お金借りる条件版

今すぐ5万円借りたい人!審査なしで少額融資できる方法

今日中に5万円借りたいとき使えるカードローンと審査なしで借りる方法

「今日中に5万円借りたい」「今すぐお金が欲しい」と考えている人は、カードローンを検討してみましょう。

カードローンは申し込みから審査まで時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、5万円程度であれば即日借入が可能です。

また審査なしでお金を借りられる方法もあるので、すぐに5万円が必要な人はぜひ参考にしてください。

今すぐ5万円借りたい人へ!

目次

どうしても5万円必要なら消費者金融カードローン

様々な事情で今すぐ5万円借りたいなら、消費者金融カードローンの利用が最もおすすめです。

お金借りる際、真っ先にカードローンを思い浮かべる人も多いでしょう。

カードローンは消費者金融と銀行の2種類があります。

今すぐお金を借りたい人は、即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。

消費者金融カードローンは即日での融資が可能で、金額も自由に決められます。

限度額の範囲内なら1万円から借りられるので、「5万円だけ借りる」と決めている人でも利用しやすいでしょう。

また、消費者金融は申し込みから融資までが最短当日で完了します。

5万円を即日融資したいなら消費者金融カードローンがベストです。

お金の受け取り方法も簡単で、ATMで手軽に引き出せたり24時間振込してくれる即日融資のカードローンもあります。

各銀行によって振込可能時間が異なるため、自分が持っている口座が何時まで振込可能なのか確認しておきましょう。

ただし、即日融資可能なカードローンであっても、時間帯によって入金が翌日になってしまうケースがあります。

特に急いで5万円借りたい人は、申し込むタイミングに気を付けてください。

低金利で返済しやすいため、審査に時間がかかっても問題ない人は銀行カードローンもおすすめです。

ただし3万円、5万円といった少額で借りられない銀行カードローンもあるため、今すぐ5万円を借りたい人にはあまり向いていません。

5万円借りたいだけでも審査なしのカードローンはない

「今すぐ5万円借りたい」と思った時、気になるのは審査の有無です。

審査は時間がかかるイメージもあり、「審査に落とされたら借りられない」といった不安を抱く人もいるでしょう。

即日お金を借りる事ができれば嬉しいですが、今は基本どこでお金を借りるにも審査が必要です。

たった5万円かりるだけでも、必ず審査が行われるので注意してください。

ただ、消費者金融では、早く借りたい人のために審査スピードを上げています。

最短25分で5万円借りられる可能性があるので、審査にチャレンジしてみましょう。

安定した収入があり、申込条件をクリアできる人なら誰でも借りられる可能性があります。

今すぐ5万円借りたいときにおすすめのカードローン

消費者金融や信販系のカードローンは今すぐ5万円借りたいときに最適なサービスを提供しています。

一口にカードローンと言ってもそれぞれ特徴があり、どれを選んでいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

ここからは5万円の少額融資に対応していて、即日融資が可能な大手消費者金融カードローンを6種類紹介します。

プロミス アイフル レイクALSA 三井住友カードのカードローン アコム SMBCモビット
借入限度額 1~500万円 1~800万円 1~500万円 10万円~900万円 1万円~800万円 1万円~800万円
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 4.5%〜18.0% 1.5%~15.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
審査時間 最短15秒事前審査※1 最短25分※2 最短15秒 最短5分※3 最短30分 最短30分

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※1 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

※2 WEB申込の場合
※2 お申込の状況によってはご希望に添えない場合がございます。

※3 最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※3 最短5分発行 受付時間:9:00~19:30
※4 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフルは即日融資可能で5万円借りやすい

アイフル無人契約店舗
公式サイト https://www.aiful.co.jp/
審査時間 最短25分※
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)

※WEB申込の場合
※お申込の状況によってはご希望に添えない場合がございます。

アイフルはテレビCMや電車の広告でもよく見かける有名な消費者金融です。

アイフルも最短25分の審査で即日融資可能。
今すぐ5万円必要なときでも対応してくれるので、緊急性が高い人におすすめです。

Webで申し込んだ後、電話をかけると優先して素早く審査をしてくれます。

アイフルはネットでお金を借りる事ができ、スマホ1つで申し込みから融資まで可能です。

すべてWebで完結するので書類が自宅に届かず、家族にバレるリスクも減らせます。

30日間無利息のため、すぐに返済できれば利息も一切かからず5万円借りられます。

SMBCモビットはWEB完結・電話連絡なしで借りられる

SMBCモビット無人店舗
公式サイト https://www.mobit.ne.jp/index.html
審査時間 最短30分※
金利 3.0~18.0%
融資 最短即日※
無利息期間

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは申し込みから融資までがWeb完結するカードローン。「店舗に行くのが面倒くさい」と悩んでいる人にぴったりです。

