カードローン

SMBCモビットの審査で見られるポイントとは?通過率や条件、審査に落ちた人の口コミをチェック

SMBCモビットの審査について

電話連絡無しのWEB完結申込やTポイントサービス連携など、なにかと魅力が多いSMBCモビット。

SMBCグループのカードローンなので、なんとなく審査が厳しそうなイメージがあります。

一方で 、審査落ちしそうな条件なのに通過できたとする体験談もあるので、審査の甘さについ期待してしまいます。

もし審査に通過できるとしたら、融資までの流れはどのようになるのでしょうか。

今回はモビットの審査について、通過の難易度や所要時間など詳しく解説します。
注意点を把握して、少しでも審査に通過しやすい状況を整えましょう。

SMBCモビットの審査で見られるポイントは?

モビットの公式サイトでは、3項目の入力で融資の可能性を判断する「お借入診断」が行えます。

そこで入力するのは生年月日・税込年収・他社借入額のみ。

この時点でモビット内での条件をクリアできていれば「ご融資可能と思われます」、収入や他社借入額で引っかかりそうなら「判断できませんでした」、年齢が対象外なら「お借入ができません」と出ます。

具体的に、モビットの審査基準や申込条件はどのようになっているのでしょうか。

SMBCモビットで借入の申込ができる条件

モビットの申し込み条件は以下の2つです。

  • 年齢満20歳以上69歳以下
  • 定期収入がある方(派遣社員、アルバイト、パート、自営業も可)

年齢に関しては明確な条件が定められていて、19歳以下や70歳以上では申し込みも行えません。

年収の金額面では条件がなく、自身に定期収入があれば誰でも申し込めるので間口は広いと言えます。

ただし、他社ですでに借入れを行っている方は要注意。

貸金業法における総量規制では、総借入額は年収の3分の1以内に収める必要があります。

例えば年収300万円の方がすでに他社で計100万円借入れている場合、これ以上借入れはできないため審査の早い段階で落とされます。

SMBCモビットと他社の審査通過率を比較

申込条件はそれほど厳しくないモビットですが、審査に通過して融資を受けられる具体的な割合も知りたいですね。

実は、モビットでは審査通過率に関する数字は一切公表していません。

一方で、同じSMBCグループには消費者金融のプロミスがあり、こちらでは審査通過率を公表しています。

審査を行う会社は違いますが、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスはモビットの株主会社です。

経営方針にも影響を及ぼしている可能性があるので、そちらを参考にその他の消費者金融会社の審査通過率も併せて見てみましょう。

  2018年度 2019年度 2020年度 2021年度(~8月)
プロミス 45.2% 44.8% 37.9% 38.5%
アイフル 45.3% 43.7% 40.1% 35.3%
アコム 44.0% 43.6% 41.2% 42.1%

2021年度は8月までの平均値なのでこれから数字が上がる可能性もありますが、プロミスやアイフルは年を追うごとに審査通過率が低下しているのが目立ちます。

プロミスでは去年と今年で38%前後の審査通過率となっているので、この数字を目安として考えておきましょう。

独自の10秒簡易審査で事前に審査結果を把握できる

モビットの審査では、名前や住所、借入希望額などを入力すると10秒で簡易審査の結果が出ます。

たった10秒で結果が出るとはいえ、この簡易審査は先ほど紹介したお借入診断とは違い借入れに向けた本格的な審査です。

機械によるスコアリングでの事前審査になるので、試しにと適当に入力してはいけません。

もし誤った情報で事前審査に通過してしまうと本審査で悪影響が出るし、審査落ちすれば信用情報機関に記録される点にも注意が必要です。

簡易検査の段階ではまだ本人確認書類などの提出は必要ないので、所要時間5分程度で入力を完了できます。

審査に通った人・落ちた人の口コミをチェック

審査通過率など、公式での詳しい情報が無いモビット。

実際に審査を受けた人の口コミをチェックして、どんな人が通っているのか確認してみました。

モビットの審査に通った人の口コミ

7年前に自己破産経験あり。他社借入れ無しの状態でしたがプロミスは審査落ちしました。ダメ元でモビットにも10万円で申込んだら、希望額以上の限度額で審査に通って本当に助かっています。

