスは通常の学生ローンだけでなく、学費用・海外渡航目的用ローンも用意されています。

通常の借り入れでは金利が16.5%ですが、学費用と海外渡航用として借り入れする場合15.5%で利用可能です。

また、免許証と学生証が提示できる方は通常の借り入れでも金利16.0%で利用可能。

免許を持っている方は、低金利で利用できるイー・キャンパスがおすすめです。

契約後最短10分で融資!アミーゴ

金利 14.40~16.80%
借入限度額 3~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

アミーゴは基本Webからの申し込みがメインになります。

ネットで申し込むと、金利が14.45~16.8%になるのでお得に借り入れ可能。

アミーゴの魅力は24時間のWeb申し込み受け付けに加え、契約後最短10分で借り入れできるスピード感にあります。

特に融資を急いでいる方はアミーゴを利用するといいでしょう。

申し込み後最短20分で融資できるマルイ

金利 15.0~17.0%
借入限度額 1~50万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

マルイのおすすめポイントは、申し込みから最短20分で融資してもらえるスピードの速さ。

審査や契約も非常に早いので、どうしても今すぐお金が必要な方に特におすすめです。

金利も通常の消費者金融より低く、利用しやすいのが嬉しいですね。

マルイでは友達を紹介すると返済時の金利が下がるキャンペーンを行っています。

利用できる方は積極的に金利を下げていきましょう。

20歳以上の学生なら一般の消費者金融もおすすめ

学生ローンは学生向けの消費者金融です。

利用しやすい印象ですが、20歳以上であれば一般の消費者金融もおすすめです。

アコムやアイフルなどの大手消費者金融カードローンはアプリでの借り入れ・返済が可能で、無利息期間が設けられているのも魅力。

借り入れまでのスピードが早く、利便性が高いのも特徴です。

学生ローンの利用が不安な方、より安定した企業でお金を借りたい方は、大手消費者金融での借り入れも検討しましょう。

180日間無利息期間が利用できるレイクALSA

レイクALSA無人契約機
金利 4.5~18.0%
借入限度額 1~500万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

レイクALSAはWebでの申し込みに限り、30日~最大180日の無利息期間が付与されます。

借り入れ額の5万円分について、180日間無利息になるシステムです。

5万円以下の借り入れで3ヶ月以内に返済できる場合は、完全に無利息で借り入れができます。

少額融資を希望している方は、学生ローンよりもレイクALSAの方がおすすめです。

※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ
※60日間無利息はWebで申し込みし、ご契約学が1~200万円の方
※Web以外で申し込みされた方は60日間無利息を利用できません

<レイクALSAの貸付条件>

融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング
ご返済期間/回数 最長8年/最大96回
必要書類 運転免許証、収入証明(契約額に応じて新生銀行ファイナンシャルが必要とする場合)
担保/保証人 不要

※商号:新生ファイナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9)第01024号

親にバレないWeb完結型のアイフル

アイフル無人契約店舗
金利 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

アイフルは申し込みから契約完了までWebですべて完結します。

家に書類などが送られてこないので、親にバレることもありません。

実家暮らしで、親にバレるリスクを抱えている方はアイフルで申し込むといいでしょう。

借り入れできる最大金額が学生ローンよりも多いので、学費や留学費などまとまった出費にもおすすめです。

カードレスで利用しやすいプロミス

PROMISE(プロミス)無人店舗
金利 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
融資時間 最短即日
Web申し込み

プロミスはWeb完結型で、カードレスの借り入れに対応しています。

アイフルと同様に書類が家に送られてこないので、親にバレたくない学生におすすめです。

カードレスでの借り入れを行う場合、おすすめはアプリでの本人確認です。

プロミスのアプリは金融機関のアプリだと気づかれにくいシンプルなデザイン。

場所を問わず、どこでも低リスクで借り入れ申し込みができます。

学生ローンの審査は甘いの?審査についてのポイントまとめ

学生ローンを利用するにあたり、気になるのは審査についてですよね。

学生向けの学生ローンは審査が甘いと思われがちですが、実は審査が甘いわけではありません。

学生ローンも貸金業法を順守する金融機関なので、信用機関を通してしっかりと審査が行われます。

過去の借り入れ状況や申し込み時の情報などによっては審査に落とされる可能性も十分考えられるのです。

ではなぜ学生ローンの審査が甘いと思われがちなのでしょうか?

