お金借りる条件版

アルバイトでお金借りることはできる?働き始めでも借りるためのポイント

アルバイトだけで生計を立てている方は少なくありません。

しかし、「アルバイトだけでは収入が足りない」「アルバイトを変えた働き始めでお金がない」という方もいます。

そんな時、カードローンなどでお金を借りようと検討すると思いますが、アルバイトでもカードローンを利用できるのでしょうか?

正社員じゃない場合や働き始めの場合など、お金を借り入れできるのか、借り入れるために気をつけたいことなどをご紹介します。

アルバイトのお金だけで生活できず困っている方は参考にしてください。

目次

アルバイトの人がなるべく早くお金を借りる方法は3つある

アルバイトの人が即日またはなるべく早お金を借りる方法は、大きく分けて3つあります。

アルバイトの人がお金を借りる方法

  • カードローンの利用
  • 給料の前払い
  • 友人、親に借りる

この他にも質屋でお金を借りることや様々な行政サービスも利用できますが、素早くお金が借りられるのはこの3つ。

カードローンは消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる方法です。

返済時に金利を支払わなければなりませんが、迅速にお金を借りられるので便利です。

働き始めて少し経っていれば、給料の前払いを利用できる可能性もあります。

借り入れとは違い、自分が働いた分の賃金を早く支払ってもらうだけなのでハードルは低めです。

もし借りられるツテがあるならば、友人や親から借りるのも方法の1つ。

金利無しで借りられますが、返済が滞ると人間関係のトラブルに発展しやすいので注意しましょう。

アルバイトがお金を借りるなら年収はどれくらい必要?

パートやアルバイトなどの非正規雇用でもお金を借りられますが、どれくらいの年収が必要なのでしょうか?