年収200万未満で他社借入れが30万ありましたが、10万円の枠で審査通過しました。結果が出るまで30分と早く、その日のうちに振込で融資を受けました。

過去にいわゆるブラックリスト入りだった経験のある人や、年収200万円未満で他社借入れ有りの人など、一見条件が厳しそうでも審査に通過している人もいます。

どちらにも共通しているのが、希望額10万円と低めの額で申し込みを行っている点。

確実に返済してくれそうな額は、審査通過のために重要なポイントと言えるでしょう。

モビットの審査に落ちた人の口コミ

総量規制にひっかかってしまい審査落ちしました。お金は借りられませんでしたが、電話での問い合わせには丁寧に対応されて印象は悪くないです。

10秒審査では融資可能と出たのに、必要書類を出してからの審査で否決。結果が出るまで時間もかかったし、期待していたのにがっかりです。モビットはダメでしたが、銀行カードローンではあっさり借りられました。

もともと借りられる条件ではなかったり、本審査での審査基準に引っかかって審査落ちする人もいます。

なるべく審査落ちの可能性を低くするためにも、この後紹介する審査に通りやすくする方法は必ずチェックしてください。

SMBCモビットの本審査にはどれくらい時間がかかる?

モビットでは、10秒の簡単審査のあと本審査に入ります。

本審査では本人確認書類の確認が行われるほか、申込方法によっては在籍確認も行われますが、急ぎで融資を受けたい場合でも対応できるのでしょうか。

WEB完結の申込なら審査は最短30分

モビットでは最短で審査完了まで30分としているので、かなりスピーディーな審査が可能です。

なお、30分で審査完了できるのは平日19時までの申し込みに限られ、急ぎの場合は申込後にコールセンターに電話すればすぐに本審査が開始されます。

コールセンターの電話受付時間および審査結果の連絡は9時から21時としているので、この時間外に申し込みを行うと審査開始まで時間がかかってしまう点に注意しましょう。

カード申込なら手続き完了後最短3分出金できる

ネットから「カード申込」を行った場合も、最短30分で審査の結果が通知されます。

メールで通知を受け取った場合、そこに記載のURLから内容確認・会員登録手続きまで行えば融資可能な状態となります。

振込での融資なら受付から最短3分で振込可能なので、急ぎの方はこちらがおすすめです。

カードを使ってすぐに現金を手にしたい場合は、カードを郵送してもらうかローン契約機でカードを発行するかの2択となります。

ローン契約機での発行なら即日融資も可能で、近くにATMがある場合が多いのですぐに出金可能です。

SMBCモビットで即日融資を希望するときの注意点とは?

急ぎの審査に対応しているモビットですが、まず21時までに審査が完了しなければ即日融資は不可能です。

確実に即日融資を実現するためには、どのようなことに注意すれば良いでしょうか。

銀行振込の融資は手続きの時間に注意

振込融資の受付から実際に口座に入金されるまでの時間は、銀行の振込対応時間によって大きく変わる点に注意が必要です。

モビットでは、受付開始から振込までの時間について以下のように記載しています。

平日 0時~9時30分 9時以降または受付完了から最短3分
9時30分~14時50分 最短3分
14時50分~23時59分 翌金融機関営業日9時30分頃、または最短3分
土日祝日 終日

どの金融機関を利用していても、平日の14時50分までなら即日融資が可能です。

また、最近は大手銀行を中心に24時間振込に対応しているところも増えています。

例えば、ATMの利用手数料も無料になる三井住友銀行では、振込対応時間を原則24時間365日としています。

ただし、システムメンテナンスにより日曜21時から翌月曜7時まではネットバンキングが利用できません。

また、モビットのインターネットサービス「Myモビ」も毎週月曜日0時~7時はメンテナンスのためサービスを停止しているので、振込依頼ができない状態です。

他行でも三井住友銀行と同様に、日曜夜~翌月曜朝までシステムメンテナンスが入るケースが多いので、日曜の夜や月曜の朝にお金が必要な場合は早めの時間に振込依頼をしておきましょう。

土日祝日は平日以上に審査に時間を要する

モビットの審査は土日祝日問わず9時から21時まで行っています。

10秒審査は機械によるスコアリング判定ですが、本審査では書類や信用情報をもとに人が審査を行うので、人員が少ない土日祝日は予想以上に時間がかかる可能性も。

実際にモビットの公式サイトでは、最短30分で審査が完了するのは祝日を除く月~金までの19時までと明記されています。

また、給料日前の土日など金欠になる時期は申し込みが集中しやすいので、審査の順番待ちで時間がかかりがちです。

週末にお金を使う予定があるなら、なるべく平日中に審査まで済ませてしまうか、金曜の夜中に申し込みだけでも済ませておくとひとまず安心です。

勤務先が休日だと在籍確認ができず即日融資が不可能

カードローンの審査では、勤務先に在籍確認のための電話連絡を行うのが一般的です。

そのため、土日に申し込みをしても勤務先や休みで誰も電話に出られないと、そこで審査が止まってしまい即日融資が不可能となってしまいます。

ただし、モビットではWEB完結申込で以下の条件を満たすと、電話による在籍確認を無しにできます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている
  • 健康保険証は社会保険証or組合保険証である