最短1時間※で借り入れでき、スピードの面でも他の大手金融カードローンに引けを取りません。

また、SMBCモビットはWeb完結なら電話連絡なしで借り入れが可能です。

WEB完結で申し込みすると、収入証明書(直近2ヵ月分)を提出すれば勤務先への電話連絡不要で、誰にも気づかれずに5万円借りられます。

より早く融資を受けたいならWEB完結がおすすめ。WEB完結で申し込んだ人は、最短3分で銀行口座に振込可能です。

SMBCモビットのWEB完結を利用するには2つの条件を満たす必要があります。

条件が満たせないと在籍確認の電話がかかってきてしまうので気をつけましょう。

1つ目の条件は下記のいずれかの銀行口座を持っていること。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

2つ目の条件は、社会保険証(国民健康保険証は不可)の提出です。

自分の保険証が社会保険証なのか国民健康保険証なのか分からないときは、保険者番号を見てみましょう。

保険者番号が8桁なら社会保険証、6桁なら国民健康保険証です。

指定銀行の口座と社会保険証を持っている人は、SMBCモビットで今日中に5万円借りられる可能性があります。

レイクALSAは5万円以内の融資なら180日間金利ゼロ

レイクALSA無人契約機
公式サイト https://lakealsa.com/
審査時間 最短15秒
金利 3.0~18.0%
融資 Webで最短60分融資も可能※1
無利息期間 最大180日間(初めての契約に限る)※2

※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※2 初めてなら初回契約日から無利息
※2 無利息期間経過後は通常金利適用
※2 30日間無利息、60日無利息、180日間無利息の併用不可
※2 ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみになります
※2 契約額1万円~200万円まで

30日間無金利キャンペーンを実施している消費者金融が多い中、レイクALSAは5万円以内の融資なら180日間金利ゼロ。※2

レイクALSAで初めて借り入れする人限定ですが、少額融資に最適な特典です。

180日間あれば5万円完済するのも難しくないでしょう。

180日以内に完済できれば利息0円で借入可能です。

仮に借り入れたお金を180日以内に完済できなくても、無利息期間後は通常の金利に戻るだけ。

無利息期間で発生するはずだった利息を支払う必要はないため、返済時の負担を大きく軽減できます。

無利息期間は初回契約翌日からスタートするため、無駄なく活用したければ契約直後にすぐ借り入れしてください。

借り入れたお金をいつ完済できるかを考え、逆算して申し込みしましょう。

プロミスは無利息期間を使いやすい

PROMISE(プロミス)無人店舗

審査時間 最短15秒事前審査※1
金利 4.5~17.8%
融資 最短30分※2
無利息期間 最大30日間(初めての契約に限る)

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※1 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

※2 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

プロミスはWebから申込可能で、24時間いつでも融資してもらえます。

プロミスのおすすめポイントは2つ。
まず1つ目は、他の消費者金融に比べて金利が少し低いことです。

初めて借りる場合や5万円だけ借りる場合は、最高金利での貸し出しとなります。

プロミスは金利が17.8%と、他の消費者金融よりも少しだけ低め。

ほんの少しの違いですが、金利が低いと返済時の負担を軽減させられます。

2つ目のポイントは無利息期間の開始タイミングについて。

通常、無利息期間は申込日の翌日から30日です。

しかしプロミスの場合、無利息期間が借入日の翌日から30日に設定されています。

今すぐ使わない人でもしっかり30日間の無利息期間を利用できるので、使い勝手がいい消費者金融です。

低金利で利用できる三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードローンの公式キャプチャ

審査時間 最短5分※1
金利 1.5~15.0%
融資 最短5分※1
無利息期間

アイフルやプロミスは消費者金融ですが、三井住友カードのカードローンは信販会社が提供しています。

信販会社はクレジットカードを発行する会社で、消費者金融とは扱いが違うため金利や審査時間が違います。

三井住友カードのカードローンは最大金利が15.0%と、消費者金融より低く設定されているのが最大の魅力。

より低金利でお金を借りたい人におすすめのカードローンです。

三井住友カードのカードローンは、審査時間最短5分※1とトップレベルの審査スピードを実現しています。

最短5分※1で会員番号が発行されるので、アプリ経由ですぐに借入可能です。

低金利で、なるべく早く5万円借りたい人は三井住友カードのカードローンを選びましょう。

※1 最短5分発行は、新規契約時点でのご利用枠は50万円でのお申込みとなります。
※1 最短5分発行 受付時間:9:00~19:30

5万円借りたいなら消費者金融カードローンがおすすめな理由

消費者金融カードローンには、銀行カードローンにはない魅力が多くあります。

今すぐ借りられるスピード感だけでなく、利便性が高いのも消費者金融のメリットです。

5万円借りるなら消費者金融カードローンの魅力を存分に生かして、即日融資を目指しましょう。

消費者金融で5万円借りるメリット

  • 即日融資可能
  • 少額融資なら審査に通りやすい
  • 年収が最低15万円あればOK
  • アプリを使ってスマホで取引を完結できる
  • コンビニで5万円借りられる
  • 無利息期間内の返済で利息0円
  • 在籍確認なしで借りられるカードローンもある