カードローンなどでお金を借りる場合、安定した継続収入が必要です。

申込み条件である「安定した継続収入」とは、毎月一定以上の収入があることを指します。

実際に、どれだけ稼いでいればお金を借りられるのかを、アイフルの1秒診断を使って検証してみます。

アイフルの1秒診断では、診断結果画面で「ご融資可能と思われます」と表示されたら審査に通る可能性あり。

アイフル1秒診断の画像

試しに、毎月1万円稼いだと仮定して、年収12万円で診断してみたところ「ご融資可能と思われます」と表示されました。

つまりアイフルでは、毎月1万円でも収入があればお金を借りられる可能性があると考えられます。

しかしこれはあくまで可能性の話であり、実際確実に借り入れできるとは限りません。

毎月1万円しか収入がないとしたら、その中から返済分のお金を用意できる人は少ないでしょう。

収入が低すぎると返済能力がないとみなされ、本審査で審査落ちしてしまいます。

実際にアイフルなどで借り入れした方の口コミを見ていると、アルバイトでも毎月2~3万円の収入がボーダーラインのようでした。

年収にすると24~36万円以上稼いでいる方であれば、アルバイトでも審査に通る可能性があります。

時給1,000円で換算すると、30,000円稼ぐために働かなければならない時間は30時間です。

1日5時間ずつ働けば1ヶ月で6日間程度の出勤でいいので、学生でも負担にならない労働時間です。

本審査では年収以外にもチェックされる項目があるので、月収3万円あるからといって必ず審査に通るわけではありません。

しかし、目安の1つとして覚えておくといいでしょう。

アルバイトの人が借りられる限度額は最大30万円前後

カードローンなどでお金を借りる際、限度額が決められます。

借入限度額は、「この範囲内であれば何度でもお金を借りられる」と決められた上限金額のことです。

例えば借入限度額が50万円であれば、合計50万円までならば何度でも自由にお金を借りられます。

この限度額は、個人の収入や他社からの借入状況などを基準に審査して、ひとりひとり個別で決められます。

例えばアイフルであれば最高限度額は800万円ですが、すべての人が800万円まで借りられるわけではありません。

アルバイトやパートの場合、限度額は10~30万円前後に設定されることが多いです。

特に働き初めの方は、10万円くらいの少額融資しかできないのが一般的です。

少しでもたくさんお金を借りたい場合は、以下2つの方法があります。

①数ヶ月勤続して安定した収入を作る

働き初めの場合、月収や年収などはどうしても見込みとなってしまいます。

それだけでなく、アルバイトやパートは正社員と比べてすぐに辞めてしまう人が多いです。

そのため、本当に安定した収入が得られるか審査段階で判断しにくいのです。

確実に安定した収入が得られると言い切れない場合、高額貸付はリスクが高いので避けられる傾向にあります。

安定した収入を得られているとアピールするためにも、働き始めてからすぐカードローンに申し込むのではなく、数ヶ月働いてから申し込むのがおすすめです。

どうしても今すぐお金が必要な場合を除いて、融資までに時間的な余裕がある場合は数ヶ月同じアルバイト先で働きましょう。

②増額申請を行う

アイフルならアイフル、アコムならアコムなど同じ借り入れ先で何度か借り入れと返済を続けていると、限度額を増額できる可能性があります。

限度額の範囲内でトラブルなく借り入れをし、延滞せず期限を守って返済していると、その貸金業者の中で信用が高くなる場合も。

「このユーザーはトラブルなく利用できる」と判断されると、限度額の増額申請が行なえます。

1番最初は10万円までしか借りられなくても、しばらく利用していると30万円、50万円など限度額が高くなります。

また、勤続することで収入が上がった、アルバイトから正社員に登用されたなど、情報が更新されるタイミングで増額できる可能性も。

働き始めでどうしてもお金が必要な場合は10万円前後の限度額で利用し、数カ月後に増額申請を行うといいでしょう。

限度額については、勤務形態がアルバイトやパートであること以外に低く設定される原因があります。

ここからは、限度額が決まる仮定で知っておくといいポイントをご紹介します。

消費者金融カードローンでは年収の3分の1以上借りられない

消費者金融カードローンは総量規制の対象になります。

総量規制とは、借り入れを年収の3分の1に制限する法律です。

過去消費者金融ではお金の貸しすぎが問題になりました。

貸し倒れが起きないよう、借り入れの金額は最大で年収の3分の1までに制限されます。

アルバイトの場合も、申し込み時の月収を元に年収を算出し、その金額の3分の1以下までしか借り入れができません。

雇用形態よりも勤続年数や年収を重視されるので、アルバイトでもフリーターとして正社員と同じくらい稼いでいる方は限度額も高くなります。

逆に年収が少ない方は、貸金業法により借り入れできる金額が少なくなるので注意しましょう。

月収と年収に対して借り入れできる金額
月収 年収 借り入れできる限度額
1万円 12万円 4万円
5万円 60万円 20万円
10万円 120万円 40万円
12万円 144万円 48万円
15万円 180万円 60万円
20万円 240万円 80万円

仮に50万円借り入れしたい場合、最低でも月収13万円が必要です。

あくまで限度額が50万円なので、必ず限度額いっぱいまで借り入れできるとは限らないのも注意点。

アルバイトで月収13万円の場合、審査により最初の限度額は10~30万円程度に設定されることが多いでしょう。

申し込み時に自分の年収と照らし合わせて、総量規制の限度額を超えないように申し込みしないと、仮審査にも落とされてしまう可能性があります。

50万円以上の借り入れは1ヶ月以上の勤続が必要

50万円以上借り入れする場合、収入証明の提出が必要です。

収入証明書として認められる主な書類は以下のとおりです。

  • 源泉徴収書
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

働き始めたばかりの場合、提出書類として認められる給与明細書などがもらえていない方もいるでしょう。

アルバイト先を変えたばかりだと、必要な書類を準備できない可能性があります。

50万円以上の借り入れを希望する場合は1ヶ月以上勤務して書類を揃えるか、50万円以下で申し込み、後ほど増額しましょう。

消費者金融カードローンはアルバイトでもお金を借りられる可能性が高い

アルバイトの方がお金を借りる際、特におすすめなのはカードローンです。

カードローンは申し込み条件をクリアすれば、職業問わずお金を借りられます。

大手消費者金融アイフルでは、現在仕事をしていればパート・アルバイト・契約社員・派遣でお金を借りられると明記されています。

Q,パート・アルバイト・派遣社員・契約社員でも契約は可能ですか?