上記の条件を満たした上で、審査では本人確認書類と収入を証明する書類、会社での在籍を証明する書類の提出が必要です。

  提出できる書類
本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート

いずれかの写し

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与証明書直近2カ月分+1年分の賞与明細書

上記いずれかの写し

勤務先を確認できる書類
  • 健康保険証
  • 給与証明書直近1カ月分

上記2点の写し

勤務先で社会保険に入っていれば、決して申し込みのハードルは高くありません。

書類さえ揃っていれば会社休業日でも審査が進められるので、急ぎの方や会社への電話を避けたい方はこちらを利用してみましょう。

SMBCモビットの審査に通らない人の特徴とは?

ダメ元だったけど審査に通った人がいる一方で、全く思い当たる節がないのに落ちた人もいます。

審査で通らない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

収入が不安定・働いていない人

モビットの申し込み条件は「安定した定期収入のある方」です。

アルバイトやパートであっても安定した収入があれば申込対象となり、審査に通過して融資を受けている方も多くいます。

ただし、働いていても収入が安定していなければ、延滞や貸し倒れのリスクが高まるので融資は避けられやすいです。

また、直前まで安定した収入があっても、現在働いていなければ申込の対象にはならず当然審査にも落ちます。

3社以上の銀行・消費者金融で借入をしている

他社での借入状況は、申込時に信用機関に情報照会されるので全て把握されます。

借入れ件数について審査への影響は明確に示されていませんが、一般的に3社以上から借入れをしていると審査が厳しくなると言われています。

複数の銀行や消費者金融から借入れを行っている人は、返済能力について不安な印象があり、すでに借入額が多額である場合も少なくないからです。

ちなみに、信用情報機関であるJICCでは一人あたりの借入れ件数について以下のようなデータを公表しています。

一人あたりの借入れ件数 人数
1件 674.5万人
2件 225.8万人
3件 82.1万人
4件 26.6万人
5件以上 9.8万人
合計 1,018.8万人

データ引用元:JICC|残高がある者の借入件数毎の登録状況(2021年8月現在)

このデータを元にすると、借入れがある人のうち88%が2件以内、96%以上が3件以内の契約です。

4件以上契約しているのは割合的にごく少数なので、かなり特殊な事情が考慮されない限り契約は厳しいと考えたほうが良いでしょう。

同系列グループで返済を延滞した経験がある

SMBCモビットはSMBCグループの一員であり、系列では他に消費者金融のプロミスや三井住友銀行のカードローン、クレジットカードの三井住友カードなどがあります。

もし系列グループのサービスや、保証会社がSMBCグループのサービスで延滞の経験があるとその情報は共有され、記録にも残り続けます。

延滞の経験がある人はグループ社内でブラックリスト入りしている可能性があり、それがいつまで残り続けるのかも明らかにされていません。

もし該当しそうなら、保証会社が他社のカードローンを優先的に検討するのが無難です。

クレジットカードなどの支払いで延滞経験がある

SMBCグループのサービスではなくても、延滞や踏み倒しなど金融事故を発生させていると、そのことが信用情報機関に記録されます。

この情報はほぼすべての金融機関で共有されているので、モビット以外のカードローンに申込んでも記録の照会でバレてしまうのです。

モビットが利用する信用情報機関では、延滞情報の保存期間について以下のように定めています。

  • CIC…延滞情報を契約期間中および契約終了後5年間保存
  • JICC…返済状況や取引事実に関する情報は契約終了後5年以内は保存

つまり、直近5年以内に延滞した覚えがある人は要注意です。

延滞の経験があると、どうしても返済能力を疑われて審査には不利に働きます。

もし覚えがなくて審査に落ち続けている人は、上記の機関に情報開示すると原因がハッキリする場合もあります。

申込の際に虚偽の申告をする

ここまで紹介してきたように、申込内容の確認や精査は情報機関なども利用して非常に慎重に行われます。

そのため、申込の内容と記録に残る情報に相違が合った場合、虚偽申告として審査落ちすることもあるのです。

もし虚偽申告のまま審査に通ってしまっても、契約後にバレれば契約違反として強制解約・全額返済を求められた上、いわゆるブラックリスト入りしてしまうので、避けましょう。