最短25分の審査で即日融資が受けられる

大手消費者金融カードローンは審査が速く、即日融資に対応しています。

今日中に5万円借りたい人は消費者金融カードローンが最適です。

消費者金融カードローンの審査は最短25分。

中には最短15秒で事前審査を行ってくれるカードローンもあり、申し込みから審査結果が分かるまでの時間は短縮されています。

申し込みから融資まで最短25分で完了する場合もあり、すぐにお金が必要なときの強い味方です。

ただし、即日融資を受けるための申込方法には注意点が2つあります。

1つ目は申し込みの時間帯。いくら即日融資と言っても、審査対応時間外に申し込むと審査が翌日以降にずれこみます。

例えばアコムを利用する場合、遅くても19:00までに申込完了しておくのが理想です。

さらに口座振込で融資を受け取りたい人は、自分の銀行口座の振込時間が何時までなのかも考慮しましょう。

2つ目の注意点は、Webから申し込むときに間違った情報を入力しないこと。

勤務先の住所を入力し間違える単純ミスや、年収を実際よりも多く申告する虚偽の入力があると審査に時間がかかります。

最短で融資を受けたいなら、正確な情報を間違えずに入力してください。

5万円ほどの少額融資ならば返済が滞る可能性が低く、審査にそれほど時間はかかりません。

申込時間帯と入力ミスに注意して、消費者金融カードローンの即日融資を目指しましょう。


5万円程度の少額融資なら審査に通りやすい

消費者金融カードローンでは、5万円程度の少額融資を希望する方が比較的審査に通りやすいと言われています。

理由は、借入金額が低いと返済できなくなるリスクが低いからです。

例えば友人が「100万円貸して」と頼んできた場合、本当に返してくれるか不安になります。

一方「1万円貸して」と頼まれれば、それほど悩まずに渡せるはずです。

消費者金融カードローンでも少額融資なら審査通過しやすく、高額融資だとハードルが上がります。

30万借りたいといった場合、期間によって月々の返済負担は1万円を超えますが、5万円であれば返済は毎月1,000円~4,000円程度。

アルバイトやパートでも無理なく完済できると判断されるので、雇用形態に関係なく審査通過の可能性が高くなります。

借入金額が50万円を超えると収入証明書の提出を求められ、年収を細かく確認されますが、5万円なら収入証明書は必要ありません。

年収が少なくても審査でマイナス評価になりにくいので、審査に通過しやすいと考えられます。

もちろん審査に通りやすいと言っても、信用情報は調べられます。

過去に延滞しており信用情報に傷がついる人や、安定収入がない人は審査に落ちる可能性があるので注意しましょう。

年収が最低15万円あれば5万円借りられる

消費者金融カードローンの申込条件は、「安定した継続収入がある人」と定められています。

お申込いただける方の条件は、年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

引用:お申込条件と必要書類|プロミス

安定した継続収入とは、毎月だいたい同じ金額ずつ収入がある状態を指します。

申込条件を見ると分かる通り、年収に指定はありません。

ただし、消費者金融は総量規制の対象外なので注意が必要です。

総量規制とは、借入金額を年収の3分の1までに制限する貸金業法の1つです。

返済能力を超えた貸し付けを防ぐため定められています。

総量規制に則ると、5万円借りるためには最低でも年収15万円必要です。

逆に考えれば、毎月15,000円ほど収入があれば、5万円借りられます。

お小遣い稼ぎ程度のアルバイトでも5万円借りられるので、借り入れのハードルは高くないでしょう。

アプリを使った取引で申し込みから借り入れまでスマホ1つ

消費者金融での借り入れは、手続きや管理が面倒なイメージを持っている人も多いでしょう。

5万円だけの借り入れでも、数十万円の借り入れを行う際と同じ手続きが必要です。

できる限り面倒な作業を簡略化させたい人におすすめなのが、アプリでの借り入れ。

大手消費者金融では、それぞれサービスを充実させたアプリを提供しています。

消費者金融のアプリで行える主な手続きは以下の通りです。

  • カードローンへの申し込み
  • 借り入れ
  • 返済
  • 返済金額、返済日の変更
  • 借入残高の確認
  • 返済日の確認

消費者金融によって利用できるサービスは異なりますが、基本的に申し込みから返済まで一連の手続きが行なえます。

ほとんどの操作をスマホのみで終えられるため、利便性が高いです。

また、契約内容や利用明細もアプリで確認できるため、借り入れの管理が難しくありません。

5万円だけの借り入れだからこそ、面倒な管理を避けたい人におすすめです。