A,現在お仕事をされている方であれば、お申込みいただけます。

引用:よくあるご質問|アイフル

即日で借り入れできるよう対応してくれる企業も多いので、急いでいる方にもおすすめ。

特に消費者金融カードローンは雇用形態に限らず即日融資を行ってくれるので、今すぐお金を借りたい方に向いています。

アルバイトでも借りられる消費者金融のメリット

アルバイトの人が消費者金融カードローンでお金を借りる際にメリットとなるポイントをまとめました。

消費者金融と聞くとマイナスなイメージを抱いている方も多いですが、正しい使い方をすればメリットが多い借り入れ方法です。

本来なら審査で不利に働きがちなアルバイトでも問題なく貸し付けてくれるのが消費者金融のいいところ。

悪いところばかりでなく、いいポイントも知っておきましょう。

アルバイトの人が消費者金融でお金を借りるメリット

  • アルバイトでも即日融資できる
  • Web完結型で申し込みしやすい
  • 学生アルバイトでも借り入れできる

消費者金融はアルバイトでも即日融資ができる

消費者金融カードローン最大のメリットは、即日融資ができることです。

申し込んだその日のうちに現金を受け取れるので、今すぐお金が欲しい方におすすめ。

申し込み後、オペレーターに電話をすると優先して審査してもらえるので、最短60分前後で融資してもらえます。

銀行カードローンは貸し倒れのリスクを考え、現在は即日融資のサービスを終了しています。

消費者金融カードローンの即日融資は、アルバイトだけでは生計が立てられず、生活費が不足している方にはありがたいシステムです。

消費者金融はWeb完結型で申し込みしやすい

消費者金融カードローンはネットやアプリでお金を借りることができ、申し込みしやすいこともメリットの1つ。

窓口や無人契約機に行く必要なく、Webやアプリのみで申し込みから契約まで完了します。

そのままアプリを使ってコンビニで借りられるので、自分の都合に合わせて好きなタイミングで申し込み・借り入れできます。

Web完結型の場合、契約に関する書類やローンカードが届かないので家族にバレる心配もありません。

家族に内緒で借りたい方、バイトの都合など、窓口での申し込みが難しい方は消費者金融カードローンがおすすめです。

学生アルバイトでもお金を借りられる消費者金融カードローン

学費や生活費などで何かとお金が必要な学生も、カードローンでお金を借りられるのでしょうか?

消費者金融では、学生でも毎月継続した収入があれば借入可能です。

学生がお金を借りることについて、アイフルでは以下のように「借り入れできる」と明言しています。

満20歳以上69歳までという条件を満たしていれば、学生の方でもお申込みいただけます。

引用:学生でもアイフルのキャッシングローンへの申込みはできる?

アルバイトなどで毎月収入があれば、本業が学生でも問題ありません。

その代わり、収入がない学生は消費者金融でもお金を借りられません。

親からの仕送りや奨学金は自分の稼ぎではないため収入と認められず、審査では「収入なし」と判断されてしまいます。

学生でお金を借りたいなら、まずはアルバイトを始めましょう。

消費者金融カードローンは学生も申込可能ですが、銀行カードローンは学生の扱いが違います。

銀行カードローンもパートやアルバイトで申し込みできますが、「学生はNG」と定めている銀行もあるので注意してください。

メガバンクや有名な銀行で学生が申し込めるかをまとめました。

銀行名 学生の申し込み
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ×
三井住友銀行のカードローン
楽天銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行 ×
イオン銀行カードローン ×

りそな銀行やイオン銀行は、アルバイトをしていて継続収入があっても学生は申し込みできません。

学生でお金を借りたいなら、アルバイトも学生もOKの消費者金融が最もおすすめです。

働き始めでも借りられる?消費者金融各社の対応まとめ

アルバイトを始めたばかりで収入がなく、お金に困っている方も多いでしょう。

アルバイトを始めたばかりだと、勤務期間が短く年収も見込みでしか分かりません。

審査で不利になってしまいがちな働き始めの申込みですが、審査に通るのでしょうか?