住所などの軽微な間違いは、虚偽申告にはあたらなくても審査が遅れる原因となるので、申込内容の入力は慎重に行いましょう。

勤務先への電話確認ができなかった

WEB完結申込以外の場合、勤務先への在籍確認は基本的に電話で行われます。

本人が電話に出たり、応対した人が「〇〇は席を外しております」など在籍していることを伺わせる返答があればスムーズに確認は完了しますが、要注意なパターンも。

「〇〇はおりません」と返答されてしまうと、在籍が確認できなかったとして審査落ちする可能性があるのです。

会社の個人情報保護方針からそのような返答になる場合もあるので、不安な方は申込後にフリーコールに電話して、書類提出や他の方法で替えられないか相談してみましょう。

SMBCモビットの審査に通りやすくするには?

審査に通りやすくするためには特別な準備は必要なく、無理な借入れをしないよう意識するのが重要なポイントです。

申込前に最低限の条件を揃え、申込時の設定で限度額の知識があれば審査に通る確率を少しでも上げることができます。

安定した収入を得る

確実に返済できる能力があるという信用を得るためには、安定した収入は必要不可欠です。

モビットの10秒診断では、年収を0にしない限り融資できる可能性があると表示されるため、年収よりも安定した収入が見込める状況が重視されると考えられます。

安定していると判断されるには、勤続年数も重要な判断材料です。

短い期間で職を転々とする正社員より、パートで勤続年数が長い人の方が安定性の面では評価されます。

転職して間もない人は、最低でも収入証明となる給与明細書2カ月分を提出できる状態にできると良いでしょう。

借入限度額を低めに設定する

初めての借入れでは、信用度が未知数のため借入限度額は低く抑えられがちです。

一般社団法人 全国銀行協会の銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告」では、実際に消費者金融を利用している人の現在の借入額について以下のように公表しています。

  • 1~10万円以下…30.6%
  • 11万~30万円以下…20.2%
  • 31万~50万円以下…16.6%
  • 51万~100万円以下…18.1%
  • 101万~200万円以下…8.7%

借入額が30万円以下の人が半数以上を占めており、少額の利用者が多いのが分かります。

最初から50万円や100万円など希望額を高額にすると、お金に困っている印象が強く審査での心象は消して良くはありません。

収入とのバランスにもよりますが、できる限り希望額を低めに抑えるのも審査通過のためのポイントと言えます。

もし多く借入れしたい場合は、少額の借入れから始めて信用を積み重ねてから、増額申請によって枠を増やすことを目指しましょう。

他社の借入も含めて希望額を年収の3分の1に収める

消費者金融からの借入れは、貸金業法により年収の3分の1までと定められています。

これは1社だけではなく消費者金融での借入れ全体の話なので、他社からすでに借りている人はその額も考慮する必要があります。

例えば年収300万円の人は、総量規制で100万円までしか借入れできません。

すでに他社で60万円の借入れがある場合、40万円を超える希望額で申込んでも、減額で通過か審査落ちになります。

総量規制を超える申し込みはお金に困っている印象しか与えないので、申し込みは必ず他社での借入れ+希望額が年収の3分の1に収めてください。

SMBCモビットの審査結果を調べる方法は?

モビットは最短30分で審査完了としているので、それより長い時間かかると審査状況や結果についていち早く知りたくなりますね。

審査結果を知るには、そのような方法があるのでしょうか。

審査結果は電話かメールで当日か翌日に通知される

審査結果は、こちらから問い合わせなくても電話もしくはメールで通知されます。

電話で申込んだ場合はオペレーターの個人名で電話がかかってきますが、メールの場合は迷惑メールに振り分けられていないかも確認しましょう。

早ければ当日中に結果が通知されますが、曜日や時間帯、審査状況によっては翌日以降になります。

審査時間は9時から21時としているため、この時間内に連絡がなければ審査結果は翌日に持ち越しと考えましょう。

会員専用サービスMyモビでも確認できる

電話やメールで結果通知を待つほか、申込時に登録したMyモビ内でも審査状況の確認が確認可能です。

公式サイト内では、申込ボタンの近くに「審査結果照会」のボタンがあるので、こちらからも審査状況を知れます。

Myモビでは振込融資の依頼や増額申請が行えるなどネット上から行えるので、アプリをダウンロードすればさらに便利に利用できるツールです。

ただし、メンテナンスのため毎週月曜0時から7時までは利用できなくなるので、急ぎの手続きがある場合はその時間までに済ませましょう。

SMBCモビットの審査で必要となる書類とは?