一般のカードローンは収入が少なく、安定しないので学生の審査通過に消極的です。

しかし学生ローンは、一般のカードローンで審査に落とされがちな学生も採用してくれます。

「一般カードローンでは駄目でも、学生ローンでは審査に通った」といった口コミが多いことから、審査が甘いと感じられるのでしょう。

学生ローンの審査通過に必要な条件

では、学生ローンの審査に通過するために押さえておきたいポイントをチェックしていきます。

年齢制限をクリアしている

学生ローンだけでなくカードローンには、申し込める年齢が定められています。

一般的にカードローンに申し込める年齢は20歳以上ですが、学生ローンの場合18歳から申し込める企業もあります。

未成年でも申し込める学生ローンは以下の通り。

カレッヂ 18歳以上
フレンド田 18歳以上
アイシーローン 18歳以上

未成年がカードローンに申し込む場合、保護者の同意書が必要な場合もあります。

いずれも高校生は申し込めないので注意しましょう。

毎月2~3万円の収入がある

学生ローンは一般のカードローンと同じように一定の収入を得ている必要があります。

しかし、社会人と同じ収入の水準を求められているわけではありません。

学生ローンの場合、毎月2~3万程度でもいいので「一定の収入がある」ことを重視されます。

稼いでいる金額よりは、収入があることをまず基準とされる形です。

学生ローンの審査に通るために、まずはアルバイトを始めるといいでしょう。

学生であることが証明できる

学生ローンで借り入れするためには当然、現在学生である証明ができなければなりません。

学生ローンは大学生や専門学生を対象とした貸金業者であるため、社会人などは融資を受けられないからです。

一般の消費者金融では身分証明のために運転免許証等の身分証を提出します。

学生ローンは身分証として学生証の提出が必要です。

学生証の代わりに、保険証や通学用定期券で学生である証明ができる場合もあります。

しかし、業者によっては学生証でなければ証明として認められないと定めていることも。

学生証の準備が難しい方は、申し込みの前に電話で問い合わせて事情を説明するといいでしょう。

学生証を持っている方は、基本その学生証を提出すれば問題ありません。

学生ローンを利用する際に気をつけたいこと

学生ローンはとても便利な融資システムですが、気をつけなければならないポイントもいくつかあります。

知らないまま学生ローンを利用しようとすると、トラブルに巻き込まれたり、不利益を被ったりする可能性も考えられます。

お金を借りる前に、まずは冷静に情報収集を行いましょう。

2chやSNSの情報に惑わされない

学生ローンでお金を借りる前、不安要素をなくすために様々な媒体から情報収集している方も少なくないでしょう。

特に、2chやTwitterなどのSNSは「リアルな声が聞ける」と重宝している方が多いです。

実際に借り入れの経験がある方の口コミや審査基準などを事細かにチェックできます。

しかし、その情報が本当かどうか?見極めする力が必要です。

掲示板やSNSには闇金に誘導する目的のサクラや、本来の貸付状況よりも良く見せる書き込みをするサクラなどがいることも。

基本的に、匿名で書き込める場所にある情報は信用しきらないのが大切です。

また、カードローンについての情報を集めていると、TwitterのDMなどで「お金を貸してあげる」といった連絡が届くこともあります。

個人融資の誘いですが、法外な金利で返済を求められる可能性も考えられるので、どれだけ条件がいい声掛けでも応じないよう徹底しましょう。

審査なしの業者は法律で認可されていない

お金を借りる際、ネックになるのが審査です。

審査があると過去の借り入れなども参考にされ、審査に落とされてしまう可能性があります。

そんな時、「審査なしでお金が借りられる」業者を紹介する人がいたり、サイトが出てきたりすることがあります。

審査なしでお金が借りられるのはとても魅力的ですが、このような業者からは決してお金を借りてはいけません。

消費者金融などが遵守しなければならない貸金業法では、借り入れ前にかならず審査すると法律で定めています。

※参考:与信審査について

貸金業者は各自治体から認可されており、法律を守って営業しています。

審査がない貸金業者は法律を守っていないので、認可が降りていません。

認可が降りていない業者でお金を借りると、法外な金利や激しい取り立てにあう可能性が高いです。

どれだけ魅力的な条件でも借りないようにしましょう。