アルバイトの人へ積極的に融資している消費者金融3社に、働き初めの申し込みについて問い合わせてみました。

勤務1日目からも借りられるレイクALSA

レイクALSAにも同じように、勤務日数が少ない働き初めのアルバイトでも借り入れできるかを電話で問い合わせました。

レイクでも同様に、働き初めのアルバイトでも問題ないとの返答。

さらに、以下のような回答もいただきました。

レイクALSAでは、アルバイトの方でも借入可能です。
勤務日数は関係なく、極端に言えば今日から働き始めた方でも、職場に在籍していれば申し込みできます。

職場にさえ在籍していれば、まだ1日しか働いていなくても借り入れできるそうです。

働き始めてから日が浅くて不安な方は、レイクASLAで借り入れするといいでしょう。

申し込みに勤務に数は関係ないアイフル
アイフルぽっぽくんの画像

アイフルでは、公式サイト内で友人チャットを用いて問い合わせが可能です。

働き始めたばかりのアルバイトでも借り入れができるかを問い合わせたところ、「申込可能」と返答がありました。

カードローンの申し込みに勤務日数は関係なく、定期的に仕事をしていれば問題ないようです。

プロミスは在籍確認できればOK

続いてプロミスのコールセンターに問い合わせてみました。

アイフルのときと同じく「働き始めで勤務日数が少ないけれど、借りられるか?」と聞いたところ、以下のような回答が返って来ました。

実際に職場で働いているという確認(在籍確認)が取れれば可能です。

プロミスは、在籍確認さえ取れれば働き初めのアルバイトでも問題ありません。

電話連絡での在籍確認ができる環境のバイト先に勤めている方はプロミスがおすすめです。

アルバイトでもおすすめの消費者金融カードローン

大手から中小まで多くの消費者金融があり、それぞれの審査基準は違います。

その中でアルバイトの方におすすめのカードローンを4社ご紹介。

どのカードローンもアルバイトへの貸し付けに積極的で、即日融資に対応しています。

急いでお金を借りたい方はぜひ参考にしてください。

勤務日数1日でも申し込みできるレイクALSA

レイクALSA無人契約機
審査時間 最短30分
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短即日
無利息期間 最大180日間(初めての契約に限る)

働き始めの方にはレイクALSAの利用がおすすめです。

レイクALSAでは、定期的な収入がある20歳以上の方であれば、今日から職場に出勤する方でも問題ありません。

不安な方は電話で自分の現状を伝えて、借り入れ可能か確認してみましょう。

申し込みの意思がある場合、問い合わせの電話でそのまま借り入れの申し込みができます。

レイクALSAは5万円分の借り入れに対して、180日間の無利息期間が設けられます。

一時的な生活費の補填や、すぐに返済できる金額の借り入れは特にレイクALSAがおすすめです。

アルバイトの勤務日数に限らず借り入れできるアイフル

アイフル無人契約店舗
審査時間 最短25分
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)

アルバイトの方には、アイフルでの借り入れもおすすめです。

アイフルでは、アルバイトとして勤務していれば勤務日数に関係なく申し込みが可能です。

さらにアイフルは原則在籍確認の電話なし。

それなりに勤務が続いていれば、在籍確認なしのカードローンを利用できる可能性もあります。

アルバイトの場合、シフトが入っていない日に申し込むと自分で電話に出られない場合もあります。

在籍確認を避けたい方はアイフルに申し込むといいでしょう。

アイフルでは利用者の職種別に割合を発表しています。


引用:アイフル

アイフルの発表によると、借り入れを利用している全体の22.4%がアルバイト。

正社員に次いで2番目に利用者が多いので、アルバイトへの貸し付けも積極的であると分かります。

審査に通る自信がない方も、一度アイフルに申し込んでみるといいでしょう。

在籍確認が取れればアルバイトでも借りられるプロミス

PROMISE(プロミス)無人店舗
審査時間 最短30分
金利 4.5~17.8%
融資時間 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)

プロミスは審査通過率が比較的高く、アルバイトでも審査に通る可能性があります。

先ほども紹介したとおり、プロミスは在籍確認さえ取れればアルバイトでも借入可能です。

職場で実際に働いていて、在籍確認ができるならば勤務日数は問いません。

つまり、アルバイトで働き始めでも借りられる可能性があります。

他の大手消費者金融よりも少しだけ最高金利が低いので、返済しやすいのもポイント。

勤務日数に関わらず、とにかくお金が足りない、今すぐ借り入れしたい方はプロミスがおすすめです。

収入があれば低金利で借り入れできる三井住友カード カードローン

三井住友カードのカードローン
審査時間 最短5分
金利 1.5~15.0%
融資時間 最短5分
無利息期間

好条件での融資を希望している人は、三井住友カードのカードローンがおすすめです。

三井住友カードはクレジットカードを発行している信販系会社で、貸付条件はどちらかというと銀行カードローンに近いのが特徴。

毎月3~5万円以上の収入があれば、アルバイトでも三井住友カードのカードローンで借り入れできる可能性があります。

三井住友カードでは、最短5分で審査が完了するスピード審査も対応を始めました。

申込後最短5分で会員番号が発行され、専用アプリを通してその場ですぐに融資可能です。

審査時間や審査内容にもよりますが、素早く対応してもらえると消費者金融より早く借りられる可能性もあります。

アルバイトでも好条件で借り入れできるので、三井住友カードの利用を検討してください。

※ 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※ 最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