借りた5万円をコンビニで受け取れる

カードローンのメリットは、手軽にコンビニATMから借り入れできることです。

大手消費者金融では提携ATMが多く、その中にコンビニのATMも含まれています。

全国どこでも借り入れができるので非常に便利です。

今すぐ5万円必要な人でも、Webで契約後すぐに近くのコンビニで借り入れできます。

Web完結型での申し込みを選べば、アプリを通してATMから5万円借りられます。

スマホを持ってコンビニに行くだけで、必要な時に5万円現金で受け取れるのは大きなメリットでしょう。

近くに消費者金融の店舗がなくても、問題なく借入可能です。

カードローン会社によっては無利息期間内の返済で利息0円

カードローンを利用してお金を借りると、元金に利息を追加して返済しなければなりません。

例えば金利18.0%のカードローン会社で5万円を30日間借り入れたとします。
その場合764円の利息が付くため、返済する際は5万764円の支払いが必要です。

しかし大手消費者金融では、無利息期間を設けている場合が多いです。

無利息期間とは、ローン会社が定めた期間に本来発生する予定だった利息が0円になる特典を指します。

先程の例をもとに考えると、借り入れしている30日間で発生した764円の利息が0円になる特典です。

借りた5万円を30日以内で返済できれば、一切利息を支払わず借入可能。

消費者金融を利用するにあたり、利息の支払いが高額になりがちなデメリットもあります。

5万円程度であれば無利息期間内に返済できる人も多いので、余計な負担なく借入可能です。

無利息期間は30日間に設定されているのが一般的。

プロミス・アコム・アイフルでは最大30日間の無利息期間を用意しています。

無利息期間を利用して期間内に完済してしまえば利息は0円なので、返済する金額は元金の5万円のみ。

仮に無利息期間を過ぎた場合でも、延滞料はかかりません。

期間終了後は通常金利が適用され、借入残高に対して無利息期間を超えた日数分の利息がかかります。

例えば借入金額5万円のうち2万円の返済が無利息期間内に終わらず、1週間オーバーしたとします。

上記の場合、金利18.0%の契約だと利息は69円(2万円×18.0%÷365日×7日)。

無利息期間をオーバーした分だけ利息が発生するため、返済金額は合計5万69円で済みます。

無利息期間内に完済できなくても、通常よりも利息を抑えられるのが嬉しいポイントです。

無利息サービスの対象者は、初めてカードローンを利用する人に限られているケースが一般的。

無利息サービスを提供している消費者金融で借り入れている人、または以前利用していた人は対象外です。

また、無利息期間の開始時期も注意しましょう。

カードローン会社によって、契約の翌日から無利息期間が始まったり、初めてお金を引き出した日から30日間無利息だったりとバラバラです。

契約の翌日から無利息期間スタート…アイフル・アコム・レイクALSA
借り入れの翌日から無利息期間スタート…プロミス

契約してすぐ借りないと無利息期間を十分に利用できない場合もあるため、スタート日をチェックして無利息サービスを上手に活用しましょう。

電話連絡なしで5万円借りられるカードローンもある

借り入れの審査で必ず行われるのが電話での在籍確認です。

在籍確認とは、申込時に記入した職場で本当に働いているか確認する行為。

5万円ほどの少額融資を申し込んだ場合でも、電話連絡での在籍確認は基本実施されます。

在籍確認はカードローン会社の審査担当者が個人名で電話をかけてきます。同僚や上司に借り入れがバレるリスクは低いものの、極力避けたい人も多いでしょう。

大手消費者金融の中には、在籍確認なしのカードローンもあります。

電話連絡なしで利用できる消費者金融は以下の通りです。

プロミス 原則電話連絡なし
アイフル 原則電話連絡なし
SMBCモビット WEB完結型の申し込みで電話連絡なし

SMBCモビットでWeb完結型の申し込みをすると、電話連絡なしで借り入れできます。

勤務先の会社名が記載された書類(保険証など)を提出しなければなりませんが、職場への電話連絡はありません。

アイフルやプロミスは、原則電話連絡無しで借入可能です。

また、どうしても電話の対応が難しい事情がある人は、書類提出での在籍確認に変更してもらえる可能性があります。

書類での在籍確認にしてもらうためには、Webから申し込みをした後にお客様専用電話番号に電話をかけ、オペレーターに「電話連絡をなしにしてほしい」と伝えましょう。

通常は電話連絡での在籍確認を行っているローン会社でも、相談すると対応してもらえる可能性があります。

消費者金融で5万円借りたときに支払う利息は?返済額をシミュレーション!

