カードローン

初めてお金借りたい人におすすめの消費者金融まとめ!

急にお金が必要になってしまったときに便利なのが消費者金融のカードローンです。

審査のスピードが早く即日で対応してもらえるなど、メリットが多いですよね。

そんな消費者金融ですが、利用時に気をつけたいポイントや知っておくといい情報などがたくさんあります。

特に初めて消費者金融を利用する場合、わからないことが多くためらってしまう方も多いでしょう。

この記事は、今すぐ消費者金融でお金を借りたい方、初めて消費者金融を利用するにあたり不安を感じている方などに向けた情報ページです。

消費者金融に申し込む前に1度この記事をチェックしてみてください。

初めての人にもおすすめの大手消費者金融5選

消費者金融でお金を借りるなら、まず大手消費者金融を検討するのがおすすめです。

大手消費者金融は便利なプラットフォームが整っており、アプリなどを通してスマホ1つで借り入れできます。

融資スピードも早く、最短1時間ほどでお金を受け取れるのも嬉しいポイントです。

大手ならではのサービスも多いので、不安がある方や急いでいる方はまず、大手消費者金融を利用しましょう。

無利息期間を利用しやすいプロミス

PROMISE(プロミス)無人店舗
公式サイト https://cyber.promise.co.jp/Pcmain
審査時間 最短30分
金利 4.5~17.8%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)
審査通過率 47.3%

データ参照:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標

プロミスも比較的審査通過率が高く、初心者におすすめの消費者金融です。

プロミスは他の消費者金融と比べて少しだけ金利が低いです。

初めて利用する時や少額融資の場合は最高金利が適応されるので、より低金利でお金を借りたい方はプロミスがいいでしょう。

それだけでなく、プロミスは無利息期間が利用しやすいこともポイントです。

通常、他の消費者金融は契約が完了した日から無利息期間の日数が数えられます。

しかし、プロミスの場合実際に借り入れした日から無利息期間が始まります。

プロミスは無利息期間を有効活用したい方におすすめの消費者金融。

無利息期間内に返済できる目処がある方は特にプロミスがおすすめですね。

審査通過率が高い初心者におすすめのアイフル

アイフル無人契約店舗
公式サイト https://www.aiful.co.jp/
審査時間 最短25分
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)
審査通過率 48.0%

データ参照:決算データブック

アイフルは審査通過率48%を誇る、初心者におすすめの消費者金融です。

他の消費者金融と違い銀行のグループ傘下に入っていないアイフルは、独自の審査基準を持っています。

過去に借り入れの経験がある方、審査に不安がある方は特にアイフルがおすすめです。

アイフルは審査の早さが特徴で、最短25分で完了します。

実際にアイフルでお金を借りた方の中には、申し込みから1時間ほどでお金を受け取れた方もいます。

とにかく急いでお金が必要な方にも向いている消費者金融です。

Web完結で借りやすいアコム

アコム無人店舗
公式サイト https://www.acom.co.jp/
審査時間 最短30分
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)
審査通過率 44.0%

データ参照:マンスリーレポート|アコム

アコムは申し込みから借り入れまですべてWebで完結する便利な消費者金融です。

スマホで申し込みし、必要書類などもネット上でアップロード。

そのまま審査結果がメールで届くシステムになっています。

審査は最短30分と短く、家で待っているだけで契約まで完了できるのでとても便利です。

三菱UFJ銀行の傘下に入っているので、審査基準もしっかりしており信頼できますよね。

消費者金融にいいイメージがなく、不安に思っている方はメガバンクの傘下に入っているアコムを選ぶといいでしょう。

借入可能かどうかは公式サイトの3秒診断で診断してもらえます。

アコムの3秒診断画面

入力項目は年齢、現在の年収、現在の借入状況の3つ。

これらを入力するだけで、借り入れできるかどうかが分かるので便利です。

アコム3秒診断の結果画面

現在借り入れできるか不安な方、初めてで基準などがわからない方は1度利用してみましょう。

180日間利息ゼロのレイクALSA

レイクALSA無人契約機
公式サイト https://lakealsa.com/
審査時間 最短15秒
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大180日(初めての契約に限る)
審査通過率 非公開