アルバイトでは銀行カードローンの審査に通りにくい

消費者金融カードローンがアルバイトにおすすめなのは事実。

ですがそれよりも、銀行カードローンがアルバイトの方に向いていないのです。

金利が低い銀行カードローンは借り入れ先として非常におすすめですが、アルバイトに対する審査が厳し目です。

年収が低かったり、勤続年数が短いと審査に落とされてしまう可能性があります。

申し込み自体はどの銀行も可能ですが、審査通過は難しいと考えるのが妥当です。

銀行名 アルバイト・パートの申し込み
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三井住友銀行のカードローン
楽天銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
りそな銀行
イオン銀行カードローン

銀行によっては学生NGの場合もあり、安定した収入があっても審査に対象にならない場合もあるのです。

アルバイトでも同じ職場に長く勤めていて、正社員に近い安定収入がある方は、銀行カードローンに挑戦してみてもいいでしょう。

ネット銀行カードローンならアルバイトでも利用しやすい

アルバイトで銀行からお金を借りたい人は、ネット銀行カードローンがおすすめです。

ネット銀行カードローンは店舗がないWeb上のみの銀行ですが、審査スピードが早く最短翌営業日に借入可能。

また、審査基準もメガバンクなどと違った独自の基準を持っているので、アルバイトでも安定した収入があれば積極的に審査を行ってくれます。

メガバンクよりカードローンの利用者が少ないので、顧客獲得のためにより多くのユーザーに前向きな審査をします。

アルバイトの方も借り入れできている印象があるので、金利も抑えつつなるべく早く借りたい方はネット銀行カードローンを利用しましょう。

数あるネット銀行の中でも融資スピードが早く、特典やキャンペーンも多い楽天銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンはアルバイトでも借り入れできる

楽天銀行スーパーローン
審査時間 最短翌営業日
金利 年1.9~14.5%
融資時間 最短翌営業日
無利息期間 なし

パートやアルバイトでは審査に通りにくい銀行カードローンですが、楽天銀行スーパーローンはアルバイトでも申し込みができると明言されています。

2012年2月1日より、パート・アルバイトでお勤めの方の「楽天銀行スーパーローン」へのお申込受付を開始させていただきました。

一定のご収入があればどなたでもお申込いただく事が可能です。

引用:「楽天銀行スーパーローン」パート・アルバイトの方のお申込受付開始について

雇用形態に関係なく、一定の収入があれば申し込みできるのが楽天銀行スーパーローンです。

消費者金融よりも金利が低く、楽天会員であれば審査が優遇される楽天ならではの審査基準もあります。

少しでも低金利で借り入れしたい方は、楽天銀行スーパーローンの申し込みを検討してもいいでしょう。

アルバイトの人がカードローン以外でお金を借りる方法

ここまでは、アルバイトでも素早くお金を借りられる消費者金融や銀行のカードローンについてご紹介しました。

カードローンは審査がある関係で、審査落ちの可能性を考慮して「使いたくない」と考える方もいるでしょう。

ここからは、アルバイトの人がカードローン以外でお金を借りる方法についてご紹介します。

中には審査なし、低金利で借り入れできる方法もあるので、アルバイトでお金を借りたいと思っている方は参考にしてみてください。

アルバイト代の前借りは法律違反になる可能性がある

借り入れと言うとイメージが悪い方も多く、躊躇してしまうでしょう。

借り入れするよりは、アルバイト代の前借りの方がいい、と感じる方もいるのではないでしょうか?