無利息期間があるカードローンで借り入れし、期間内に完済できれば利息を支払う必要がありません。

しかし無利息期間のない契約だった場合、毎月いくらずつ返済するのかを知っておいた方がいいでしょう。

消費者金融で借りた場合、5万円程度の少額融資には各カードローンの上限金利が適用されるため、18.0%くらいになります。

返済は借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」が一般的。

例えば初回は5万円に対して金利18.0%がかかるものの、元金を2万円返して借入残高を3万円にすれば、次回は3万円に対して利息が発生します。

5万円を複数回に分けて返済する人は、借入残高×金利(18.0%)÷365日×利用日数で利息を計算し、元金と合わせて利息も払わなければなりません。

5万円を2回で返済したケースの返済額

5万円を2回で返済する場合、利息も合わせて返済額はいくらかかるか計算してみましょう。金利18.0%のアイフルで返済シミュレーションをしてみた結果が以下の通りです。

返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1回目 25,563円 24,813円 750円 25,187円
2回目 25,564円 25,187円 377円 0円

参考:アイフルご返済シミュレーション

2回の返済で支払った利息は合計1,127円。元金5万円と合わせて総計51,127円で完済できます。

ローン会社によって数十円〜百円程度の誤差は出ますが、おおよその返済額は51,100円くらいと考えておきましょう。

5万円を6回で返済したケースの返済額

5万円を6回で返済した場合の返済額をアイフルでシミュレーションをしてみた結果、返済総額は52,655円です。2回で返済したときより1,500円以上高くなると分かりました。

返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1回目 8,776円 8,026円 750円 41,974円
2回目 8,776円 8,147円 629円 33,827円
3回目 8,776円 8,269円 507円 25,558円
4回目 8,776円 8,393円 383円 17,165円
5回目 8,776円 8,519円 257円 8,646円
6回目 8,775円 8,646円 129円 0円

5万円借り、6回に分割して返済した時の利息の合計は2,655円。1回ごとの返済額は少ないですが、利息の支払いが増えるので、できれば少ない回数で返済する方がいいでしょう。


即日で少額融資を申し込む際に注意すべきことは?

即日で少額融資を受けるには、なるべく早く審査に通過するのが理想です。

しかし、たとえ申込条件をクリアできていたとしても、必ず全員が審査に通るわけではありません。

消費者金融各社の審査基準は公表されていませんが、審査に落ちやすい人の傾向は分かります。

なるべく審査に通過できるよう、申込前に注意点を確認しておきましょう。

5万円借りる時に気を付けたいポイント

  • ブラックリストに載っていたら申し込めない
  • 借入希望額をなるべく低くする
  • すでに他社借入があると借りられない可能性がある

ブラックリストに載ったら原則融資は受けられない

希望融資額がたとえ少額でも、ブラックリストに載ったら5~10年の間は原則融資を受けられません。

ブラックリストとは、信用情報機関に金融事故情報が登録された状態を言います。

返済の延滞・債務整理(自己破産・民事再など)の経験があると、最長5~10年間情報が記録されます。

カードローンでは、審査時に必ず信用情報機関を通じ、利用者の金融事故情報を調べなければなりません。

金融事故を起こした経験がある人への貸し付けは、貸し倒れのリスクが高いからです。

返済能力を超えた貸し付けを行わないためにも、貸金業法で審査が義務付けられています。

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。
2 貸金業者が個人である顧客等と貸付けの契約(極度方式貸付けに係る契約その他の内閣府令で定める貸付けの契約を除く。)を締結しようとする場合には、前項の規定による調査を行うに際し、指定信用情報機関が保有する信用情報を使用しなければならない。

引用:貸金業法

5〜10年経って金融事故情報が消えれば、ブラックリストに載った事実は信用情報機関から削除され、再びカードローンを利用できます。

過去10年以内に金融事故を起こした人は、カードローン以外で5万円借りるのが無難です。

金融事故の記憶がない人や不安な人は、信用情報機関で事前に情報照会を行いましょう。

自分の情報であれば、個人でも情報照会可能です。

借入希望額をなるべく低く設定する

申し込みの際、借入希望額を低く設定すると審査で有利に働きます。

借入希望金額が5万円程度と低ければ、貸し倒れのリスクが低いと判断してもらえるからです。

必要以上の借入限度額を希望すると返済能力を慎重に判断しなければならず、多くの審査時間が必要です。

現在の収入では返済能力が不足していると判断され、審査通過が難しくなります。

また、高額融資の場合は提出する書類が増え、書類の準備でも時間が取られるのもデメリット。

借入希望額が50万円を超える場合や他社借り入れが合わせて100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