レイクALSAのおすすめポイントは無利息期間が長いことです。

レイクALSAには3種類の無利息期間が設けられています。

無利息期間 30日 60日 180日
借入金額 200万円以上 1~200万円以下 5万円以下
申込方法 すべてOK WEBのみ すべてOK

まずは最も無利息期間が長い180日無利息の条件について見ていきましょう。

レイクALSAを初めて利用する方で、5万円以下の少額融資を希望する方は無利息期間が180日になります。

次に期間が長い60日間無利息は、Web申し込みからのみ適応されます。

レイクALSAを初めて利用する方で、Webから申し込んだ方が利用できるシステムです。

60日間無利息は、200万円以下の借り入れのみに適応されます。

200万円以上借り入れる場合は、Webから申し込んでも30日間無利息が適応されます。

これらの無利息期間は併用できないので注意しましょう。

180日あれば5万円返済できる方も多いと思うので、少額融資を希望している方はレイクALSAがおすすめです。

※初めてなら初回契約翌日から無利息
※無利息期間経過後は通常金利適用
※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ
※60日間無利息はWebで申し込みし、ご契約学が1~200万円の方
※Web以外で申し込みされた方は60日間無利息を利用できません

<レイクALSAの貸付条件>

融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング
ご返済期間/回数 最長8年/最大96回
必要書類 運転免許証、収入証明(契約額に応じて新生銀行ファイナンシャルが必要とする場合)
担保/保証人 不要

※商号:新生ファイナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9)第01024号

在籍確認なしで借りられるSMBCモビット

SMBCモビット無人店舗
公式サイト https://www.mobit.ne.jp/index.html
審査時間 最短30分
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大180日(初めての契約に限る)
審査通過率 非公開

SMBCモビットは消費者金融で唯一、在籍確認の電話なしで利用できる条件を公表しています。

在籍確認の電話なしで利用したい場合、Web完結での申し込みが必須です。

Web完結の申込方法を選択後、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 指定の口座を所有している
  • 本人確認書類が提出できる
  • 収入証明できる書類が提出できる
  • 勤務先を確認できる書類が提出できる

必要書類を揃えられれば、職場に電話がかかってくることなくお金を借りられるのです。

電話での在籍確認は、お金を借りる際の大きなデメリットとして感じている方も多いでしょう。

どうしても在籍確認の電話をかけてほしくない方、職場連絡が不安な方はSMBCモビットモビットの利用がおすすめです。

あなたにぴったりのカードローンを診断!

あなたにぴったりの
カードローンを診断!

AIスコアで借り入れの診断ができるJ.score

審査時間 最短即日
金利 0.8~15.0%
融資 最短即日
無利息期間 なし
審査通過率 非公開

J.scoreはみずほ銀行とソフトバンクが共同で立ち上げた会社です。

AIとチャット形式でやり取りをし、「AIスコア」を取得します。

このAIに自動で出されたスコアをもとに審査が行われるため、他の金融機関と少し審査条件が異なるのが特徴。

AIスコアは借り入れに必要な情報だけでなく、個人の生活や趣味、性格なども反映されています。

独自の基準で審査するため、他のカードローン審査で落とされてしまった方でも審査通過する可能性も。

大手金融機関で審査落ちした経験がある方、自分のスコアを可視化してみたい方におすすめです。

スマホに簡単チャージできるauPAYスマートローン

審査時間 最短30分
金利 2.9~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 なし
審査通過率 非公開