アルバイト代の前払いは問題ありませんが、前借りは法律違反になる可能性があります。

前払いと前借りの違い

アルバイト代の「前払い」は、自分が働いた分に対して給料日より前に支払いしてもらうこと。
「前借り」は、働くことを想定して、働いていない分の支払いをしてもらうことです。

例えば給料日が25日だとします。
15日の段階で、前給料日から15日までに働いた分を前払いしてもらえます。

しかし、15日の段階で16日~25日まで働く予定の分を事前に支払ってもらえません。

その理由は、労働基準法に違反してしまうからです。

労働基準法第一章第五条
使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

引用:労働基準法|法令検索

働いていない分の給料を先に払って、後日働かせる行為は、この「労働の強制」にあたります。

働き始めで働いた日数が少ない場合は、前払いしてもらえないかもしれません。

前払いの可否は職場によって違うので希望する方は相談してみましょう。

いずれにしても働いていない分の給料はもらえないので、前借りや前払いをあてにするのは難しいです。

親や友人からお金を借りるとトラブルになりやすいので注意

審査なし、無利子でお金を借りたい場合、親や友人にお金が借りられないか打診してみるのも1つの手です。

しかし、口約束などでお金を借りてしまうと、親しい仲でもトラブルに発展してしまう可能性があります。

早めに返済できる手立てがある場合、カードローンで借り入れした方が余計なトラブルにならず楽に済む場合も。

カードローンなどを利用するより手軽なイメージもありますが、よく考えてから借り入れをお願いしましょう。

高値の品物があればアルバイトでも質屋からお金を借りられる

ブランド物のバッグや時計など、価値のあるものを持っている場合は質屋でお金を借りるのも1つの方法です。

質屋とは、品物を預ける代わりにお金を借りられるお店のこと。

品物を担保にお金を借りるので審査が必要なく、職業や雇用形態は一切関係ありません。

質屋は無職でも借り入れできるので、アルバイトの人も当然借入可能です。

質屋でお金を借りるには、店頭に預け入れる品物を持っていき、査定してもらうだけ。

預け入れる品物の査定金額から、7~9割のお金を借りられます。

例えば10万円借りたい場合は、13~15万円ほどの価値がある品物を預けなければなりません。

手元に預け入れられる品物がある方は、質屋を頼ってもいいでしょう。

アルバイトでシフトが調整しにくくても、年中ほぼ休みなく運営している質屋が多いので利用しやすいです。

どうしても生活が困窮していたら公的融資制度を頼ろう

お金を借りる方法は、民間の企業から借りる方法だけではありません。

どうしても生活が困窮しており、お金がなくても困っているなら市役所からお金を借りられるかもしれません。

公的融資制度は雇用形態に限らず、生活の苦しい方が利用できます。

アルバイトを始めるまでの生活費が足りない方や、アルバイトを初めたけれど初任給までの生活が厳しい方などは利用を検討してみましょう。

主に利用できそうな公的融資制度は以下のとおりです。

制度名 借りられる人
緊急小口資金 新型コロナウイルスの影響で休業などをして緊急的かつ一時的に生活の維持が困難な人
生活福祉資金貸付制度 低所得者、高齢者、障がい者などがいて、生活の維持が困難な世帯

緊急小口資金はコロナウイルスの影響を受けて休業や失業をした方向けの制度です。

アルバイトなどが大量に解雇された影響を受けて生活の維持が困難になってしまった方は、緊急小口資金の対象になります。

生活福祉資金貸付制度は国が定めた基準に当てはまる低所得者などの世帯が利用できる制度です。

いずれも低金利または無利子で利用できるので、消費者金融などでお金を借りるよりも負担が少なく済みます。

しかし、これらの制度を利用できるのは生活が困窮しており、かつ消費者金融など民間の借り入れを利用できなかった方のみです。

ギャンブルや娯楽などのために利用はできないので注意しましょう。

アルバイトでカードローンの審査に落ちる人の特徴

「消費者金融カードローンはアルバイトでも借りられる」とご紹介していきましたが、口コミなどを見ていると「審査に落ちた」と書き込んでいる人も少なくありません。

アルバイトをしているのに審査に落ちてしまう人はどんな特徴があるのでしょうか?