収入証明書として提出できるのは源泉徴収票や直近2ヵ月分の給与明細書で、手元にないときは勤務先で再発行してもらわなければなりません。

収入証明書の発行だけで時間がかかってしまうため、即日融資は難しいでしょう。

なるべく早く審査に通過したいなら、本当に必要な5万円だけで申し込むのがおすすめです。

すでに他社借入があると審査通過できない可能性がある

現時点ですでに他社借入がある人は、審査通過が難しい可能性もあります。

先程も紹介した通り、消費者金融は送料規制の対象です。

借り入れできる金額は、年収の3分の1までと決まっています。

例えば年収300万円の人の場合、借りられる最大金額は100万円です。

すでに他社で100万円借りている場合、追加の借り入れはできません。

最低でも5万円分返済しなければ、新しく借り入れできないので注意しましょう。

また、総量規制に余裕があっても、3社以上から借り入れしている人も審査通過が難しいです。

何社からも借り入れしている状態を多重債務といい、お金に困っていると判断されてしまいます。

返済能力が不足しやすいと捉えられるため、たった5万円でも借りられない可能性が高いです。

また、他社借入の支払いを滞納している場合も審査通過できません。

支払い能力がない、支払い意志がないと判断されるためです。

他社借入がある人は、自分の年収と照らし合わせて借入残高を整理してください。

また、支払いを滞納しないよう、必ず返済日に支払いしておきましょう。

今すぐ5万円借りたいなら銀行カードローンは向いていない

ここまで、消費者金融カードローンで5万円借りる際の情報を詳しくご紹介してきました。

カードローンは消費者金融だけでなく、銀行もサービスを展開しています。

銀行カードローンは消費者金融より金利が低いため、返済時の負担を減らせるのが大きなメリット。

5万円が必要になったとき、まず銀行からの借り入れを考えた人も多いでしょう。

しかし、結論から述べると銀行カードローンは5万円の借り入れに適していません。

申し込んでも審査通過できず、時間を無駄にしてしまう場合があります。

銀行カードローンへ申し込む前に、なぜ5万円の借り入れに適していないか確認しておきましょう。

銀行カードローンは少額融資向けでない

そもそも銀行カードローンは、少額融資向けの商品ではありません。

一例として、大手銀行カードローンの借入限度額をチェックしてみましょう。

銀行カードローン名 借入限度額
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10万円~500万円
三井住友銀行のカードローン 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円

銀行カードローンの最低借入金額は、上記のように定められています。

5万円では銀行カードローンの最低借入金額に満たないため、少額融資に向いていないと言えるでしょう。

最低限度額を借りて、実際に使うのは5万円だけでも問題ありません。

しかし、使った金額が5万円でも、利息は借りた金額全てにかかってしまいます。

銀行カードローンは無利息期間がないため、すぐに返済しても利息の支払いが必要です。

消費者金融なら必要ない利息を支払わなければならないので、利用しないのが無難でしょう。

即日融資に対応していないのですぐに5万円借りられない

5万円借りたい人の中には、今すぐお金を用意したい人も多いです。

今日、または遅くとも明日までに借りたい人は、銀行カードローンをおすすめできません。

銀行カードローンでは消費者金融と違い、即日融資を行っていないからです。

過去、銀行カードローンも即日融資に対応していた時期がありました。

しかし、返済能力を超えた必要以上の貸し付けが原因で、借りたお金を返せない貸し倒れが多発。

金融庁は銀行に、即日融資の停止と必要以上の貸し付けを行わないよう指導しています。

上記の理由から、現在銀行カードローンは即日融資に対応していません。

早くても最短翌営業日以降、融資まで3日~1週間かかる場合もあるので、急いで5万円借りたい人には不向きです。

銀行カードローンは審査が厳しく5万借りたいだけでも通過しにくい

銀行カードローンは、消費者金融と比較しても審査通過しにくい傾向があります。

先ほど紹介した通り、必要以上の貸し付けを防ぐため審査を厳格化しているのも、要因の1つでしょう。

ある程度の収入がある正社員でも審査に落ちる場合があるので、審査通過は難しいと考えるのが妥当です。

銀行カードローンも申込条件に年収の指定はありません。

安定した収入があれば申し込みできますが、年収が低い人は返済能力が不足していると判断され、審査通過できない可能性があります。

特に、消費者金融で5万円借りられる程度の収入しかない人は注意してください。

消費者金融では総量規制により、年収15万円あれば申し込みできるとご紹介しました。

銀行カードローンでは、年収15万だと審査に通過が難しいかもしれません。

支払いの延滞や他社借入状況も厳しく確認される可能性があります。

消費者金融より審査に時間がかかる場合もあるので、早く審査して欲しい人は銀行カードローンを避けてください。

5万円借りたい人はネット銀行カードローンがおすすめ

多少審査に時間がかかっても低金利で5万円借りたい人は、ネット銀行カードローンがおすすめです。

ネット銀行カードローンは店舗がなく、Web上のみでサービスを展開しています。

メガバンクより申込条件が厳しくなく、利用しやすいでしょう。

消費者金融の利用をためらっている人は、ネット銀行カードローンで5万円借りるのがおすすめです。

数あるネット銀行の中でも、サービス面で充実しており、5万円借りるのに適した2つのカードローンをご紹介します。

楽天銀行スーパーローンなら5万円借りられる

楽天銀行スーパーローン
公式サイト https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/
審査時間 最短当日
金利 1.9%~14.5%
融資 最短翌営業日
無利息期間 なし