auPAYスマートローンは、申し込みから借り入れまでスマホ1つで完結します。

お金はauPAYに直接チャージする、登録口座に振り込んでもらう、コンビニATMで引き出すなどの方法で借り入れ可能。

特にスマホにチャージする方法は迅速に対応してもらえるので急いでいる方に向いています。

すでにauPAYに登録している場合、申し込み時の情報入力が短縮できるのもメリットです。

電子マネーをよく利用する方で、日々の生活費を補填したい方におすすめです。

手軽に借りて返せるLINEポケットマネー

審査時間 最短即日
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 なし
審査通過率 非公開

チャットや電話ツールとして誰もが利用しているLINEでもお金を借りられます。

LINEポケットマネーも他のカードローンと同じく、スマホ1つで借り入れが完結。

LINEペイにチャージする形でも、現金を引き出す形でも借りられるので使用用途に合わせて自由に選びましょう。

返済時はLINEで通知が来るので忘れることもありません。

すでにLINEアプリをダウンロードしている方は新しくアプリをダウンロードする必要もなく、手軽さも群を抜いています。

スマホだけで手軽にお金を借りたい人におすすめです。

大手消費者金融で審査落ちした人は中小消費者金融がおすすめ

大手消費者金融と違い、完全に独自の審査基準を持っている中小の消費者金融は、審査に受かりやすい傾向があります。

あまり知られていない企業が多いので不安に感じるかもしれませんが、信頼できる企業も多いです。

中小消費者金融のメリット・デメリットと、おすすめの中小消費者金融をご紹介します。

中小消費者金融を利用するメリット

まずは、中小消費者金融を利用するメリットから見ていきましょう。

大手消費者金融よりも審査に通りやすい可能性がある

中小消費者金融の大きなメリットは、比較的審査に通りやすい可能性があることです。

中小消費者金融は大手消費者金融と違い知名度が低く、顧客あまりいません。

顧客獲得のため大手消費者金融の基準では審査落ちしてしまう人でも審査を通す場合があります。

つまり、結果的に大手消費者金融よりも審査に通りやすく、お金が借りやすい印象を受けるのです。

アコムやアイフルなどの大手消費者金融で審査落ちしてしまった方は、中小消費者金融を利用するといいでしょう。

法律を順守している

大手消費者金融と違い、中小消費者金融の企業名を聞いたことがない方も多いでしょう。

そのため、激しい取り立てがないか、法外な金利で貸付されないか不安な方も多いですよね。

中小とはいえ、多くの消費者金融は大手と同じように貸金法を守って営業しています。

貸金業者は必ず各都道府県に登録を行わなければなりません。

中小消費者金融でもしっかり登録を行っており、Webページに登録番号などの記載がされています。

不必要な取り立てもなく、法律で定められた金利を守って貸し出してくれているので大手消費者金融と同じように利用できます。

中小消費者金融の見極めが難しい方は、この後紹介するおすすめの中小消費者金融を選びましょう。

中小消費者金融を利用するデメリット

メリットを多く感じる中小消費者金融ですが、利用時に気を付けたいデメリットもあります。

中小消費者金融の利用を検討している方はチェックしておきましょう。

最高金利が高い

大手消費者金融の場合最高金利が18.0%に設定されていることが多いです。

しかし中小消費者金融の場合大手と比べて顧客が少ないため、金利が高く設定される場合もあります。

大手は利用者が多く、ある程度の金利で採算が取れていても、中小消費者金融ではそれが難しいからです。

中小消費者金融の場合、最高金利が19.0~20.0%の業者も少なくありません。

審査の甘さよりも金利の低さを重視したいのであれば。大手消費者金融を利用したほうがいいでしょう。

サービスが大手消費者金融に劣る

もう1つのデメリットはサービス面です。

大手消費者金融は企業が大きく利用者も多いので、無利息期間やアプリでの借り入れなど便利なサービスが充実しています。

それに対し中小消費者金融は、大手に比べるとサービスが不足しているように感じる方もいるでしょう。

どうしても大企業と同じサービスを提供するのは難しく、便利さで劣ってしまうことがあります。

中小消費者金融は「サービスは二の次でとにかくお金が借りられればいい」という方におすすめです。

おすすめの中小消費者金融3選

貸金業法を守って運営しているおすすめの中小消費者金融をご紹介します。

中小消費者金融の利用を検討している方は参考にしてください。

ベルーナノーティス

審査時間 最短30分
金利 4.5~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大14日
審査通過率 非公開

ベルーナノーティスは専業主婦への貸し付けに対応しています。

通常消費者金融では一定の収入が申し込みの条件になるので、専業主婦はお金を借りられません。

しかしベルーナノーティスでは、配偶者に収入があれば本人が働いていなくても借り入れ可能です。

中小消費者金融の中では金利やサービスが大手に近く、比較的利用しやすいのがポイント。

お金を借りたい専業主婦や、大手に近い感覚で利用したい方におすすめです。

いつも

審査時間 最短30分
金利 4.8~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大60日
審査通過率 非公開