なるべく審査に通過するためにも、カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴を見ていきましょう。

日雇いや単発バイトは審査に通りにくい

一口に「アルバイトで勤務している」と言っても、様々な勤務形態があります。

シフト制でお店などに勤務するアルバイトが基本です。

しかし、中には日雇いや単発バイトなど様々な職場を転々として働いている方もいます。

いずれも雇用形態は「アルバイト」で同じですが、単発や日雇いのバイトは勤務先がないと働けず、収入が安定しない場合も。

同じ店でずっと雇用されているわけではないので、月ごとに収入が変わる方も多いでしょう。

そのため、消費者金融や銀行では日雇いバイト・単発バイトで働いている人は「収入が安定しない」と判断します。
年収
年収が多くても月ごとの収入が安定しない日雇いや単発バイトでは、審査で不利に働いてしまうのです。

アイフルでは日雇いなどのバイトについて、以下のように見解を示しています。

日雇いや即日払いのアルバイトは収入が単発になるため、安定しているとは言えません。歩合制のような、毎月の収入金額に極端な差がある場合も同様です。

引用:アイフル

日雇いや単発で生計を立てている方は、一度通常のアルバイトで収入を安定させてみてください。

審査では「毎月一定の収入があること」が重視されます。

審査に通過する確率を上げるためにも、勤務形態を見直すのはとても大切です。

アルバイトでも在籍確認が取れないと審査に通らない

職場に電話をかけることで実際にそこで働いているか確認する在籍確認は、アルバイトでも基本行われます。

在籍確認の電話は本人が出なくても問題ありません。

別のスタッフが「〇〇は今いません」「〇〇はお休みを頂いております」など申し込み者がその職場に所属していると分かればOKです。

大手消費者金融は在籍確認時、会社名を名乗らず個人名で電話をかけてきます。

在籍確認の電話があっても職場にはバレにくいです。

アルバイトとして働き始めたばかりの場合、電話に出たスタッフが申し込み者を知らないと在籍確認に時間がかかってしまう場合もあります。

在籍確認について不安な点がある方は、事前に申し込んだカードローンのコールセンターに電話で連絡を入れましょう。

収入証明書があるなら在籍確認をなしにできる可能性がある

在籍確認は、その職場に所属していると分かれば問題ありません。

通常、電話での在籍確認を避ける場合、勤務している職場の社名や住所などが記載された収入証明書の提出で在籍確認を行います。

長期的に勤務している方や正社員として2ヶ月以上勤務している方は、給与明細や源泉徴収票などで在籍確認が可能です。

逆に言えば、アルバイトでも収入証明書を持っていれば在籍確認の電話を避けられる可能性が高いです。

給与明細や源泉徴収票を用意できる方は、電話での在籍確認を避けたいと伝えましょう。

そのときに収入証明書の提出が可能だと言えば、前向きに対応してくれます。

在籍確認の電話を避けたい方は、収入証明書を用意してください。

現時点で他社から借り入れがあるとアルバイトしていても借りにくい

アルバイトして数ヶ月以上勤続しており、収入も安定しているのに審査に通らない人もいます。

現在他社から借り入れがある人は、安定した収入があっても審査に落とされてしまう可能性が高いです。

他社から借り入れがある人で審査に通らない場合、原因は2つ考えられます。

①支払い能力が不足している

1つ目の原因は、支払い能力が不足している可能性です。

借り入れの審査では、借りたお金を返済する返済能力があるかを重点的に審査されます。

現時点で他社から借り入れがあると、毎月支払わなければならない返済額が増えます。

今の段階では返済できても、毎月の返済金額が増えると返済しきれない人も出てくるでしょう。

すると貸し付けたお金の返済が滞納され、最終的に貸し倒れのリスクが高まります。

こうしたリスクを避けるためにも、現在他社から借り入れがある人への貸し付けは慎重になります。

②総量規制を超える可能性がある

消費者金融からお金を借りる場合、総量規制の対象になります。

総量規制とは、「借り入れ合計が年収の3分の1を超えてはならない」と定める法律です。

例えば年収300万円の場合、合計100万円までしか借りられません。

現時点で80万円の借り入れがあり、追加で30万円の借り入れを希望すると、総量規制で定める100万円を超えてしまいます。

総量規制を超えると審査に通過できないので、他社からの借入金額と、自分の総量規制で定められた上限金額を確認しましょう。

過去に金融事故を起こしていると働いていても借りられない