低金利で5万円借りたいなら、楽天銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行カードローンは1万円から、1,000円単位で借り入れできます。

本当に必要な金額のみ借りられるので、支払う利息も最低限で済ませられるでしょう。

5万円借りた時の適用金利は14.5%と、消費者金融より3.5%低いためお得に利用可能。

また、楽天会員の人はランクに応じて審査を優遇してもらえる可能性があります。※

審査も素早く行ってもらえるため、最短翌営業日から借り入れできるのも嬉しいポイントです。

できるだけ好条件で、すぐに5万円借りたい人に向いています。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません

無利息期間を使って利息0円で5万借りるPayPay銀行カードローン

PayPayローン
審査時間 最短60分
金利 1.59%~18.0%
融資 最短翌営業日
無利息期間 最大30日間

普段からPayPayを利用している人は、PayPay銀行カードローンもおすすめです。

PayPay銀行カードローンは、消費者金融と同じように無利息期間が設けられています。

銀行カードローンで無利息期間があるサービスはとても珍しいです。

5万円を30日以内に返済できる人は、利息0円で借り入れできるので非常に便利です。

申し込みから融資まで、PayPayアプリ内のミニアプリで行なえます。

申し込みや借り入れの管理にあたって、新しくアプリをインストール必要はありません。

余計な作業なしで5万円借りられるので、申込時のストレスも少なく済みます。

無職や専業主婦でも使える審査なしで5万円借りられる方法

カードローンには必ず審査があり、安定した収入がないと審査落ちします。

無職や専業主婦は収入がなく返済能力がないと判断されるため、基本的にカードローンを利用できません。

貸金業法で規定された「返済能力を超える貸付けの禁止」に引っかかるからです。

参考: 金融庁「貸金業法等の改正について」

無職がお金借りるときや専業主婦が5万円借りるためには、カードローン以外の借り入れを探しましょう。

審査なしで5万円借りるには有担保の借り入れがおすすめです。担保となる物があれば、収入がなくてもお金を貸してもらえます。

なぜなら万が一返済できなくても担保となる物を売却し、返済額を補えるからです。

担保となる物が家や土地といった高価なものであれば、高額な借り入れもできます。

5万円なら生命保険の契約を担保にしたり、質屋に物を預けたりして借入可能。

ここからは、審査なしで5万円借りる方法をご紹介します。

消費者金融に抵抗があるならクレジットカードのキャッシング

消費者金融のカードローンは最短即日で融資可能で、すぐお金が必要な人に最適です。

無利息キャンペーンを実施しているところもあり、借り入れが初めてでも利用しやすいのが特徴。それでも悪いイメージを拭えず、消費者金融に抵抗がある人は多いでしょう。

消費者金融以外でお金を借りたいなら、クレジットカードのキャッシングがおすすめです。

キャッシングとは、クレジットカードに付帯させられる借入機能です。

キャッシング枠が付帯したクレジットカードを持っていれば、審査なしで今すぐ5万円借りられます。

ただし、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合、申し込みが必要です。

キャッシング枠の申込時には審査がある上に、1週間ほどかかります。

今からキャッシングに申し込んで5万円借りたい人は、即日発行のクレジットカードを利用しましょう。

ACマスターカードはWEBで3秒診断ができて利用しやすい

アコムACマスターカード
ACマスターカードはアコムが発行するクレジットカードです。特徴はクレジットカードなのにカードローン機能が付いている点。

普段はコンビニやスーパーでクレジットカードとして利用し、お金が足りなくなったら借り入れも可能です。

Mastercard加盟店でクレジット払いでき、MasterCardマークが付いているATMでお金を引き出せます。

ショッピング枠の金利は10.0%〜14.6%、カードローン(キャッシング枠)の金利は3.0〜18.0%。

カードローンで借り入れすると金利は18.0%となりますが、物を買うためにお金が必要ならショッピング枠を利用した方がお得です。

クレジットカードで買い物の支払いをするとショッピング枠が使われ、金利は最大でも14.6%に抑えられます。

現金が必要なのか、または物を買いたいのかで使い分けられるのがACマスターカードの良さです。

さらにACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているだけあって、最短即日発行に対応しています。