「いつも」も中堅消費者金融ながら、大手とほぼ変わらない充実したサービスを受けながら利用できます。

最高金利は大手消費者金融と変わらない18%で、無利息期間も設けられているのが特徴です。

いつもの無利息期間60日は、いつもで初めて借り入れする方で、60万円以上の契約が条件になります。

60万円以上の借入希望の方は、アコムやアイフルなど大手消費者金融よりも60日無利息のいつもがおすすめです。

セントラル

審査時間 最短30分
金利 4.8~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日
審査通過率 非公開

セントラルは完全Web完結での契約が可能です。

店頭へ出向かずお金を借りられるので、近くに店舗がない方にもおすすめ。

中小消費者金融でWeb完結できる企業は増えてきていますが、まだ多くはありません。

Web安定したシステムで借り入れしたい方はセントラルを利用するといいでしょう。

ただし、セントラルは繁忙期になると審査に時間がかかり、融資が翌日になることもあります。

即日で借り入れしたい方は、セントラル以外の即日対応消費者金融を利用しましょう。

審査に通りやすい消費者金融は?審査通過率をチェック!

お金を借りる際、必ず審査が必要になります。

この審査に落ちてしまうとお金が借りられないので、なるべく審査に通りやすい消費者金融で借り入れしたいですよね。

なるべく審査に通りやすい消費者金融を選ぶ場合は、審査通過率をチェックしましょう。

審査通過率とは、申し込みをした人数に対し審査に通った割合を数値化したものです。

中には審査通過率を公表していない金融機関もありますが、大手消費者金融の審査通過率は以下の通り。

アイフル 48.0%
プロミス 47.3%
アコム 44.0%
レイクALSA 非公開
SMBCモビット 非公開

大手消費者金融の中で1番通過率が高いのはアイフルです。

他の消費者金融と違い、アイフルは銀行などと提携しておらず独自の審査基準を有しています。

基本的にどの金融機関も、初めてお金を借りる方は審査に通過しやすい傾向があります。

今回初めてお金を借りる方は、審査通過率をあまり気にせずその他の条件を優先して選んでもいいでしょう。

そもそも消費者金融って何?貸金業者について詳しく知ろう

アイフルやプロミスなど、「消費者金融」と呼ばれる企業はそもそも何なのでしょうか?

消費者金融とは、個人向けに融資を行う貸金業者のことです。

借りたお金の使い道は決められておらず、借り入れした個人の目的に合わせて自由に使用できます。

お金を貸すことに特化した企業なので、即日融資や1時間以内の審査など、顧客がなるべく早くお金を手に入れられるサービスを展開しています。

消費者金融のメリット

  • お金の使い道が決められておらず、自由に使える
  • 最短即日で融資可能
  • 連帯保証人や担保なしでお金を借りられる
  • 提出書類が少ないので手続きが楽
  • 周りにバレずにお金を借りられる
  • Webのみで手続きを完結させられる

消費者金融のデメリット

  • 金利が高い
  • 返済に時間がかかる

消費者金融はとても簡単にお金が借りられて便利ですが、その分デメリットも。

貸金業者は個人にお金を貸すことを商売にしているため、金利が高めに設定されています。

借り入れする金額が高いと返済しきれなくなってしまう可能性があるので、借り入れは必要最低限にとどめましょう。

消費者金融は借りたら終わり?怖い噂の真実

よく、「消費者金融でお金を借りたら人生終わり」などと書かれているのを見かけます。

お金を借りると法外な金利を要求されたり、取り立てに遭うなどマイナスなイメージを抱いている方も多いでしょう。

しかし、貸金業法を遵守している企業であれば違法行為をされることはありません。

貸金業法では貸し付け時の金利が最大20.0%と定められており、これを超える金利は違法とされます。

そのため正規の消費者金融では、必ず最高金利が20%以下に設定されているのです。

これは2010年度の法改正で定められ、それ以前より約10%も引き下げられました。

また、債権の取り立て時は人を脅かす、困らせるなどの過度な取り立てが禁止されています。

この記事で紹介しているような法律を遵守した消費者金融では、皆さんのイメージにあるような過度な取立てはありません。

消費者金融でお金を借りる際に知っておくべきこと

消費者金融は即日で手軽にお金を借りられて便利ですが、同時に気を付けなければならないこともあります。

中には、知っておかないと希望通り借り入れができない情報も。

消費者金融での借り入れを検討している方は一度チェックしておきましょう。

消費者金融は総量規制対象なので注意

消費者金融での借り入れは、総量規制の対象になります。

総量規制とは?