モビットでの審査では、本人確認書類のほか収入証明書類も提出します。

さきほど電話連絡なしのWEB完結で必要な書類はすでに紹介しましたが、通常の申し込みでも以下のような書類が必要です。

  提出できる書類
本人確認書類
  • 運転免許証(変更がある場合は裏面も)
  • 健康保険証(カード型は裏面も)
  • パスポート(2020年2月4日以降取得のものは不可)

いずれかの写し

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与証明書直近2カ月分+1年分の賞与明細書

上記いずれかの写しに加えて、自営業者は営業状況確認のお願いも必要。

少額の借入れだと収入証明書類は提出を求められない場合もありますが、準備しておくと審査がスムーズです。

SMBCモビットの審査から借入までの流れとは?

モビットでは、パソコンやスマホのほか電話やローン契約機、郵送でも審査を受け付けています。

それぞれの審査から借入れまでの流れを確認して、自分にぴったりの方法を見つけましょう。

カード発行で借入をする手順

パソコンやスマホからの申し込みで、入力項目が最小限の申込方法がカードを発行する「カード申込」です。

申込後に審査結果を電話かメールで通知され、審査に通過していたらそのまま入会手続きに入ります。

カード発行方法は郵送もしくはローン契約機で受け取りから選べるので、都合のいい方を選びましょう。

急ぎで現金が欲しい方でローン契約機が近くにある場合は、契約機での受け取りのほうが早いです。

郵送でカードを受け取った場合は、入会申込書や預金口座振替依頼書など、記入して返送が必要な書類も同封されています。

契約機でカードを発行した場合は、書類のみが郵送されます。

WEB完結で借入をする手順

WEB完結申込は審査結果がメールで届き、内容を確認後入会手続きに入ります。

カードレスとなり、契約後すぐに振込融資を受けることが可能です。

もし現金で欲しい場合は、銀行に振込後キャッシュカードで引き出しの手順となります。

審査時の電話確認が不要なだけでなく、契約書類など郵送物もないため手続きがスマートでスピーディーです。

ローン契約機から借入をする手順

三井住友銀行などにあるローン契約機からも、最短30分で審査完了できます。

契約機のタッチパネルで「SMBCモビット」を選択して申し込み、そこで本人確認書類なども提出。

その後、その場で審査項目の聴取がはじまり審査開始、場合によっては収入証明書など追加で書類の提出を求められます。

他の申込方法と違うのは、申し込み完了後にカードが発行される点です。

審査が完了したらメールで審査結果が通知され、入会手続きを済ませると借入可能となります。

スマホなどの電話から借入をする手順

ネット関係が苦手で契約機のタッチパネル操作にも自信がない場合は、フリーコールを利用した電話申込もあります。

こちらも最短30分で審査完了が可能で、審査には本人確認書類のほか収入証明書の提出も必要です。

電話による聞き取りと書類で本審査を行い、審査に通過できればカードは郵送もしくはローン契約機で受け取りとなります。

他の方法と同様に、返送が必要な書類が自宅に郵送されるので、しっかり手続きを完了させましょう。

郵送で必要書類を送付して借入をする手順

まずは、コールセンターに電話もしくは三井住友銀行で入会申込書を受け取ります。

必要事項を記入し、本人確認書類と収入証明書の写しを同封して書類を送付、審査結果はオペレーターから電話で行われます。

審査結果の通知後、郵送でカードが送られてくるのを待つか、契約機で受け取ることも可能です。

郵送は書類の到着に時間がかかり、証明書類のコピーもとらなくてはならいので最も手間と時間がかかる申込方法となります。

SMBCモビットの審査基準は他社と大差はない

モビットでは、安定した収入がある20歳から69歳までの人なら誰でも申し込み可能です。

審査通過率は明確にはされていませんが、特段に審査基準が厳しい・甘いといった条件はありません。

総量規制や年齢、信用情報の傷の有無などは、どの消費者金融でも必ず審査の重要項目となるので、ここがクリアできれば審査通過の可能性が高まります。

まずは審査落ちの原因となりそうなことを洗い出し、注意点をおさらいしてなるべく審査でのマイナス要因が少なくなるよう対策を行いましょう。