アルバイトで安定した収入を得ていても、過去に金融事故を起こした人は審査に通りません。

金融事故に該当するトラブル一例は以下のとおりです。

  • 自己破産を行った
  • 債務整理を行った
  • ローンの支払を延滞、滞納した
  • クレジットカードの支払を延滞、滞納した

ローンの支払いは、住宅ローンやカードローンなどの支払いだけでなく、分割して支払っているスマホ料金なども含まれます。

これらの金融事故は、5~10年ほど信用情報機関に保管されます。

審査の際に金融事故の履歴が出てくると、貸し付けに消極的になるのです。

審査に通る条件が揃っているはずなのに通らない方は、過去に金融事故がなかったか確認しましょう。

申込情報に虚偽や間違いがある

申し込み時に入力する情報に間違いがあると、審査に時間がかかるだけでなく審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

中にはアルバイトではなく正社員と偽ったり、アルバイトで得た給料をかさ増しして記入したりする方を見かけることも。

しかし、カードローンの申込情報は信用問題に関わるのです。

嘘の情報を書いたとバレると、消費者金融や銀行内での信用が下がってしまい、審査で大きく不利に働きます。

多少条件が悪くても、申し込み時の情報は正確に、ミスがないように記入しましょう。

アルバイトの仕事内容は審査に影響しない

アルバイトには飲食店やアパレル、水商売など様々な業種があります。

これらの業種は、カードローンの審査に影響するのでしょうか?

結論から述べると、カードローンの審査に業種や職種は関係ありません。

記事内で何度も紹介している通り、審査で重視されるのは「安定した収入の有無」です。

アルバイトでも安定した収入があれば、職種は基本的に関係ありません。

「この職業じゃないから審査に通らない」といったことはないので、安定した収入がある方は申し込んでOKです。

アルバイトでも審査に通る確率を上げるポイント

次に、アルバイトの人が審査に通るためにチェックしておきたいポイントご紹介します。

お金を借りるためにアルバイトを探している方や、転職を検討している方にも抑えておいてほしい情報です。

アルバイトで借り入れを検討している方は、申し込み前に確認しておきましょう。

安定した収入が見込めるアルバイトを選ぶ

カードローンの申し込み条件に、「安定して収入がある」と明記されています。

この場合の「安定した収入」とは、毎月一定の稼ぎがあること。

毎月一定以上の収入があれば、アルバイトでも問題ありません。

重要なのは収入の金額だけでなく、「収入が一定である」ことです。

日雇いや短期間のアルバイトなど、毎月の収入が安定しないアルバイトでは、稼いでいる金額が高くても審査に通りにくいです。

今、日雇いや短期のアルバイトを渡り歩いている方は、なるべく安定した収入が見込める長期的なアルバイトに切り替えましょう。

頻繁にアルバイト先を変えない

カードローンの審査段階でその他に重視されるのが勤続年数です。

カードローンの申し込みでは、同じ職場に勤務している期間が長ければ長いほど有利になります。

これは正社員でもアルバイトでも同じ。

フリーターや学生など、アルバイトで生計を立てている方もなるべく同じバイト先に勤め続けた方がいいです。

これまである程度の収入があったのに審査に落ちやすかった方は、勤続年数で引っかかっている可能性もあるでしょう。

これからアルバイト先を選ぶ方や転職を検討している方は、なるべく長続きするバイトを選びましょう。

カードローンの借入希望額は最低限にする

カードローンの審査では、借入希望額が高いと審査に時間がかかります。

貸し倒れのリスクを考え、本当に返済できる能力があるか慎重に審査されるからです。

特にアルバイトの方は年収が少ないケースも多く、返済能力がないと判断される可能性もあります。

申し込み時の借り入れ希望額は、本当に必要な金額だけにしておきましょう。

滞りなく返済できれば、追加で借り入れできることも。

「年収200万円以下で20万円の借り入れが通った」という口コミを見かけました。

アルバイトでも20万円前後であれば問題なく借り入れできるようです。

アルバイトや働き始めでもお金は借りられる

アルバイトは正社員よりもステータスが低く見られてしまうのでお金を借りるのは難しいと思いがちです。

しかし、アルバイトでもお金を借りられるカードローンがあると分かりました。

事前に利用方法を学んで気をつければ、カードローンも怖いものではありません。

お金が足りない時など、緊急的に利用する分には便利なサービスです。

アルバイトだからといって諦めず、カードローンに申し込んでみることをおすすめします。