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:総量規制について|日本貸金業協会

簡単に説明すると、「借り入れの合計が年収の3分の1を超えてはならない」という法律です。

お金の貸しすぎによる貸し倒れを防ぐために、2010年に完全施行されました。

いくつかの消費者金融で借り入れがある場合、その合計が年収の3分の1を超えてはなりません。

1度もお金を借りていない人や、過去借りていたお金を完済した方であれば問題ありません。

現在多数の消費者金融で借り入れがあり、追加で借り入れを希望する方や、多額の融資を希望する方は注意が必要です。

総量規制に引っかからないか、自分の年収と借り入れ状況を確認してから申し込みましょう。

現在借り入れがある場合は、おまとめローンを利用するのもおすすめです。

未成年は消費者金融を利用できない

未成年でお金を借りたい方も多いでしょう。

しかし、消費者金融では申し込みに年齢制限が課されています。

その多くは20歳以上からで、基本的に未成年は利用できません。

消費者金融名 借入可能年齢
アイフル 満20歳~満69歳まで
プロミス 満20歳~満69歳まで
アコム 満20歳以上
レイクALSA 満20歳~満70歳まで
SMBCモビット 満20歳~満69歳まで

利用年齢は各消費者金融ごとに任意で定められていますが、大手消費者金融はすべて20歳からになります。

未成年でお金を借りたい場合は、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用するのがおすすめです。

成人済みであれば学生でもお金を借りられる

消費者金融での借り入れは、20歳以上であれば学生でも申し込みできます。

社会人よりも返済能力が低いと判断される可能性が高いので、希望金額は低めに申し込むといいでしょう。

審査の際に重視されるのは返済能力の有無なので、学生でもアルバイトをしている場合審査で有利に働きます。

消費者金融は借りたお金の使用用途が自由。

学費や教材費だけでなく、交際費や生活費など「今月少しピンチかも!」というタイミングでも活躍します。

専業主婦は消費者金融でお金を借りられる?

消費者金融は借り入れする際の条件に「一定の収入がある」と挙げられています。

専業主婦の場合収入がないため、大手の消費者金融では借り入れができません。

専業主婦が借り入れできるかどうかは企業によって変わるので、専業主婦に対応しているか事前に調べてから申し込みましょう。

女性向けのレディースレイクなどもありますが、こちらも専業主婦は審査対象にならないので注意しましょう。

レディースレイクの場合、申し込み時に仕事についていることが重要です。

中堅消費者金融のベルーナノーティスでは、専業主婦の借り入れにも対応しています。

また、未成年の場合と同じようにクレジットカードのキャッシングは専業主婦でも利用可能です。

使いやすさなどを考え、消費者金融を使うかクレジットカードのキャッシングを使うか検討してもいいでしょう。

消費者金融はパートやアルバイトでも借り入れできる

消費者金融は一定の収入があれば借り入れ可能です。

正社員ではなく、パートやアルバイトでも一定の収入があるとみなされ、借り入れの対象内になります。

しかし、日雇いなど収入が安定しないアルバイトは「一定の収入がある」と判断されない場合があります。

日雇いで審査に落ちてしまった方は、パートやアルバイトでもいいので定職に就くと結果が変わるかもしれません。

また、中小消費者金融では1年以上継続して勤務していることが条件になっている場合があります。

定職に就いていても勤務期間が短いと審査に落ちてしまう可能性があるので、借り入れしたい消費者金融の条件を詳しく確認しておくといいでしょう。

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

カードローンには、今回紹介した消費者金融の他に銀行カードローンがあります。

借り入れ先が銀行になるので、消費者金融とは借り入れ条件やサービスなど違います。

消費者金融と銀行、どちらのカードローンを利用すべきかは、求める条件によって変わるでしょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローンどちらがいいのか、比較してみました。

消費者金融 銀行
審査時間 最短25分~ 最短翌日
融資までの時間 最短60分~ 最短翌日
無利息期間 あり なし
金利 3.0~20.0% 1.5~15.0%
総量規制 あり なし

消費者金融は金利が高い代わりに即日融資可能なスピード感が魅力です。

それに対し銀行カードローンは、審査に時間がかかる代わりに低金利で利用できます。

どちらにもメリットがあるので、スピードを重視したいか、金利を重視したいか考えて選ぶといいでしょう。