自動契約機(むじんくん)で手続きすればその場でカード発行ができます。

クレジットカードは申し込みからカードを受け取るまで1~2週間かかるものもありますが、最短即日で手に入るのはACマスターカードの強み。

ACマスターカードの年会費は無料で、支払方法はリボ払い(分割払い)のみです。

スーパーやレストランでACマスターカードを利用したとき、支払い回数を「1回払い」と伝えても自動的にリボ払いになります。

「お金はないけど分割払いするのは恥ずかしい」という場合にありがたいサービスです。

ただし、カードを発行するためには審査に通らなければなりません。

アコムのカードローンと同様、事前にシミュレーションができるので、審査に通るか心配な人は3秒診断を受けてみましょう。

エポスカードは各地のマルイで即日発行&キャッシングが可能

マルイで買い物する人に重宝されるエポスカードは、マルイで即日発行が可能です。

エポスカードを即日発行したい場合はまずWebで申し込みし、下記の手順で手続きを済ませます。

  1. カードの種類を選ぶ
  2. 規約を確認
  3. 基本情報の入力(名前・年齢・性別など)
  4. 「店舗・施設でお受け取り」を選択
  5. 審査結果をメールで受け取る

早ければ数分後に審査結果を知らせるメールが届きます。申込時に「店舗・施設でお受け取り」を選択すれば、店頭でカードを最短即日で受取可能です。

Webから申し込むのが面倒な人は、マルイ各店のカードセンターで直接申し込む方法もあります。

申し込みからカード発行までその場でできるので、カードセンターが近所にあるなら手っ取り早いでしょう。

エポスカードのキャッシング枠を利用して借り入れする場合、金利は18.0%。

エポスカードでのキャッシングが初めてなら最大30日間利息0円です。

生命保険の契約を担保にお金を借りる

生命保険では契約者貸付を設けている場合があります。契約者貸付とは、積み立てている生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りる制度です。

解約返戻金…生命保険を解約した際に戻ってくるお金

契約者貸付で借りられる金額は、解約返戻金の7~9割程度。

解約返戻金は契約内容によって変わりますが、5万円借りるのはあまり難しくないでしょう。

解約返戻金を担保とするため、借り入れに審査はありません。

加入している保険の担当者へ借り入れの申請をするだけで、収入の有無に関係なく5万円借りられます。

生命保険を解約せずお金を借りられるため生命保険がなくなってしまう不安もありません。

金利は2.0%〜4.0%と低く、返済の負担が抑えられるのもメリット。

契約者貸付には2つ条件があり、申し込む前に確認しておく必要があります。

1つ目の条件は、申込者は契約者本人のみであること。家族であっても契約者貸付は利用できません。

2つ目の条件は、契約している生命保険が積み立て型であること。掛け捨ての生命保険は対象外です。

終身保険や定期保険に加入している場合は契約者貸付を利用できる可能性があるので、保険会社に確認してみましょう。

最短即日で借りられるケースもあるため、すぐに5万円借りたい人は検討してみてください。

質屋で最新のiPhoneを預けて融資を受ける

質屋では高級腕時計やブランドのバッグを預けてお金を借りるイメージがあるかもしれませんが、最新のiPhoneでも融資を受けられます。

査定額の7〜8割しかお金を借りられませんが、最新のiPhoneは7〜8万円の融資を受けられる可能性も。

質屋ではその場で査定し、すぐにお金を渡してくれるので即金性が高いのが特徴です。

ただし金利が高いので、返済に苦労する場合があります。一般的な質屋はカードローン(金利18.0%)を比べると、金利が2倍ほど高いです。

例えば、質屋で5万円を3ヵ月借りるときの利息は4,500円。カードローンは約2,200円の利息で済みます。

また保管期間(3ヵ月)以内に返済できないと預けた物を売却されるので注意が必要です。

5万円借りたい専業主婦は配偶者貸付を利用する

配偶者に安定した収入がある専業主婦は、配偶者貸付の利用を検討しましょう。

配偶者貸付とは、自分と配偶者の合計年収を元に、3分の1まで借り入れできる制度です。

例えば旦那の年収が500万円あれば、主婦の年収が0円でも最大約166万円まで借りられます。

配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも5万円借りるのは難しくありません。

ただし、配偶者貸付を利用する場合、配偶者の同意書が必要です。

旦那に5万円の借り入れがバレてしまうので、内緒で借りたいなら違う方法での借り入れを検討してください。

5万借りたいだけなら親や友人を頼ってみる

どうしても5万円必要な人は、親や友人にお願いするのも1つの方法です。

5万であれば用意するのが難しくない金額なので、借りられるかもしれません。

しかし、仕事を始めたばかりの人や学生にとって5万円は大金です。

「たった5万円」と思っていても、返済せずにいると人間関係が悪化する場合もあります。

知り合いから借りるなら、必ず返済する予定日を決めておきましょう。

お互いが確認できる場所に、返済日と返済方法をメモしておくのがおすすめです。

知り合いからの借り入れなら利息や審査もありません。

ただし、「お金に困っている人」「お金にだらしない人」と印象付けられてしまうリスクもあります。

関係を悪化させたくないなら、多少の利息を支払ってでもカードローンで5万円借りる方がいいでしょう。